ケガ・病気・トラブル

2014年2月 4日 (火)

節分に骨折の経過記録

今日は節分。
晩は恵方に向かって太巻き。

で、その前に鎖骨骨折の経過観察で整形外科に行ったのでそちらの記録。

骨折後4か月半。

前回の受診は記事にはしなかったが昨年末。
骨はまだ完全にはくっ付いておらず隙間がはっきり見える。しかし、付いているところはしっかりしてきているので経過としては良好との所見。
自転車も落車さえしなければ問題なし。
それよりも、肩の可動範囲の方がほとんど進展ないので、そちらをもっとガンバレとの指示。
実際、寒くなると固まってリハビリもサボり気味だったので、年末年始から気を入れなおして肩を動かすことを意識。
更に、サイクリング中も含めて普段から肩を冷やさないようにカイロを貼るようにしたらこれがなかなか具合がいい。

そんな感じで可動範囲も徐々に広がってきたところで今日の診察。
骨は相変わらず。付いているところは更にしっかりしてきたが、隙間はかすかに改善がみられる程度。
これで大丈夫なのか聞いてみるが、隙間が空いたまま治る(落ち着く)こともよくあるので問題ないとのこと。ホンマかいな?
また肩の動きはかなり良くなったがまだ目標(バンザイした腕が耳にくっ付く)には達していないので引き続き動かすようにとのこと。

ということであと1,2回様子を見ようということで、次回は1か月後。

それから自転車への影響でいうと、カイロで温めていると普通に乗っていて痛むことはない。ただし、以前も書いたハンドサインの問題と、ジャージのバックポケットへのアクセスがチョット厳しい。一時期は右側のポケットが全く使えず積載量に制限を受けた。
四十肩自転車乗りならではの盲点。

2013年12月 7日 (土)

実走再開3週間

鎖骨骨折した右肩周辺の現在の状態。

3週間前に行ってからまだ通院していないので骨の状態は不明。
来週行く予定。

肩の上がる角度は自力で140度ぐらい。
左手で引っ張るとそれにプラス10度ぐらい。

3週間前にはほぼこれに近い状態になっていたので、そこからの進展が少ない。
また、ムリに伸ばそうとすると二の腕が痛く、2,3年前に左肩がなった四十肩の症状に似ている。そのときは痛みが取れるのに数か月、腕を真っ直ぐ上げるのに1年ぐらい掛かったので、今回も長丁場の予感。

なお、前傾姿勢だと腕を真横に上げることもできないので、右折のハンドサインも控えめ。
ワタクシの後ろを走る人は注意が必要デス。

では、可動範囲内なら大丈夫かというとそうでもなく、同じ姿勢を続けているとこわばってくる。就寝中にガチガチになって、目が覚めてしばらく寝付けないときもある。徐々にマシにはなっているがこちらもまだまだ。

筋トレも多少やっているが二の腕の痛みもあるのでボチボチ。
浅めに腕立て伏せして10回ぐらいが限界。

自転車乗車への影響でいうと、シッティングはほぼ問題ないが立ち漕ぎがやや不安定で長続きしない。それとお尻の強化という意図もあって、実走再開後はいまのところほぼシッティングのみ。
 
 
というところで、本日の走行記録。
今日も丹生行き。
ただし、午前中だけなのでランチは無し。トイレ&自販機休憩のみ。
ウェアは先週と同じ。

Img_5170
この冬初めてのしるこ缶で一息。

度会農道~栃原~丹生~相可~田丸

走行 67km

帰りに追い風に乗れれたこともあり、ワタクシとしてはなかなかの平均時速28kmを記録。

Img_5171
今年も例の城ができてた。

12/8追記
8日の記事を書くついでにルートラボを引いたので一応記録。

相変わらず度会ふるさと農道のデータは無いが、航空写真ではしっかり写っている。

2013年11月10日 (日)

前へならえ

右肩の状況、

何とか自力で90度ちょっとぐらい上がるようになり、前へならえ ができるようになった。

力を抜いて左手添えて無理やり持ち上げると120度ぐらい。
横に開くほうはまだ90度に届かないが、前にさえ上げられれば自転車はなんとかなるのでもうちょっとという感じ。

この週末は、昨日いろいろあって何もできなかったので、今日、ローラ台を2時間ちょっと。距離にして50km相当。しんど。

午前中に80分ぐらい乗って超アップライトポジションにもだいぶ慣れたので、ステム裏返しの普通のアップライトポジションに変更。
Img_5077

ついでにヘッド回りのメンテと、サドルの交換をして午後から40分。
とりあえず外も走れる形にはなった。

2013年11月 3日 (日)

ローラ練は続くよいつまでも?

鎖骨バンドが取れて5日目。
リハビリといっても医院でするわけではなく、入浴時などに自分でいろいろ動かしてみるだけ。
まだまだ厳しいが少しづつ可動範囲は広がっている。
骨とは違って進歩が見てわかるので励みにはなる。

ということで、一昨日あたりからローラ練のときにハンドルに両手を添えてやっている。
が、例の超アップライトポジションにもかからわらず、肩のツッパリ感ありありで、少し腕をひねったりすると痛い。
その上、3分も続けていると腕がだるくなり、プルプル震えだして5分も持たない。
筋力ガタ落ち

それから、試しにハンドルのフラット部を持ってみると、スゴイ前傾姿勢になった感じで、これが以前のリラックスポジションだったとはにわかに信じがたい。

外を走れるようになるにはまだまだいろいろありそう。

それから先月、土日にローラ台に乗るようになって奥さんからクレーム。
なんか気分が悪くなるとか。低周波音公害?

負荷を重くして速度を落とせばいいが、そればかりではつまらないので仕方なく振動対策グッズを購入。

Img_5049
ブルカット2という製品。1個1300円以上!
見かけのわりに高価だが、ホムセンで部材を揃えるのも幾らかかるし、それでダメでやっぱりこっちが...となるのもどうかと思い購入。
これでダメなら諦めもつく。

ちなみに宣伝文句では振動を7割カットとか書いてあるが、機械で計った数値と人間の感覚は単純には比べられないので、そのへんは割り引いて考える必要がある。

ともあれセット。
Img_5052

乗ってみるとちょっとフワフワする。
しばらくはずり落ちたりしないか様子を見ながら使う必要がありそう。

肝心の効果のほうはまだわかりません。

音を減らすものではないので自分ではわからない。
クレームが出るかどうかしばらく様子見...

2013年10月30日 (水)

1ヶ月半経過

本日5回目の通院。
レントゲンでは骨はまだ完全にはついていない。素人目ではポッキリ折れたところの半分~3分の2ぐらいまではつながった感じ。

まだ無理はできないが、固まって可動範囲が狭くなった肩のリハビリを優先しないといけないということで、鎖骨バンドは終了。

今は30~45度ぐらいまでしか肩が上がらないので、なんとか90度まで上がるようにするのが当面の目標。

ということで、自転車再開はまだ先になる模様。
冬になって外に出かける気力がなくなる前に何とかしたいとこだが果たしてどうか?

なお、鎖骨バンドを外すときのセンセのお言葉は、

ロードレーサー乗ってたらまた要るかもしれないので持って帰ってちゃんとしまっておいて...

┐(´д`)┌

2013年10月 6日 (日)

3週間経過

とうとう遷宮行事も終了。

こちらは相変わらず不自由ながらもなんとかやってます。

2日の水曜日には3回目の通院。
一応、順調との所見。ただし、骨折後にできる仮骨はレントゲンに写りにくいのでので、悪くはなっていないという意味で。

それから使っているうちに伸びて緩くなった鎖骨バンドの増し締め。
しばらく楽になったと思っていたが、初期の締め付け感に逆戻りしてガックリ。

しかし、うまくいけば2週間後には鎖骨バンドが取れるかもという言葉に望みをつなぐ。

前回記事で検討中だった鎖骨バンドの替えは病院で買うと保険がきかず5000円以上すると言われたので、アマゾン(何でも売ってるね)で安いヤツ(1500円)を先々週に入手。
作りがしょぼくて頼りないが洗濯中の一時しのぎぐらいには使える。

ということで、土日は汗をかきながらローラ台を各1時間ぐらい。
スクワットは、慣れないことをしたせいか、右膝を痛めて2,3日つらい思いをしたので、今は軽めに。

最後に、暇つぶしに用意した自転車関係の本・雑誌。

Img_5044
雑誌は県立図書館から借り出し。
本は軽い読み物とか、分不相応なトレーニング本とか。

2013年9月23日 (月)

骨折その後

あまり書くこともないが、先週~現在までの状況を簡単に。

落車した三連休明けの9/17は仕事。三角巾で腕をつって出勤。
いろいろあったが、何とか予定が入っていた用事だけは済ます。

9/18は朝一番で整形外科へ。
レントゲン撮って先日と比較。
悪化の様子は見えないので(当然良くもなっていないが)、手術はせずに鎖骨バンド固定による保存療法で様子を見るというのがセンセのお勧め。ただし、固定期間は1.5ヶ月はかかると思われ、骨が付かずにやっぱり手術になる可能性はあるとのこと。
更に、仕事にならないとか、少しでも早く自転車に乗りたい/目標レースがあるとかだったら手術したほうが復帰は早いけどどうする? と聞かれ、一瞬心が揺らぐも、やっぱり手術はイヤなので保存治療を選択。

ちなみにワタクシ、今まで手術はおろか入院さえしたことがない。
が、なぜか骨折だけは大小合わせて、というか大は無いので中小あわせて、今回で5回目!
1回目は0歳児だったので本人としては全く記憶にないが、小学生のときには鎖骨をやったこともある。
その時はまだ骨もしなやかだったのですんなり治ったが、アラフィフとなった現在、うまくくっ付いてくれるのかは非常に心配。
昔父親が交通事故で脚を骨折してえらく長い間入院していたのを思い出す。

とはいえ心配してても仕方ないので、何十年かぶりに鎖骨バンドを装着するが、これがキツイ。
昔はバンドといっても包帯に毛が生えたような布で巻いただけだったような記憶があるが、今は割とかっちりした専用品。
脇の下の締め付けもきつくかなりの羽交い絞め感。

診察が終わったら、奥さんに職場まで送ってもらってう。
右腕も肘から先は使えるので一応仕事にはなるが、前に伸ばせないのでピグモンみたいな恰好でキーボードを打つことになり疲れる。
肩や首回りもコリまくって何とかその日は終了。

帰宅して風呂の時だけはバンドを外す。
意識して胸張っておかないといけないのでそれなりに緊張はするが、解放感いっぱいで至福のひと時。

寝る時もバンドは着けて仰向け。寝返り打てないのがつらいが何とか眠れた。

ということで鎖骨バンド生活も数日たった現在、多少は慣れてきて肩こりも少なくなった。
骨折以外の擦過傷も大体治り、あとは骨がついてくれるのを願いつつ我慢の日々が続くと思われる。

この三連休はヒマなので療養中の過ごし方を思案。
脚は元気だが、走るのはムリだし、長時間歩くのも肩に響きそうなので、とりあえず自転車をローラー台にセットしてこんな感じに、
Img_5043
前傾姿勢ができないのでハンドルを思いっきりしゃくる。
これでもブラケットにかろうじて左手が届くぐらいなので、手放しで耐えるためにクロスバイクのフカフカサドルに交換。

30分程LSDペースで漕いでみたが、やっぱり尻にはキツイ。長時間はムリ。
それと汗が一番の問題。
洗濯もしたいし、鎖骨バンドの替えの入手を検討中。

その後はスクワットなんかしてお茶を濁す。

ということでぼちぼちやっていきます。

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ