« 10/9, 10 南信州ツアー 前篇 | トップページ | 飯高錬月間 »

2016年10月22日 (土)

10/9, 10 南信州ツアー 後編

また間が空いてしまったが南信州ツアーの後篇を手短に。

9日の続き
 レース・サイクリング後、平谷から宿泊先の伊那に移動。伊那谷地方は2,3回高速で通り抜けただけなのであまりイメージが無かったが、改めて下道を走ってみると南北に長い。19時頃、宿に到着。名物にローメンというのがあるのを聞き、駅近くで食べられる店を見つけててIN。
Img_8016_2

汁に浸かったヤキソバ。
詳しい作法は知らないが、一緒に出された七味と酢を加える。
結構よかった。同じ焼きそば系で比較すると、先日の富士宮やきそばよりこちらの方が好み。
 宿に戻ったら翌日どうするかを再検討。元々乗鞍に行くつもりで計画を立てたが、今年のこの時期は紅葉の端境期で今一つという事前情報があったのと、10日は冷え込むという予報。寒いだけなら何とかなるが、凍結とかになるとどうかということで悩む。結局決められないまま就寝。

翌、10日
 前夜からの続きでいろいろ考えた挙句、乗鞍行きは中止。プランBのしらびそ高原行きに決める。
ということで、昨日通った道を戻って飯田方面に向かう。結果的に伊那にはローメンを食べるだけに往復した格好。
飯田の手前の喬木村で伊那山地を越え、R152沿いに見つけた公園にデポしてサイクリングに出発。
少し南下して下栗の里側から登坂開始。しらびそ高原まで約21km、1350m上昇(by ガーミン)。上りごたえのある本格的なヒルクライムコース。実際、何年か前までレースも開催されていた。できるだけ200Wを超えない省エネモードで上るが、傾斜きつめなのでなかなかそうも言っていられない。

 更に、上り始めて3kmぐらいで、昨晩からあった右膝の違和感が痛みに変わる ( ̄Д ̄;;
レース前なら躊躇なく止めるところだが、今日はまあいいか とごまかしながら走り続る。これ以降は痛みを感じたり感じなかったり。急坂で踏ん張っているときは、アドレナリンの影響か、意外と痛まず、緩斜面でペースが変わった時に痛んむことも。

 一旦平坦区間を挟んで下栗の里に入る。ところどころ急こう配があらわれてキツイ。坂の途中にあるカフェや休憩所はとりあえずスルーして、有名な景色が見られる(と思う)ビューポイントには立ち寄るつもりだったが、入口を見逃す(事前リサーチ不足)。かなり上ったところで、通り過ぎてしまったことを確信したが、引き返して上り返す気力はなかったのでそのまましらびそを目指す。

しかし、集落を抜けても傾斜が緩む気配がない。高原まで12kmの標識を過ぎたあたりで分岐。いよいよ緩斜面かと思ったら、更に急坂 ┐(´-`)┌

膝のことなど心配する余裕もなく、残り10kmぐらいでやっと緩む。これ以降概ね緩斜面のスカイライン状態。ちょうど序盤の平坦部がない大台ケ原ヒルクライムコースに似ている。
 途中には隕石クレーターに関する案内板とかもあったが、せっかくこれだけの上りコースなので無休憩で上ることにしてスルー (←まだ練習モードが抜け切れていない)。

 残り2kmあたりの平坦から最後のペースアップ。しかし、ゴールのハイランドしらびそ直前の直登で撃沈。ヨレヨレで到着。上り開始から1時間40分ぐらいかかった。

Img_8018


Img_8020

 晴れていれば南アルプス方面の大パノラマが見られるということだったが、残念ながらガス。一部が顔出すのみ。

しばらく晴れないかと待っていたが、逆にこちらにもガスが掛かってきて真っ白。

Img_8030_2

残念だが、諦めて下山開始。
帰りはこのまま北側から下って周回コースにする予定だったが、途中いろいろ見逃したものがあったのでやや遠回りだが往路をたどって帰る。

よく晴れていたスカイラインも復路ではやや雲が出てきて肌寒い。

途中、往路でスルーしたクレーターは、まあ、単なる崖。ふ~んという感じ。

それと、下栗の里のビューポイント。分岐は見つけたが、そこから先はシングルトラック道。ロードシューズのうえ、距離が分からないので結局断念。

まあ、またいつか来る機会はあるでショ。

 そこから少し下ると高原ロッジ下栗。ちょうど昼時で、食事処もあったが、こういうところの食事はあまり期待していないのでトイレだけ済ませてスルー。

 が、更に下っていると、上り中にも気づいていた食事処いっ福のテラスで2名のサイクリストが食事中。
 通り過ぎようとすると、店のおばちゃんから声を掛けられる。自転車乗りは梅ジュース半額ということで、ついでにここでランチにする。オーダーはお勧めの定食+季節の天ぷら。

Img_8037_2

 先客サイクリスト(年配御夫婦)と一緒に、おしゃべりのおばちゃんの話(と、その後からやってきたご主人の講釈)を聞きながらいただく。

 メインは栗ごはん。きのこ汁とかが美味しい(練習中の補給としては力不足だが)。特に止まってもらえる可能性が高いヒルクライム中の自転車を狙って声を掛けているということなので、結構有名なところなのかもしれない。

Img_8038
店内にいるのは後からやってきて補足されたサイクリスト(出発直前にも更に2名)。

ランチを済ませたら時間も押してきたのでクルマのデポ地まで直帰。

201610101_2
サイクリングコース

201610102
下栗の里付近

15時過ぎ、帰路につく。
予定より遅い出発で、ここから時間が掛かる。途中、三連休のレジャー帰りの渋滞に辟易しつつ20時頃帰宅。

 ということで、いろいろ宿題が残ったしらびそ高原サイクリング。またいつか行ってみたいが、交通の便があまり良くないのがネックといったところ。
なお、いっ福のおばちゃんの話によるとこれからの紅葉シーズンは平日でもクルマでいっぱいになるらしいので、サイクリングにはあまりよろしくないかも。

 それから回避した乗鞍。事後情報では好天だったらしいが、右膝のことを考えると結果としては回避で正解だったと思う。
 なお、あちこち山花のマスター御夫婦が前日から高山に来ていて、10日は乗鞍行き計画していたが、下山してくるサイクリストの様子(防寒装備)に怖気づいて断念したとのこと。

もしかすると畳平で思わぬ出会いがあったかもしれないが、お互いヘタレで実現ならず。

« 10/9, 10 南信州ツアー 前篇 | トップページ | 飯高錬月間 »

サイクリング(長距離・遠征)」カテゴリの記事

コメント

 わいださん、おはようございます。
 昨日、車川の坂の登り口で、降りてこられるわいださんと
スレちがいましたね。
 わいださん、真剣な顔でカッコよかったです。
あれから、山花さんで、サカイさんの面々に割り込んでランチ
のあと帰りました。

カンパチさん、どうも。

返事が遅れてすみません。
声を掛けられてカンパチさんと分かったんですが、
勢いでそのまま行ってしましました。
たぶんあの後、山花さんかなと思ってました。

私は先週はパスしましたが、今日は山花さんに寄って
話題の魔王ランチをいただいてきましたよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/581777/64383707

この記事へのトラックバック一覧です: 10/9, 10 南信州ツアー 後編:

« 10/9, 10 南信州ツアー 前篇 | トップページ | 飯高錬月間 »

フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ