« 2015 第二次乗鞍遠征 | トップページ | 通常営業再開 »

2015年9月 2日 (水)

8/30 JCA乗鞍参加記録

JCA乗鞍の詳細記録(忘備録)
雨のため写真ほとんどなし。

前日 29日(土)
9:00頃自宅出発。
天気予報がアレなので雨対策品はしっかり搭載。
しかし、当日はおそらく路駐になるのでローラー台は持たず。
ホイールは雨でも少々ならカーボンでいくつもりだが、念のためキシリウムも用意(今回の勾配の緩いコースでどちらが良かったかは?)。

なお、チューブラータイヤはこれまで実績のあるビットリア コルサCX。
ACAエコーラインでは今回の決戦用のつもりで、tufo Elite Jet < 165g をテスト投入したが、リヤが下山中にあっけなくパンク。
フロントは残っていたが、ウェットコンディション必至の状況でで不安を抱えながら走る気にならなかったので使用は断念。
今後、使う機会があるかなぁ?

往路は久居で高速に乗って中津川からR19。
途中、スーパーやコンビニで食糧を調達しつつ、奈川、乗鞍スーパー林道経由で現地入り。
15時過ぎ。
途中の峠は小雨だったが、この時点の乗鞍高原は一応曇り。
会場手前に路駐して徒歩で会場入り。
受付を済ませて、ざっと出展ブースを回り、CCDワンセコンドが少々安く、ストックも少なくなっていたところだったので一箱購入。
車に戻ろうとしたところで多度山さんに遭遇しご挨拶。
ちょっと時間遅めなので調整走をするかどうか迷っていたが、翌日は雨でまともにアップできない可能性もあるので、多度山さんに教えてもらった短い坂を一緒に3本ほど上る。
(前回記事の写真は坂の下でさつえい。今回、ブログに載せられそうなまともな写真はこれだけ)

多度山さんと別れ、調達した食糧で車中夕飯をすませたら、例年通り奈川の宿へむけて再びスーパー林道を下る。
利便性が良いとは言い難いが、一人で落ち着けるということで利用し続けている。
けど次回はちょっと見直したいところ。

宿についたら風呂に入って、ゼッケン付けなどの準備をして9時には就寝。

当日 30日(日)
3時過ぎ起床。
例によって何回か目が覚めて睡眠十分ではないが想定内。
外からはずっと雨音。
しかし、問題は現地の朝がどうなるかで、今ここで心配しても仕方ない。

腹ごしらえして4時に宿を出発。
暗闇&土砂降りのスーパー林道を上る。去年とおんなじ。
50分ほどで乗鞍高原入り。

会場が近づくと路駐車、対向車で混沌。なんとか昨日と同じくらいの場所に路駐スペースを見つけてIN。
去年はこのころには小雨になっていたが、今年は相変わらず強い雨 ┐(´-`)┌

6時前に下山荷物を持って徒歩で会場へ。
会場でのアナウンスは、競技実施については協議中。6時に発表予定だが遅れるかもしれない といった感じ。

荷物を預けて、少々の軽量化を済ませて6時15分ごろ。
競技実施は引き続き協議中。
しかし山頂付近は小雨ながらそんなに酷い天気ではなさそう。
自分としてはそれくらいなら十分耐えられる準備をしてきたと思っているので走る気満々。
たぶんスタート時間を遅らせての開催ぐらいになると予想してクルマに戻る。
このあたりは、スマホを持たない自分はネットの雨雲予想なども見られず割と楽観的。

雨が弱まった瞬間を狙って自転車を出し、車中で待機していると下山荷物を持って会場から戻ってくる参加者がチラホラ。あれ~?

なんかヤバい雰囲気だが、走る気満々(?)で会場方向に向かう人もいる。
携帯は下山リュックにいれて預けたので、状況がよくわからない。

当初予定のスタートならそろそろアップをはじめないといけない時間になったので、車外に出たついでに通りすがりの参加者に聞いてみると、

三本滝までの短縮コース!? スタートは1時間遅れ

という想定外の答え il||li _| ̄|○ il||li

思わず念のためにもう一組の参加者に聞いてみるが同じ答え(聞いた人はDNS。頑張ってくださいと言って去って行った)。

当然モチベーションは落ちるが、中止じゃなければ走らずに帰るわけにいかない。
とするならばスタートから全開になるので、すこしでもアップしようと100均レインポンチョを羽織って昨日の坂へ。

ACAの不調原因が、体重を気にして食事控えめにした影響によるスタミナ切れじゃないかと考えて、今回は、カーボローディングとまではいかないが、炭水化物をしっかり目に食べてきて先週比で体重約1kgアップ。
しかし、7kmではそれも単なる重りになるなぁなどと思いつつ、坂を3往復。

クルマに戻って最終的な出走装備で会場へ。
 上は、秋冬用半袖インナー、半袖ジャージ、夏用アームカバー、サイクルキャップ、レインベスト
 下は、レーパン、シューズカバー
 ボトルは無し

レインベストを着るか、ポケットに入れるかはスタート直前に決める。
シューズカバーはしていてもどうせ濡れるが、靴の中がグチャグチャになるよりはまし。

会場に着いてトイレ(小)を済ませると、すぐに自分のスタートグループが移動開始。
ちょっとずつ前に移動して、先頭から3、4列目ぐらいに落ち着く。
サイコンのリセットやら、パワーメータのキャリブレーションを済ませ、準備万端...
と思ってふと頭に手をやると、柔らかい感触... アレ?

ゲッ、ヘルメットがない。 ( ̄Д ̄;;

ずっとキャップをしていたので忘れてきたのに気づかなかった。
思わず「これはダメだ!」と声を出して、待機場所を離脱。

こんなポカでDNSになるとは情けないが、短縮コースだったのが慰めくらいにはなるか。しかし周囲の選手や大会関係者の誰らかも注意されないってどういうこと?

などと考えつつ、会場を出て歩いていると、後ろから、ひとつ前のグループのスタートまで ?分まえのアナウンス。

これで我に返る 

まだスタートまで5分以上ある。ひょっとすると間に合うかも。
慌てて自転車に乗ってクルマに戻り、ヘルメットを着用してUターン。
サイコンの時計でスタート3分前。

会場に戻って、理由はわからないが同様に遅刻しそうなもう一人の選手と一緒に、待機中の後スタートグループの選手に「通して~」と声をかけつつかき分けて、自グループの後尾へ駆け込む。
スタート30秒前。間に合った~

というわけで、程よく心拍が上がった状態 ^^; でスタート
最後尾ということで周囲はノンビリ派の選手が比較的多く、いきなり全開とはいかないが、徐々にペースを上げて最初のカーブから急坂へ。
ここで速い人がいたので後ろについて上る。が、その人はすぐに力尽きてパス。

あとはひたすら前走者を抜きながら実質単独走。
時々、距離・時間をチェックするだけでサイコンを見る余裕はほとんどないし、途中から背後につかれている気配を感じるがそれも無視(たぶん振り切ったと思う)。

やがて終盤、待機中に先頭に陣取っていたなんとなく速そうな選手達が見えてきたので、後ろにつかせてもらって緩斜面を通過(上位入賞した選手がもっと前にいたはずだが、レース中は分からず)。
ラストは、これらの選手と抜きつ抜かれつつしながらゴール

自己計測タイムは19分台。
先週よりは当然速いが、昨年と比較するとそれほどでもない、微妙な感じ。

ゴール後は、下山リュックを受け取り下山準備。
凍える心配はないので、上にレインジャケットとズボンを着るだけ。
待機場所に向かって下り始めたところで、乗鞍常連のSこ さん、ドラゴンさんのコンビを見つけてご挨拶。
三本滝レストハウス前で、水とアクエリアスをもらいさっさと下山開始。

下山はかなりゆっくりペースでかえって疲れたが、無事会場に戻り一安心。
天気は、これ以降も降ったり止んだり。薄日が差したと思ったら、次には土砂降りとか。
しかし自分の走行中は雨らしい雨がなかったのは幸い。

会場でSこ さん、ドラゴンさんと再会し、お話をしながら携帯でリザルトを確認。

結果、6位。ぎりぎり入賞。

前の記事の通り、このコースで「乗鞍を上った」とは思わないが、名目上は「乗鞍入賞者」となった。
また、伊吹山HC後の上方修正目標(3位以内)には届かなかったが、年初の目標(入賞)は一応クリア。

スタートから競う選手がいたら、とか、せめて位ヶ原までの急斜面区間で勝負したかった
とか、いろいろあるが、美ヶ原で負けた選手には今回も敵わず。
美ヶ原よりは経験値の高い乗鞍なら、もしかしたら何とかなるかもと思っていたが、ほぼ横滑りの結果。

それと、調子はなんとなく去年のほうがよかった印象。
来年は更に厳しくなることが予想されるが、それよりも何より、

次こそ好天のフルコースで、

まずは、それだけ希望。
 
その後は一旦クルマに戻って帰り支度を済ませて会場に戻り、12時から閉会式&表彰式。強い雨が降ったり止んだりのなかの表彰式はせわしくちょっと落ち着かない感じだったが無事終了。
 
表彰式を見ていただいていたSこさん、ドラゴンさんとお別れし、自分は抽選会に残る。
ここで多度山さんと再会し、美ヶ原と同じように二人で抽選に臨む。
結果、多度山さんが1等の飛騨牛セットをゲット!
おめでとうございます。それから、王滝のMTB 100kmマラソン42km 二連戦(←ナニソレ? ┐(´-`)┌)頑張ってください...というか怪我の無いようお気をつけて。

Img_7161
先週のACAも含めて、今年は乗鞍の頂を一度も拝めず。


帰りも、車中で食糧を補給しつつ直帰。
レースで燃え尽きたり、すごい好成績だったりしたらブチグルメして帰るつもりだったが、
思いっきり中途半端に終わったので、今回は無し。

以上、来年に向けて宿題がいっぱい残った今年の乗鞍でした。

« 2015 第二次乗鞍遠征 | トップページ | 通常営業再開 »

イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/581777/62206316

この記事へのトラックバック一覧です: 8/30 JCA乗鞍参加記録:

« 2015 第二次乗鞍遠征 | トップページ | 通常営業再開 »

フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ