« 10/13 富士ゾンコラン | トップページ | 3連休とマイナーコース情報 »

2018年10月22日 (月)

鶴ガ崎林道とか

連投記事。先日の土日の記録。
 富士ゾンコランで今年のレースは終了したが、惰性でトレーニング気分は継続中。
 20日(土)は、耐久走のつもりで出発したが、遠くへ行くのが面倒になり近場の坂へ。獅子ヶ岳の手前にある、鶴ガ崎林道。開通したら一之瀬川沿いの中之郷から宮川沿いの鮠川につながる林道で中之郷からは小学校の横から入る。舗装されていているのは入口から1.6kmぐらい。10分前後の上りだが、平均斜度約12%とそこそこあるので、今春からあざみライン対策とかで使ってきた(多少の効果はあったと思う)。

 今日はちょっと疲れ気味で高パワーが出ず、自転車がCAADで重くなったせいもあり、時々ケイデンス50rpmを切りつつ、ヨロヨロと登坂。
 なんとかSSTレベルは維持しつつ回数でごまかすことにして、シッティングで6本、追加で立ち漕ぎ1本。今、こんな練習して来年につながるかどうかよくわからないがとりあえず自己満足して終了。

 その後は、まだお昼まで間があったので、宮川の方に回り込んで、鮠川側から登坂。ガーミンでログを取って、位置関係を確認するのが目的。

 こちらが側は。暫く川沿いに平坦路が続き、橋を渡ったところから徐々に傾斜を上げ、ちょっときつくなったころに舗装は終了。約2.6kmの160mアップ。平均斜度6.9%ぐらいだが、平坦区間が長いので正味の上り区間はもっと傾斜がある。しかし、舗装は良いが、今は台風の影響とみられる杉の落ち葉がひどく、途中、倒木が道を塞いでいたり(細いので歩けば越えられる)で、練習用には使えない。

 
今回のコース。
18102011
 林道付近拡大。
18102021
開通すれば便利になると思うがWEBで見たところ、2027年予定と気の長い話。早いところ獅子ヶ岳(麻加江小萩)が通れるようになってほしい。

 翌21日(日)は、ホントにゆっくり耐久走のつもりでパールロード方面へ。

しかし、朝熊道で、時々出先で出会う若者に遭遇。同じくパールへ行くというので、的矢湾大橋手前の交差点まで一緒に。鳥羽展望台まで自分が前で程々のペースで引いたが、そこから若者が前に出るとキツクなる。上りで、この時点でほぼ目いっぱいの260W以上のプチインターバル状態になりつつもじわじわと離される。ヨレヨレ状態で別れると、自分は磯部経由で五か所方面、彼はそのままパール経由で浜島方面へ。
 帰路は、先週、落ち葉でグチャグチャだった剣峠は回避して、距離稼ぎに能見坂経由。最後は、低血糖のときによくある腕が痺れるような状態になりつつも何とか帰宅。
1810211_2

« 10/13 富士ゾンコラン | トップページ | 3連休とマイナーコース情報 »

トレーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鶴ガ崎林道とか:

« 10/13 富士ゾンコラン | トップページ | 3連休とマイナーコース情報 »

フォト
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ