« 6/5 ヒルクライム王滝村 参加記録 | トップページ | チャリダーにライバル(?)登場 »

2016年6月18日 (土)

6/12 一週間遅れのMt.富士HC参加記録

既に開催から1週間近く経ち、既にリザルトは公開され、
 すごい好天に恵まれたとか、
 主催者選抜クラスは60分切り連発のハイレベルだったとか、
 過去最大8000人の参加者とか、
情報も一通り出ているが、6/12 のMt.富士HCに参加してきましたよ。
今回は当日速報をサボったので長文一本記事。

昨年に続き2回目の参加。
初参加だった昨年は、ぶっつけ本番で年代別2位の好成績。
一方で、1位とは4秒差と、強烈な「惜しいところで大魚を逃した感」を残した。

元々は日本最大規模のヒルクライムイベントを一度は経験してみたいというくらいの気持ちでの参加だったが、そんなこんなで今年も再挑戦。順位は、自分のレベルでは強豪選手の参加者次第なので運試しという面が強いが、レース運びをうまくやればまだまだタイム短縮の余地があるんじゃないかという思いで。

で、結果
タイムは1時間9分58秒。記録更新どころか、2分近くダウン (´;ω;`)ウウ・・・
それに加えて若手選手(50才)参入によるレベルアップもあって、順位は6位まで後退。
昨年と違う意味で悔しい結果デシタ


以下詳細。

前日11日 土曜日
開催日が近づくにつれて怪しかった天気予報は好転し、安心して9時頃出発。
ほぼ無休憩で13:15頃、富士北麓駐車場に到着。
今年は会場への車の乗り入れが禁止されたこともあり、シャトルバスで会場の北麓公園へ移動(この措置は良かったと思う)。

Ca3d3839

14時前にメインステージに行くとPeaks Coaching Group Japan中田コーチによるヒルクライムパワートレーニング講座開催中。
Ca3d3837
事前情報では14時頃開始とのことだったので、それに合わせて来たが、想定より早く始まっていた。家から持ってきた弁当を食べながら聞く。
内容は目新しい情報はほとんどなし。初心者参加者も多いイベントの、しかも無料講座ということで、多くを期待してもしょうがないと納得。

その後に受付を済ませて、ブース回り、ステージイベント見物で時間を潰し、抽選会を途中まで見て(当然、当たらず)退場。

Ca3d3843
会場で買った丹沢あんぱんは美味しかった。


市内のスーパーで食糧を調達して宿に入り、9時過ぎ就寝。

当日12日 日曜日
3時半起床。眠りは浅かった。
腹ごしらえして4時過ぎ出発。良い天気。
Img_7714

4:30頃に、指定された富士急ハイランド駐車場入り。
ローラー台のアップは20分(昨日、今中大輔さんは30分と言っていたが、時間が無いので短縮)。
ここで、心拍センサーを認識できないという問題が発生。レース中はほとんど見ていないので、あきらめて乳バンドは外す。
脚の調子はちょっと微妙。先週のほうが良かったような...

とかなんとかあったが、心配している余裕は無し。
昨年ひと悶着あった下山荷物預けの期限は今年も6:10。結構せわしい。
5:50頃会場に向けて出発。会場入り直前で(自転車の)渋滞があったりして、荷物預けタイムリミット8分前に到着。
去年の教訓が全く生かせていないのがアレが、無事所定のトラックへ預けることはできた。

この後は、集合場所に自転車を置いて手荷物預かり所のある体育館へ。
途中で、昨年3位のOさん@奈良と再会しご挨拶。

暫く体育館で待機し(一旦トイレの列に並んでみるが、全然進まないのであきらめて離脱)、7時前に着ていたジャケット、レッグウォーマ類(暖かかったので無くてもよかったが)を預けて集合場所へ移動。

本日の装備
 アンダーを、冬用半袖から夏用メッシュノースリーブ+薄手腹巻 に変えた以外は先週と同じ。
 水分は、天気が良いのでCCDドリンクをボトル1/3程と、CCDワンセコンドを1個。

自転車は、さすがにリヤ28Tはいらないので12-25Tに変更。

集合場所へ戻ると、パワーメータがいっぱいあってどれだかわからないよ とガーミンが怒っている。あざみの時と同じ。
一旦、列から離脱して再認識させ、周囲に謝りながら列に戻る。毎回こんなことしていられないが、他のみなさんはどうしてるんだろうか?

そんなこんなでスタート地点に移動。
前から10列目くらいの位置。昨年、一緒に走った(?)今中大輔さんは今年は主催者選抜で出走されて姿は見えないが、69歳超人Tさん祝! NHKチャリダー出演)を少し前に確認。

スタートし、パレード走行の後、交差点を曲がったところで計測開始
スタート直後の混雑の中、料金所を抜けてしばらく行ったところでTさんに追いつき、挨拶して前に出る。
すると、すぐ前に昨年優勝のOさん@埼玉がいると教えてもらう。ウェアで判別できるほどには覚えていなかったので感謝。

暫くの間、ほぼ予定のパワーを目標にして上るが思うようにあげられない。
Oさん@埼玉も離れていき、早々に昨年のリベンジに黄信号。
Tさんとはその後も抜いたり抜かれたり。
中盤までのタイムは昨年比で1分ぐらいの遅れ。伊吹山のときのような感じで苦しんでいると、後方からきたトレインにOさん@奈良!
ちょっと後ろからスタートされると聞いていたので、これはマズイと思いつつ、トレインに乗れずズルズルと後退。
程なくTさんらのグループからも離されて視界から消える。

その後も何度かトレインにパスされるが、食らいつけず、単独走状態が長く続く。今回のレース、いいトレインに乗っかってタイムを稼ぎたいと目論んでいたが、乗りきれるだけの力が出なかった。

半ば心が折れかけた状態で終盤。
山岳スプリット区間を抜けたあたり。前方にTさん、その少し前にOさん@奈良の姿が見える。
昨年比でタイム落ちは確定的だったが、これを励みになんとか二人へのジョイントを試みる。

結局、Oさん@奈良には再び離されたが、Tさんには後ろから来たトレインを利用して接近。
平坦区間直前あたりで追いつき、ラストの平坦&上りで抜きつ抜かれつつゴール

自己計測タイムは1時間10分強。少し早めに時計をスタートしたので正式記録は10分を切れたかどうか微妙なところ。
Tさんも今回は今一つの調子だったとのことだったが、年代別ではやはりブッチギリ。
自分もTさんがいなかったらもっとタイムを落としていたと思うので、感謝。
荷物受取り場所ではOさん@奈良に合流。記録更新されて8分台ということで、今回は完敗。
下山準備をして、一緒にこけももソフトを頂く。
Ca3d38501
須走のそれとは違うタイプ。どっちかと言えば須走の方が好みか。

天気は良好。防寒装備だと暑いくらい。
あざみもそうだったが、どちらも悔しいレース結果で、山頂までよく見えるのがかえって憎たらしく感じる(←勝手な言い草)。

その後、下山。前回はあまり気にならなかったが、もんのすごい人数の参加者がまだ上っている。さすが8000人級。
長い長い下りを済ませてホッとしたら、恒例の吉田うどんの振る舞い。
Ca3d3852


その後、リザルト発表を待つ。
昨年は選抜クラス選手の表彰式遅刻でイライラさせられたが、今年は運営の不手際で開会式予定時刻近くなってもリザルト掲示がなくイラつく。
なお、グランド外にリザルト確認サイトへのリンクが掲示されていることを知ったのは表彰式後。待たせている間、場内MCは黙り込まないでしっかりインフォメーションを流してほしい)。

というわけで、やっとリザルト(入賞者のみ)が掲示され確認。なんとか入賞。
トップは5分台! 今年は出るレース出るレースことごとくトップのレベルが上がっている印象。厳しい。

Oさん@奈良は記録更新するも5位。Oさん@埼玉も昨年とほぼ同タイムにも拘らず3位。
昨年一緒に表彰された二人が、順位はともかく、タイム短縮・維持していたなかで自分だけひとり負け。クヤシー


表彰式では、年代別は3位までがステージ上で表彰。
50才代のトップスリーと、Tさんの表彰を見届けた後、ステージ裏で賞状・副賞を受け取る。
副賞は吉田うどんセット。こうなるとは知らず既に自宅持ち帰り用のうどんを買ってしまっていたので、当分の間、炭水化物補給の中心はうどんの予定。
その後、Oさん@埼玉に挨拶して会場を後にする。

帰路は愛知県に入ったあたりから雨。
20時頃帰宅。

参加者の皆さんお疲れ様でした

« 6/5 ヒルクライム王滝村 参加記録 | トップページ | チャリダーにライバル(?)登場 »

イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/581777/63796197

この記事へのトラックバック一覧です: 6/12 一週間遅れのMt.富士HC参加記録:

« 6/5 ヒルクライム王滝村 参加記録 | トップページ | チャリダーにライバル(?)登場 »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ