« 美ヶ原・乗鞍 追加募集中? | トップページ | (平地1時間走+相津峠+山花さん)×2 »

2016年5月28日 (土)

5/22 富士国際HC 参加記録(その2)

とうとう週末になってしまい、サミットは終わるし(最近、鳥羽・志摩方面はすっかりご無沙汰なので、あまり実感無し)、ジロは急展開してるし...だが参加記録その2

ピストルの合図とともにレーススタート

一応、コースの公式スペック
・全長11.4km、標高差1200m、最大勾配22%

最大勾配にたいした意味はないが平均10%オーバーがミソ(しかも途中、平坦・下りもある)。

スタート後、直ぐに先頭グループと差が開くが、無理しても持たないのでマイペースでいく。
調子は程々。試走よりはいいが好調というほどでもない。
順位は分からない。先頭に陣取っていた強豪さん達の他に同クラスの選手が数名はいたと思うが...

鳥の壁を通過。速いのか遅いのかは分からない。
比較しても仕方ないので試走のラップタイムも覚えてこなかった。

続く九十九折れ区間。後々32Tがあるという安心感から少し頑張る。
すると前方に見覚えある(ちょっと昔の)アスタナジャージの選手。岡山のJINさん(確か二つ若いクラス)。声掛けしてパス。

それから、中津川のKさん(一つ若いクラス)が見える。
声はかけられなかったが、スタート待機中に前に居たのは認識していて、スタート後は視界から消えていたが、追いついてきた。

Kさんを目標に徐々に差を詰めていると、後ろから同クラスの選手。
伊吹山で抜かれたNさん!
ここは離されるわけにいかないので、後ろに付く。

やがて最初の給水所。
コップを受け取って急いで一杯飲み、直ぐに短く下って馬返しへ突入。

ここでNさんを見失う。アレ? 給水中に先に行かれたか?
しかし、今はそれどころではない。

いよいよ32Tの出番。シッティングで行く。が、ギヤが少しくらい軽くてもキツイものはキツイ。

すると前方のKさんとの差が詰まってきてパス。かなり苦しそうな様子。

JINさんもKさんも普通なら自分より速いハズなので、本調子ではなかった模様。
が、人の心配をするのも一瞬だけ。まだまだ苦しい上りが続く。

なんとか馬返しを通過した辺りで同クラスの選手一人に抜かれる。
離されないようにしたいが、急斜面では相手が速く、緩斜面で差を詰めるが追いつけない。繰り返しているうちに徐々に差が開き、長めの急坂区間でとうとう見失う。無念~ (。>0<。)

その間、二つめ給水所を通過(ここでもコップ半分ぐらい給水)。

いよいよゴールが近づいたところで、ヘヤピンを利用して後方確認。
選手は見えず、このまま順位は変わらなさそうな感じ。
どちらかというとタイムより順位優先なので残りを淡々と走り、最後の急坂だけ頑張ってゴール。ゼエゼエ...

自己計測タイムは57分ちょっと。
下山荷物を受け取り(すぐ見つかった)山小屋へ。
ベンチに座って、着替えとオヤツ。
それから、先日も食べた こけももソフト
Img_7519

今日は寒くないのでゆっくり味わう。

その間、Nさんを見掛け、少しお話。
結局、自分のほうが先着だった。前日にフルコース試走された影響で本調子ではなかった模様。いくらゆっくり試走とはいえそりゃそうでしょう。

その後、全員がゴールするまで待機。
Img_75251

記念撮影なんかをしたのち、リザルトを確認。
スタートから前にいた少なくとも4人には追いつけず、途中一人に抜かれたので前には少なくとも5人。
ギリギリ6位に入っているかどうかといったところだったが、結果はもう一人いた。

試走の記事で「入賞にかすりもしない」と書いたら、本番はかするところまではきた。しかし、そここまで。特殊なコースなので経験を積めばもう少しタイム短縮できそうな気はするが、いまはココの経験を積もうという気は無い。

なお、伊吹山との比較で言うと、前述のNさんには曲がりなりにもリベンジ。ぶっちぎり優勝だったもう一人のNさんとの差も少し縮まった。ご本人の調子とかまったく分からないのでアレだが、自分自身は伊吹山よりは良かったと思いたい。

下山後は、会場に戻って計測チップを返却(上で返却しておけば戻る必要もなかったが忘れていた)。

Img_7540
会場にひとつだけあった出店のコロッケパン。

その後は、時間に余裕があったので山中湖まで観光&練習サイクリング

Img_7542

須走とうって変わって観光施設がたくさん。人もいっぱいで落ち着かないので湖畔にタッチだけしてUターン。そのまま御殿場まで下り、宿で荷物を受け取って、14時半ごろの電車で輪行開始。

新幹線の車窓から本日最後の富士山。
Img_7546


近鉄では輪行袋を置いて少し離れた席にいると直ぐに係員のチェックが入る。
サミットに向けた警備強化の一環。

到着した伊勢市駅では、改札横で警備中の警官の横で自転車を組立。
20時頃帰宅。

お試し感覚でエントリーした今回の大会、
試走から始まってリヤメカ交換など事前対策がどんどんエスカレートしたが、惜しい結果に終わった。今は、リベンジのために再挑戦したいような、一回走ればもう十分なような複雑な気分。

« 美ヶ原・乗鞍 追加募集中? | トップページ | (平地1時間走+相津峠+山花さん)×2 »

イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/581777/63689438

この記事へのトラックバック一覧です: 5/22 富士国際HC 参加記録(その2):

« 美ヶ原・乗鞍 追加募集中? | トップページ | (平地1時間走+相津峠+山花さん)×2 »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ