« 6/9,10 中央アルプスHC(その1) | トップページ | 6/17 富士山国際HC »

2018年6月16日 (土)

6/9,10 中央アルプスHC (その2)

2日目 駒ヶ根高原ステージ
 3:30起床。ゆっくり準備して5時前に宿を出発。10分ほどで駐車場にIN。

前比較すると少し肌寒いが、天気予報は伊勢を出る前とは変わり、午前中は降らなそう。駒ヶ岳もよく見える。
20分ほどローラーでアップ。2日目なのでパワーは上がらない。

 7:30から開会式。参加者は昨日より増えて約100名とか。
コースプロファイルは距離9.3km 、784m UPで宮田よりやや短い。
途中、平坦区間や傾斜が緩むところもあるが、キツいところは宮田と同じくらいといったところ。

昨日と同じようにゼッケン順に時間差スタートし、Mさんが先行するが、視界から消えてしまうことはなく、チラチラと姿が見える。傾斜が緩んだところで頑張って接近するが、キツくなるとまた離れる。

中盤までそんな感じで、追いついたのは昨日より少し早いタイミングの30分過ぎぐらい。
しかし今日は追い抜くことはできず、逆に再び離されて約30m差が縮まらない。
初めてのコースなのと、今日はMさんも余力を残していたかと(勝手に)思ったせいで、ちょっと弱気になってしまった。

 ゴール前の数100mは平坦。ここで距離が開いてカーブの先に見失ったままゴール

2連勝はならず。昨日走った選手だけならおそらく2位だが、今日だけ参加のフレッシュな選手がいた可能性もあるので確証は無し。

パフォーマンスとしては、昨日より数W落ち。

 ということでレース終了。
ゴール地点はロープウェイ駅。ここで自転車を預ける
で、ロープウェイで、

Img_8409

更に900mのヒルクライム。

Img_8416

Img_8418

ここで閉会式。だが、その前に、
Img_8422
駒ヶ根名物のソースカツ丼を食べなさいということで、南アルプスを眺めながら早めのランチ(まだ8時台だ)。

 こうに見えるはずの富士山は雲に隠れて見えず。隣の選手がSNSで得た情報によると、富士ヒルクライムは霧の中とか。

食後は周囲を散策。今日は歩ける靴がある。
Img_8431 
Img_8439

残雪の千畳敷を半周して戻ったら程なくして閉会式。

ここまでリザルトの情報は一切なく、表彰に呼ばれて初めて入賞がわかる。
更に、リザルト表の配布は下山後。全員が半強制的に表彰式参加させられる大会

順位はやはり、2位。
一方、2日間の総合では、昨日の貯金が効いて、50代では一番(総合表彰は年代別ではないので無関係)。

 
Img_8456

 背景がいいので、こっちで表彰台の真ん中に立つ方が映えますね(宮田の表彰式は運動公園の玄関)。

 閉会式後は、ロープウェイ、バスと乗り継いで集合場所の駐車場へ戻り、自転車とリザルトを受け取り、イベント終了。

2日間分のエントリー費13,000円(駐車場代込)を振り込むときは高いと感じたが、食費、バス・ロープウェイ運賃込みと思えば、コスパは悪くないと思いマシタ。

« 6/9,10 中央アルプスHC(その1) | トップページ | 6/17 富士山国際HC »

イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/581777/66835874

この記事へのトラックバック一覧です: 6/9,10 中央アルプスHC (その2):

« 6/9,10 中央アルプスHC(その1) | トップページ | 6/17 富士山国際HC »

フォト
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ