走力テスト

2015年2月 7日 (土)

相津錬3 FTP計測で玉砕

久々の土曜日実走
CAAD9で。

CANYONのほうは先週仮組みして以来ほとんどさわる時間がなく、とりあえずの必需品(ペダル、ボトルケージ)も未手配。
レースまでにはまだ間があるし、今月中に実走投入できればいいかという感じ。

というわけで、朝も冷え込んだのでちょい遅めの9:30出発。
脚は(たぶん)元気な土曜日なので相津峠へFTP計測に向かう。

風がなく走りやすい。
五桂池から丹生大師の横を抜け、R368朝柄で5分間走

286W

一応、タイ記録だけどなかなか進歩がない。

20分間走は、前回の反省から序盤やや抑え気味。
峠の上りに入って250W台に載せる。
が、しかしそこからが伸びず終盤大失速 (。>0<。)

結局 247W。(看板~峠の参考タイム 16:07ぐらい) 
ガックリ。

なかなか去年の10,11月頃の記録を抜けない。
どうなってんのかね?

とりあえず大台側に下りて、上り返そうとスタート切るが、どうもやる気が起こらず、すぐにストップ。
ちょうど12時ぐらいなので昼飯食って出直すことにする。

今日は三瀬谷の萬栄
前回初めて行ってからずいぶん経ったが、いつの間にやら店内改装されて小奇麗になっていた。
メニューはいろいろあって迷ったが、揚げ物やあまりにこってりしたものは避けて、結局前回と同じスタミナ丼
まあ、これもあっさりメニューとは言い難いが...

Ca3d3256
美味しくいただきました。
だだ、おばちゃん(たぶん前回とは違う)の接客態度がちょっと気にはなった。

食後は、腹が落ち着くまで道の駅に寄ったり、そこら辺をウロウロしたり。
そのうち、このまま宮川下って帰ろうかという気もしてきたが、何とか持ちこたえて午後の部スタート。
峠リピート3本。

1.大台側 18:16 244W
2.飯南側 16:06 247W
3.大台側 19:00 233W

3本目は気が抜けてタレたけど悪くはない。
時間が短いとはいえ午後にこれだけパワーでるなら、午前中もう少し何とかなったんじゃないかという気がする。

・ペーシングのミス(まだ序盤飛ばし過ぎ?)か?
・お昼近かったのでエネルギー切れか(一応、途中で補給はしたが)?
・あるいは、最近はローラーの短時間インターバルが多いので、実走を増やしてもう少し長めの時間追い込むべきか(何処でするかね)?

とか考えつつ飯南側から帰路につく。
定点写真は、午前中は忘れるほど落ち込んでいたので、午後の部で、
Ca3d3257

帰りは耐久走~テンポ走ペースで往路をトレース。
峠から度会橋まで信号ストップ2回だけ。ジワジワとしんどかった。
201502071

2014年12月30日 (火)

また行ってしまった

昨日は、朝の雨、仕事、その他諸々の用事でノーライド。

今日は微妙だったが、なんとか時間ができたので、好天予報につられて出かける。
今度こそホントの走り納め

行先は例の場所

1本目は旧中川小学校前からフルコースで。
調子は悪くない。
急斜面で頑張りすぎず、緩斜面で手を抜きすぎずでイーブンペースを心がける(あくまで心がけ。実際はムリ)。
駐車場手前の緩斜面まで平均241Wを維持。
ここから少しでも上積みを狙ってカラー舗装区間で踏ん張ろうとしたが、数値は微動だにせず。

32:16 241W

前回記録を1W更新。誤差範囲。
でも土曜日の相津峠に比べたら上出来。
相津のときは平日ローラー錬から中2日だったけど、忘年会やらでやや不摂生気味。
一方、今日は中1日だけど、一応休暇中なので睡眠時間はわりと取れた。
やっぱり、体調管理は大切ってことか?

Pap_3183
晴れて日差しもあるが、風のせいで一昨日より寒く感じる。

防寒装備でダウンヒル。
途中、ローディ2名とすれ違い。コチラも走り納めか?
しかし、1名はしんどそうで、下を向いたまま蛇行。こっちに全く気付かない。
ゆっくり下っていたので余裕でかわせたけど、つらくても前を見て走ろう(自分もね)。

林道入り口に戻ったら、二本目の準備。
しかし、冷え切った状態で防寒装備を取るのはちょっと決心がいる。
そうこうしていると、もう一人ローディが到着。

軽く挨拶するが、なにやら見覚えあるような...
ウィンドブレーカを脱がれるとsakaiさんのジャージだったでお声掛け。
話したことはないが、たぶん山花さんあたりで見かけたことがある方だと思う。

ほぼ一緒にスタート。
しばらく並走して、先行させてもらう。

26:08 212W

そのsakaiの方(Gさん)とは上でも少しお話しお別れ。
自分は三本目へ。
2回目の下りは、汗も少ないし、気温も上がって来たのでかなりマシ。

三本目は一人で淡々と。
25:18 221W
なんとかL4キープ。

二本目以降は夏頃のタイムと比べるとショボいが、装備の違いとかもあるので気にしないことにする。
一本目にそれなりの結果が出たので、とりあえず悔いのない走り納めができた。

この後は小萩に下りて帰宅。
途中、円座のコンビニで補給。

走行距離 91km
走行時間  4:06
行動時間  5:22

補給
 一口羊羹 x2
  CCDワンセコンド x1
  ウィダー プロテインバー x1
  ミニ鳥弁当 x1
 牛乳 x1


帰るころにはかなり気温も上がり、年末じゃなければもっと距離を走りたくなるような天気だった。

では、よいお年を。

2014年12月27日 (土)

いまいち調子悪い相津行き

なんだかんだで途中仕事をしなければならないが、一応、今日から年末年始の連休。

珍しくカーサイクリング
先々週から新車(もちろん自動車のほう)になったので、帰省に備えて少しは慣れておかないとということで。

なお、ワタシにとって自動車は単なる移動手段なので、特に言うことは無し。
前のクルマは19年で10万キロ。ここ数年は自転車のほうが走行距離長い。

大紀の野原公園にデポして、飯南回りで相津峠を目指す。
FTP計測の更新を狙ったが、5分走の時点で275W。
前回と同じで、どうもシンドイ。

本番の20分間走のほうは、序盤の緩斜面を頑張って250W近くで峠道に突入するもすぐに失速。
記録更新どころか、ダウンの245W。
ガックリ。

練習方法がよくないのか、疲れが抜けていないのか、はたまた単に寒さのせいなのか?
うまくいかないねぇ。
(加齢による衰えとは思いたくないが....)

その後は、調子悪いし帰ろうかとも思ったが、なんとなく大台側に下って上り返し。
タイムやパワーは気にせず、時々、重いギヤで筋トレごっこをしながら 22:36 195W。
更に、多少気分が持ち直したので、もう一本。 19:40 220W。

Ca3d3180

最初の下りは凍えたが、その後は汗が出尽くしたこともあり凍えずに済んだ。
もうちょっと近くにあれば、獅子ヶ岳よりリピートし易いんだけどねぇ。

とういわけで、その後はあちこち山花
今日は、ミックスグリル定食(\800-)に挑戦。

Ca3d3182

ハンバーグと鶏肉でタンパク質満点。
満腹。
今年は山花さんにお世話になりっぱなし。
もしかすると剣峠や獅子ヶ岳より多く来たかも?

というわけで来年もよろしくお願いします。

走行距離 80km
走行時間 3:18
行動時間 4時間ちょっと

補給
 一口羊羹 x 1
  ミックスグリル定食

今日の結果はちょっと納得し難いが、年内に計測する気力はもう無いので、年明けの獅子ヶ岳(麻加江側)走り納めで再トライか?
たった20分とはいえ気が重い。

2014年12月13日 (土)

通行止めまでカウントダウン開始

忘年会明け。
7:45頃起床。
更に2週連続の土日寒波。

明日はもっと寒そうなのと、いろいろ用事があるのでなんとか今日出かける。
9時ちょっと過ぎ出発。

まずは脚が元気なうちに獅子ヶ岳
下りで凍えた状態ですぐに上り返す気力はまだないので、フルコース(旧中川小学校前~登山口)1本だけにする。

FTPの推定方法として、これまでやった、20分走の平均パワーの95%以外に、練習での30分走の平均パワーというのもあり、ちょうどそれを越えるタイムになるので240Wぐらいを目標にスタート。

出だしはこれまでより抑え気味。
林道入り口の看板が増えていたが、内容は後で確認することにして登坂開始。
調子は良くも悪くも といった感じ。
3km標識付近で、後ろからトラック。前に行かせるため脚を緩める。
パワーは中盤までは240W半ばだったが、徐々に落ちてきて駐車場では230W台。
最後の登山口への上りでやや盛り返し、なんとか240Wちょうどでゴール。
タイムは31:48。

獅子ヶ岳相津峠の20分間走の結果と合わせると、FTPが240W程度いうのは妥当な線?
しかし、2か月前から変わってないというのも寂しいといえば寂しい。

それから、タイムも3月のレース前と同じくらい。
今のコンディションなら良しとすべきか、はたまた、進歩がないというべきか?

Ca3d3158
登山口の風景は工事ですっかり様変わり。

駐車場に下りると、トイレの奥側も工事中。
Ca3d3162
手前に止まっているのが途中で追い越されたトラック。

Ca3d3161
展望はまずます。
地上に写る雲の影がはっきりわかる。

そんなこんなで防寒準備をして下山開始。
秋以降、路面自体は悪くないので、寒さを除けば快適に下れる。

冷え冷えで入り口まで戻ったら、看板チェック。
Ca3d3165

年明け1月5日から3年ちょっとの間通行止め。

とうとう来たかという感じ。
3年以上というのは長いねえ。

それと6.9km地点までということは、小萩側からも駐車場にいけないということ?

獅子ヶ岳大好きな自転車乗りの皆さん(←そんな人いるのか?)、この年末年始を逃すと当分展望は拝めませんよ。

なお、詳しくは度会町サイトのお知らせページで。

この後は、七保峠経由で、三瀬谷・相津峠
この頃になると西からの風がかなり強くなる。
200W近くで頑張っているのに速度は21km/hとか。

七保峠は211Wでヘロヘロ。
相津峠はやや盛り返したものの219W。

Ca3d3167 Ca3d3168

局ヶ岳方面はきれいに見えたが、その向こうの美杉では雪だったとか。
相津を下りたら、巨大サザンカ目当てに飯高方向に向かったものの、時間が押してきたので、結局寄らずにUターンしてあちこち山花でビーフシチュー

Ca3d3169
蓋を取ると、まだ余熱でグツグツ煮えている。
スプーンですくってフーフーしながら頂く。
満足。

その後は、強烈な追い風に乗って直帰。

走行距離 130km
走行時間 4:58
行動時間 6:42

冬場は上り下りの度にいろいろ準備に時間を取られるのがメンドクサイ。

補給
 アミノバイタルゼリー ガッツギア x 1
  一口羊羹 x 1
  ビーフシチュー定食

2014年11月15日 (土)

新計測コースでお試し

冬型の天気となった土曜日。
麻加江小萩林道(麻加江側)が使えなくなりそうなので、代わりのコースを試してみることにする。

といっても行くのは、お馴染み相津峠
麻加江小萩林道(小萩側)でもよかったが、あいにく今日まで工事で通行止め(風力発電とは関係ない)。
ちょっと遠いがFTP測定の20分間走ができそうな峠ということで。

9時出発。
着くまでに消耗してしまっては何のために行くのか分からないのでのんびりペース。
しかし向かい風が強い。
速度表示を見てると気分が萎えるが、パワー表示は上がるのでこっちを見ながら気を紛らわす (^^)

五桂池から丹生大師の横を通過。
勢和大橋を渡ってR368に合流。
手順に従い、朝柄から桜峠に向かって5分間全力走。ヒ~ (。>0<。)
277W
前回、麻加江でやったときから10W落ち (ρ_;)

その後、時間調整のため一旦R166に出て、遠回りで相津地区入り口。

延命水の湧水から20分間走開始
前半は集落を抜ける平坦・緩い上り。
峠の情報表示板まで5:20くらい。平均240Wちょっと。

上りが始まるとパワーも出しやすくなって、だいたい260Wぐらいを維持。
アベレージも徐々に上がるが、15分過ぎた辺りから時計の進みが遅くなり、もう止めたくなってくる。

結局、平均253W。
前回記録に1W届かず。残念!

峠には21分弱で到着。
情報掲示板から峠までは15分40秒といったところ。
麻加江小萩より路面はいいし、傾斜変化も少ないのでパワーは出しやすいはずだが、ちょっと疲れがあったかも。平均心拍も160止まりだし。

といった言い訳は置いておいて、たまに計測するぐらいなら使えそうなコースだとわかったのでとりあえずヨシとする。
実際やるにはかなりの気合がいるが...

その後は、大台側に下りて上り返し。
19分16秒 227W
筋力使い果たしてガタ落ち。
Ca3d3121

というわけで目的を果たしたらお昼 (o^-^o)
例によってあちこち山花。3週連続。

今日は、久しぶりにM田さんに遭遇。
自分より少し遅れてご来店。
窓際の席に並んで、豚のみそ焼き(自分)と生姜焼き(M田さん)を頂く。

Ca3d3122
ごちそうさまでした。

M田さんはこの後飯高まで足を延ばされるのでここでお別れ。
お気をつけて。

自分は追い風に乗って直帰。

走行距離 109 km
走行時間 4:10
行動時間 5:33

補給
 CCDワンセコンドx1
 豚味噌焼き定食

2014年10月25日 (土)

パワトレ事始め

2週間前から使い始めたパワー計、

トレーニング用の計測器として心拍計は使っているが、世の中は既にパワーの時代
アマチュアでも結構使っている人がいる。
強くなりたいなら軽量フレームやホイールの前にパワー計を買え、とか、データ分析できるコーチがいなきゃ活用しきれないとか、いろいろ言われているが、理系オヤジのワタクシとしては、この手のデバイスには以前から興味津々ではあった。

と言いつつ導入に踏み切れなかったのは、最大要因である価格の高さに加えて、

1.「パワー計を使えば効率的にトレーニングできる」というけれど、要するに効率的に苦しむための道具

2.「能力が伸びる過程がダイレクトに見れてモチベーションもアップ」というけれど、既に若くはない身では、能力ダウンする過程をダイレクトに見せつけられる恐れもある。

3.「自分の得手不得手が明確になり、重点的に強化できる」というけれと、ヒルクライムに限れば普通のロードレースより単純だし、ひたすら坂を上れば十分じゃなかろうか?

4.使い出してハマると1台だけでは済まなさそうな気がする。ハブ型なら練習ホイールと決戦ホイール(更に実走とローラーとか)、クランク型なら練習フレームと決戦フレーム(まあワタクシはフレーム一つしか持ってませんが、何時かはね...)。いったい何を選んだらうまく使いまわせるのか?

5.ワタクシの場合、導入するとなると、サイコンの買い替えも必要。キャットアイのQ3aを買ったとき、Edge500とかも対抗候補として考えたが、「この先、パワーメータまでは使うことないだろ」ということで非ANT+のQ3aを選んだので、僅か2年で買い替えとなると負けた様な気分で(←何に?)クヤシイ。

などなど。
そんなこんなで、ヒルクライム計算のサイトで平均パワーを推定してみたり、ローラー台の負荷データを参考にしていたが、先日も書いたように、ローラー台の負荷データに疑念が出てきたあたりで、ちゃんとしたパワー計の必要性を痛感。
それに自分の能力の伸びしろがあとどれだけ残っているかは分らないが、多くはないのは確かなので、これから少しでも伸ばそうとすると何かを変えないと無理なんじゃないかということで導入を決断。

導入が決まれば機種選びだが、これは無難にPowerTap(PT)に決定。
上の4みたいな問題もあるが、まずは練習用にホイール組んで使ってみて、後はなるようになれ ということで。

ホイール組みはPTの代理店サイトにリンクが載っているビルダーさんにPTの手配も含めて依頼。
27mmハイトのアルミリム。
重量はRS80よりやや重だが、PT純正アルミホイールよりは軽くて少し安い。
なお、経費節減のため購入はリヤのみ。
フロントはRS80や10を流用。不揃いな見てくれは気にしない。

サイコンは、GPSなんかいらないので他に適当なものがないかと探したが、やはりガーミンEdgeが無難ということで、断腸の思い ^^; で購入。
既に型落ちだがちょっとでも安いEdge500。

そんなこんなで、これからどこまで本気でパワトレやるかは別にして、まずはFTPが分からないと始まらないので今日はFTP測定。

獅子ヶ岳で20分間走
緩急の変化が大きくて測定向きのコースかどうかは疑問だが、他に近場で20分全力を出せそうなところも思いつかないし、まずホームコースでということで。

午前中は家の用事のため13時出発。
アップを兼ねてユルユルと麻加江に向かい、旧中川小学校前信号から手順通り事前の5分間全力走。
林道に少し入ったところで終了。

引き返して注連指をウロウロして15分休みを入れたら本計測。
20分間、5km過ぎまでアベレージパワーを睨みつつ登坂。
終了後はせっかくなのでそのまま駐車場までタイム計測。
Ca3d3102


結果、
20分で平均254W。
これから5%引きの241WがFTP推定値

軽量だけが取り柄のなんちゃってクライマーなので260Wとか300Wとかの景気のいい数字は出ない。
むしろ、これでも伊吹山や乗鞍のリザルトから出していた今までの推定値より10Wほど高く、ちょっと怪しい気もする。
まあ、20分では脚攣りもないし、森林限界超えた高地を走っているわけでもないしね。

なお、駐車場までのタイムは22分14秒で、RS80と同じくらいのホイールと考えれば悪くないタイム。

Ftp
スタート直後に突っ込み過ぎ。
それと心拍は時間とともに上がって、頑張っているように見えるが、パワーはあまり変わらず、むしろ微妙に下がり気味。

ともあれ、測定1回だけで信頼性はまだまだだが、とりあえず今回の数字がこれからの基準。
予想外に高い数値はウレシイ反面、これに合わせて練習強度も上げないといけないわけで...
上に書いた懸念1が早くも現実になる?

フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ