« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

2015年8月31日 (月)

2015 第二次乗鞍遠征

JCA乗鞍に参加してきましたよ。

一昨年から参加し始めて3回目。
過去二回は悪天候の影響でともに短縮コース開催。
今年も天気予報が芳しくなく、「三度目の正直」になるか「二度あることは三度ある」になるか微妙な感じだったが、結局、後者に...

しかも三本滝までの約7kmという過去最短区間。
ここまでくるととても「乗鞍を上った」とは言い難い気がするが、だからと言って強豪さんたちが手を抜いてくれるわけでもない。

結果、成績は年代別クラス6位。

今年は菰野の優勝から始まって、以降、レースのレベルが上がるにしたがって順当に順位が下がった感じ。

しかし今は、初めての「乗鞍入賞」と、(例年通りなら)来年の優先出場権獲得を喜んで、来年に向けて準備したいと思う。
さもないと、今の力のままでは来年はかなり厳しくなること必至。

Img_7154

2015年8月23日 (日)

2015 第一次乗鞍遠征

二週連続乗鞍遠征の第一弾、ACAツール・ド・あいち 乗鞍エコーライン&乗鞍スカイラインヒルクライムに参加してきましたよ。

結果、

22日(土)エコーライン
 JCA乗鞍60分切りで年代別優勝経験のある40歳若手(?)に千切られて2位

23日(日)スカイライン
 20歳ピチピチの若者に千切られて2位

というわけで、56さんに千切られた前回参加の神坂に続いて、今年のACAは3連続2位
サ○ンの呪い?

おまけに、エコーラインは1時間13分39秒(~県境)で、昨年から2分落ちの体たらく。
来週のJCA乗鞍に向けて暗雲が垂れ込める ( ̄Д ̄;;

22日の乗鞍も雲の中。さむ~
Img_7130


Img_7135

おまけに、下山中にパンク
Img_7136

決選に向けて導入した軽量チューブラータイヤが下山中にパンク。
本番前にゴミ箱行き (。>0<。)
もう踏んだり蹴ったり...

下山後は、気を取り直して山賊バーガー
Img_7143

と、奈川のとうじ蕎麦
Img_7146

うま~

23日のスカイラインはまあまあの天気。
Ca3d3569


Ca3d3582


Ca3d3585


今更じたばたしても仕方ないので、今週は休養入れて調子を整えてJCA乗鞍に臨む。

というわけで、他にも書きたいことはあるが、ブエルタも始まったし、JCA乗鞍の準備のため、今週は詳細がアップできるかどうかは不明。

2015年8月16日 (日)

獅子ヶ岳 3日目

連休も最終日。
朝練も一応最終日?

昨日と同じ5:15頃出発。
順番ではリカバリーの日だが、最後なので疲れをためない範囲で頑張る日にする。

というわけで獅子ヶ岳
麻加江側1本のみとと決めて後のことを気にせず頑張ってみると、

23:41 233W 平均心拍146

昨日とほぼ同タイム、同パワー。
昨晩寝る前は脚がパキパキで、今日はムリかと思ったが、悪くない結果。
(おそらく)乗鞍前最後となる獅子ヶ岳を気分よく締めることができた。

この後は一度試してみたかった、小萩側ピークとの間に下ったところから上り返しを計測。
路面はいいし、下りも楽しめるので短い上りの練習にはいいかもということで。

2.3km (8.8km標識~6.5km標識)180m UP を2本。

・10:27 213W
・10:13 222W

10分ぐらいのインターバルにちょうどいい感じ。

その後は小萩に下りて直帰。
2015_08_161

8/15 獅子ヶ岳で完敗

昨日の記録。

連日の朝練。
しかし目が覚めると既に4:30。
ちょっと疲労蓄積気味か?
5:15頃出発。
連日の獅子ヶ岳行き

麻加江側の林道入り口で上りの準備を済ませてスタートしようとしたところで、ちょうど下りてきたローディに名前を呼ばれる。

このブログを見ている方で、一緒に上りましょうとのこと。
GIANTの自転車でピンと来たが、先日の記事のカンパチさんがコメントしていた、小萩側3往復以上(?)の人かなと思う。

ということはガチのヒルクライマー? 

体型や自転車の装備を見てもいかにも速そう。

ともかく、詳しいことは後でということにして一緒にスタート。
少し上ったところで、持ちタイムを聞いてみると、21分台前半!
自分のベストより速い...

これはヤバいと思う反面、付いていければいい練習になるかも...

登坂中は、たまに自分が前に出ることもあったが、ほぼGAIANTさん(Yさん)が前。
一時離されかけたこともあったが、5kmあたりで何とか追いつき、ほぼ並んで駐車場にゴール(←ペースを合わせてくれたかな?)。

23:37 233W 平均心拍151

好調とは言い難いが、一人だったらここまで行けたかどうかも怪しい。
ありがとうございました。

ゴール後、駐車場で暫く話し込む。

伊勢の方で、しかも同じ歳と聞いて再度ビックリ(←サングラスのせいでもう少し若い人かと思っていた)。
伊勢にまだこんな人がいたのか...

聞くと、自転車歴も長いがメインはランニングで、故障をきっかけにここ何年かは自転車でリハビリ中(?)とのこと。
平地走が嫌いなのでヒルクライムオンリーだが、自転車のレースにはほとんど出られていない(←出ていたらすぐ判るよね)。
他にもいろいろお話させてもらったが、なかなかユニークな方でした。

その後はもう1本ご一緒(Yさん3本目、自分2本目)。
しかし今度は完全に千切られる。

25:15 215W 平均心拍140 ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…

Yさんは2本目とほぼ同タイム。
一緒に上る前の1本目を聞かなかったが、どっちにしても明らかな完敗!

やはり自転車(それもヒルクライム)よりランニングのほうが競技人口が多いだけ層が厚い。
こんな人が他にももっといるんでしょうねぇ...

その後、3本終えたYさんとはお別れ(3本というのは、一応、ワタクシのパクリとおっしゃってくれました)。
また機会がありましたらよろしくお願いします!

で、ワタクシもノルマの3本目。

25:04 219W 平均心拍144 若干持ち直し。

最後なんで、途中で垂れてもかまわないと中盤にややヤケクソ気味にパワーかけたおかげ。

Ca3d3549
家を出た時はかなり涼しかったが、この時点では駐車場も日向は暑い。

麻加江に戻ると9時ごろ。
出発時刻がやや遅かったこともあって、もう少し粘ればランチタイム。
それに、時間は分からないが今日はココに予告登板される人もいるのでそっちも気になる。

ということで時間調整のために4本目(←Yさんに刺激を受けた影響も...)。
TTモードでやる気力は無いので、3分緩め、2分頑張るのインターバルぽっく。

25:55 212W 平均心拍144

心拍データみると各回の頑張り度合いがわかりますネ。

2015_08_15_31

駐車場から家に昼飯不要のメールを入れたら下山開始。
下から2km地点ぐらいまで下ったところで、下から白いピナレロのローディ。
予告登板の影武茶さん。

すれ違った後、停車してしばし考えた末、引き返し。
3km手前で追いついて、改めて挨拶だけして、再びUターン。

ゆっくりお話ししたいところではあったが、5本上る気力はないし、気を散らせてしまうのもご迷惑かもということで。

その後は恒例のあちこち山花さんで、最近お気に入りのビーフ100%ハンバーグ定食(ラゴットソース版)。

Ca3d3550

11時前に入店して1時間ちょっとのんびりさせてもらって出発。

更に、帰路の途中に、以前から奥さんから言われて懸案だったミッションを敢行
五桂池に立ち寄って、産直野菜を適当に選んで調達(既にあらかた売り切れていたが...)。

Ca3d3551 Ca3d3552
ちゃんとしたリュックじゃないのでヒモが肩に食い込んで痛かったが何とか帰宅。

獅子ヶ岳以降は暑かったが、時々曇ることもあって以前の連日猛暑のときより多少走りやすかった。
向かい風も、野菜で重量が増えた分だけ減速が小さく、涼しさのメリットが勝った。

2015_08_15_11


丹生から五桂に向かう途中のコース、
2015_08_15_2
神坂の集落を迂回して長谷から金剛座寺・天啓公園へつながる道が開通してましたね。
道なりに走っていくと危うく天啓公園まで下ってしまうところだった。

天啓から丹生を周回コースにして練習している人もいるみたいだが、これで更に走りやすくなった?

2015年8月14日 (金)

つなぎの朝ポタとか

連休もそろそろ終盤。
ローラ台を含めて自転車には一応毎日乗っているので、既に記事にした大台ケ原行き以外のこれまでの走行記録をまとめて

引き続き練習モードだが毎日気張って乗る体力はないので、頑張る日と緩める日が交互。

10日(月)
大台ケ原行きの合間。
休み中に家にいるとどうしても食事の摂取カロリーが増えてしまうので、近場でエネルギー燃焼兼リカバリー走

まだ暗い4:30出発。
日の出が見えるかと思って二見に向かったが、雲が掛かって見られす。
このまま帰っても早すぎるのでなんとなく剣峠へ。

あくまでリカバリーなのでパワーかけずにゆるゆると登坂。

20:51秒かけて平均パワー 124W、平均心拍 104。

上る前はどうかなと思ったがL1ペースに収まった。

Ca3d3490 Ca3d3491


金魚に餌をやって帰宅(今年の金魚は近づいても逃げない?)。

走行 56.9km 消費 426kcal (by Garmin)

12日(水)
再び二見へ5時ごろ出発。
ちょっと遅かったので途中で朝焼けは見えたが、海岸に着いた頃には既に日は上っていた。

Ca3d3527

今日は休みだが仕事の関係の電話が掛かってくる可能性があったので、携帯圏外の剣方面には行かず。
二見の中をうろうろ。

Ca3d3533 Ca3d3535


汐合橋下流の堤防道路でスプリントごっこをしてみたが、元々低かったパワーが更に落ちた。
とりあえず必要ないし、普段練習もしてないしということで。

走行 42.4km 消費 351kcal (by Garmin)

13日(木)
一応頑張る日だが、晩に雨が降り、昼間も予断を許さない天気なのでローラー錬

L4/L3は大台ケ原でやってきたので(というか、長いインターバルやる気力がなかった)、時々L5のインターバルをいれつつウダウダと、

午前の部 1:54 消費 584kcal
午後の部 1:30 消費 489kcal

本日 14日(金)
再び、エネルギー燃焼兼リカバリー走。
4:30出発。
二見ばかりではアレなので度会方面へ。

Ca3d3538


麻加江小萩林道の入り口で偵察だけして帰ろうかと思っていたが、先日の剣峠も行けたので、やっぱり上ってみようかと心変わり。

林道入り口へ着くと工事中の気配はなかったのでそのまま登坂開始(まだ5時台だし)。
さすがにL1ペースというわけにはいかないが、できるだけL3には入れないようにL2中心に抑える。

タイム 37:46、平均パワー 137W、平均心拍112

駐車場に着くとクルマが一台。
工事関係者ではなさそうなので、そのまま横で写真を撮ろうとしていると声を掛けられる。

なんと、愛好会でご一緒していたKうさん w(゚o゚)w
ずいぶんお久しぶり。

最近は自転車はほとんど乗られていないが、RUNは続けられているとのこと。
相変わらずお元気そうで何より。

今日は雲海の撮影に来て、既に帰ろうとしたところ。

Ca3d3541

かなり風に飛ばされてしまったが、もう少し早い時間はもっときれいだったらしい。
残念!

なお、ここにも結構撮影に来られているみたい(小萩側から往復)。
工事の人とも仲良しのご様子。

小萩へ戻るKうさんと別れたら、自分は麻加江側に下る。

Ca3d3547
林道入り口の様子。
一部、木が切られて以前より多少明るくなった。

この後、走り出したところで今度はSこさんに遭遇。
上って行かれました。

帰路もパワーかけずゆるゆる走で帰宅。

うれしい出会いがあって、上った甲斐があったが、リカバリーにしてはちょとハードだったかも。

走行 59.9km 消費 502kcal

2015年8月12日 (水)

8/11 リベンジ大台ケ原?



連休中は朝練シフトで夜9時過ぎ就寝のため、ブログ書きは1日遅れ。

9日の大台ケ原はマシントラブルなともあってやや不完全燃焼感が残った。
ということで、昨日11日に2回目のトライを敢行。

レースの試走でもないただのソロ練習なので、近場の低山をリピートするのとどれほどの違いがあるのか?

とか、

約5時間の往復移動は結構もったいない。

とかあるが、
時間に余裕のある連休中だし、信州方面と比較すれば時間・コストの負担も少ない。

4:00出発。
先日の記事で出発時刻を間違えて4:30と書いてしまったので(ホントは3:30)、30分早く出たつもりだったが、途中で、実は30分遅いことに気付く。

6:20頃、大迫ダムに到着。
サッサと準備してウォームアップ。

前回の入之波温泉方面の道は一部舗装が良くないところがあったので(←ここでの振動がサドルの緩みの原因だった可能施あり)、今回は国道に出る。
大台ケ原方面に上って最初のトンネルで引き返そうとしたら、右手に山の斜面を登っていく分岐道があり、ちょっと面白そうなので行ってみる。
ダム湖を見下ろす斜面を上り、更に山の中に突き進んでいくと突然集落が現れる。

Ca3d3492
ダムからはとても人が住んでいる山には見えなかったのでちょっとビックリ。

ダム湖を見下ろす。
Ca3d3501


ダムに戻り、7時過ぎにTTごっこスタート
周囲の山の上の方にはガスが掛かっているが、天気予報では雨の気配は無かったのでそのまま突き進む。

これまでの経験から、230W台を狙っても無理そうなのが分かったので、今日は序盤から220W台で入る。
序盤抑えて後半に盛り返せるか? といったところ。

ドライブウェイ分岐まで 227W。
ここから伯母峰峠まででワットを稼ぎたかったが、あまり盛り返せす228W。

で、やはりこの後徐々にパワーダウン。
20km地点で1:04:41 の220W 1:4:41。
前回からパワー3W落ちの、タイム1分遅れ。
リベンジどころか、返り討ちに遭う。ガックリ。

その後は半分どうでもよくなったが、一応駐車場まで、1:18:56 214W。

序盤抑える作戦も、後半は抑えたとこから落ちていく結果で、どうしたものやら。

Ca3d3503

今日の駐車場は、台風の影響のせいか、風があるものの寒さは感じない。
ダウンヒルもウインドブレーカなしでOK。

この後の行動としては、

 1.前回同様に辻堂林道を上り返し。

  2.クルマで駐車場まで上り返し、その後、山歩き。

の二案。
今日も好天なので迷ったが、今は自転車を優先すべきとの判断で案1を選択。

というわけで、前回同様、林道の上り口までダウンヒル。
かなり下ったところで、ロードがパンク修理中。
駐車場に先着していて、先に下って行ったロード乗り。
声を掛けたが、ほぼ修理を終えたところだったので、そのままスルー。

Ca3d3504
今日もここから。

上り返しの結果は、38:54 201W。
前回はパワーメータの電池切れで分からなかったが、平均パワーはあんまり出ていなかった。
急斜面はそこそこ頑張らないといけないが、ちょっと緩むとどうしても休んでしまう。

分岐までもどったら、今回は再度大台ケ原駐車場まで。
せっかくなので景色を楽しみつつのんびり行こうと上り始めたが、やはり徐々に力が入る。
といっても、筋力はほぼ使い果たしているので、上りはヘロヘロで、平坦だけ頑張ってゴール。

駐車場の割高な自販機で2回目の給水を済ましたら練習終了。

ここからは、ホントにのんびり下る。

これまで見かけた自転車はさっきの1台だけだったが、この後は10台以上。
例によって、ヒルクライム練習派と、のんびりツーリング派。
途中で弁当広げているグループもいたり。

自分も木陰で一腹。
Ca3d3514

紅葉の時期にも来てみたい(混雑すると思うが)。

道のすぐ脇にトリカブトの群落あったり、
Ca3d3516

危ういバランス。
Ca3d3520

自転車の向こうは絶壁。
突風が吹かないことを祈りつつ撮影。

伯母峰峠からはドライブウェイを下らず、初めて自転車で大台ケ原に上った時に使った和佐又伯母峯林道へ分岐。
当時はドライブウェイが通行止めで、その迂回路として使われていたが、その後どうなったか偵察。

結果、状況としては良好。
ドライブウェイより道幅広く(←自転車にとっては)、舗装も良好。
傾斜がきついところもあるが辻堂林道と比べたら大したことはない(4.7km, 306mアップ の平均6.5% by Garmin)。

トータルの標高差が少なくなってしまうのが難点だが、こっちを上る練習コースも考えてい見たいところ(ヒルクライム練習で長大トンネルを上るというのもやはり違和感あるので...)

国道に合流したら、和佐又トンネルをヒイコラ上り、新伯母峰トンネルを駆け抜け、更にループ橋のトンネル連続区間を激下って大迫ダム帰着。
トンケル区間を抜けると一気に灼熱地獄。
13時過ぎ。

お昼は持ってきたパンで済ませ、途中で柿の葉寿司を買って帰宅。

往路

2015_08_11_11
前回と同じルートなのに標高差の値が全然違う?


辻堂林道往復
2015_08_11_21


一応、復路も、
2015_08_11_31



2015年8月10日 (月)

8/9大台ケ原で朝練

昨日9日から連休入り。
しかし、今月は後半の遠征費確保の必要もあって特に予定なし。

せめてもということで昨日は大台ケ原でヒルクライム錬
大台ケ原HCに出るわけではないが、1000m級の坂で練習したいということで。

一昨年も同じ目的で行ったが、伊勢同様に暑かった反省から、今年はもう少し早めの4:30 3:30頃出発。
6時前に大迫ダムに到着。

今年は激坂回避と移動時間節約のためココから上る。
国道の長大トンネルがアレだが、早朝ならクルマも少ないだろうし、日が当たらなくて却っていいかもということで(結局、薄曇りだったのでありがたみは薄かった)。

自転車出して、ウォームアップに入之波温泉まで往復したのち、7時前にスタート
Ca3d3481

ルートラボによるとダムから大台ケ原駐車場まで 25.5km 1183m上昇。
終盤はアップダウン路になるので、少なくとも経ヶ峰付近(20km 1085m上昇)ぐらいまでは頑張りたいところ。

スタートすると、パワーメータのバッテリ残量が少ないとの警告が表示される。
しかし、以前もそこから1日ぐらいは持ちこたえたと思い、そのまま走り出す。

国道区間は平均233W。
先日のACA神坂で達成できなかった230W台を目標にしたがこの時点で既に脚がちょっと辛い。

大台ケ原ドライブウェイに分岐。
分岐から伯母峰峠までは、このコース中では比較的傾斜が大きく、且つ、狭隘、悪路面。
ポツポツとクルマに追い越されるが、稀に対向車もやってくるので注意。
パワーは徐々に落ちて230Wキープが困難になってくる。

更にサドル下からカラカラと異音。
これは前にも経験があって、おそらくサドルの固定用ボルトが振動で緩んでいる
サドルバッグが支えになって、いきなり外れることはないが、このタイミングでトラブルはショック (。>0<。) 
なんとか持ちこたえてほしいと祈る。

そんなこんなで伯母峰峠を通過。
道は良くなり傾斜も緩むが、もはやパワーの回復はムリ。
一時的に頑張ってみても、後が続かない。
高度が上がって景色も開けるが楽しむ余裕もなし。

辻堂分岐を通過。
ここからは平坦路も出てくる。
立ち漕ぎで加速したいが、腰を下ろした拍子にサドルがずれのが怖いのでほぼシッティング。

それから、ずいぶん長いことやっていた気がする工事は終了し、片側交互通行の信号も無くなっていた

スタートから19kmぐらいで1時間経過
とりあえず目標走行時間はクリアして一安心。
しかしパワーは既に225Wまでダウン。

更に進んで20kmちょうど、遂にサドルがガクンとずれる。

やむなく停車。TTごっこは中断
ボルトを締め直して再スタートするが、ポジションはデタラメ。
前上がり気味で違和感ありあり。

大台ケ原駐車場までのアップダウンは程々ペースで。
コースの細部は忘れているので、下りでリスク取りたくないし、上りもどんだけ頑張ればよいのか分からない。

というわけで3分の停車を挟んみ、1時間29分ちょうどでゴール。
平均出力211W。停車までの20kmは223W。

結局、神坂より落ちた。一人ではこんなものか?

Ca3d3482

お決まりの写真。

大台ケ原の駐車場は、さわやかな晴天。
靴があればこのまま山登りに行きたい

おやつで補給して、サドルの水平だし、ボトル給水、トイレを済ませたら下山開始。

で、ふとガーミンを見るとパワー表示が出ていない。
大迫ダムスタート時にバッテリ警告が出たのを思い出す。
その時は、経験からまだ持つと思ったが、よく考えるとそれはPowerTapの話。
Stagesでは初めてだった。
駐車場の売店は開店前。
仕方ないのでこの後の走行はパワー計無し。

気持ちよく下っていると、次々と自転車が上ってくる。
練習風とサイクリグ風が半々ぐらい。

で、走りながらこの後のことを考える。
もうちょっと練習して帰りたいが、伯母峰峠から下はもう走りたくないし、そこから上は緩斜面が多くてあまり頑張れる自信がない。
結局、途中ですれ違った明らかに大台ケ原HCの練習と思われるローディに刺激を受けて、レースコースの林道区間だけ上ることにする

林道に分岐して下り始めると、更に何人かとすれ違う。
皆さん頑張ってますね。

延々と続く急斜面に徐々に不安が募りつつ、上って来たときに激区間始点となるヘヤピンカーブに到着。
分岐から7.5kmほど。平均勾配10%。
Ca3d3485
この時点で少々後悔気味だが、仕方ないのでスタート。

無茶苦茶な急坂はないが、ちょっとキツイ坂が延々と続く
が、一昨年とちがってTTモードではないので多少気楽。
自転車も軽くなったし、淡々とペダルを回して何とかクリア。
この区間だけでは比較のしようがないけど参考タイムは38:09。

その後は最初に来た道を戻る。
Ca3d3487

途中ではサドルが再び緩んだり、狭隘区間で道幅いっぱいのバスがやってきて肝を冷やしたり。
観光シーズンなんで、練習に集中するならクルマが増える前に済ますか、クルマが少ない林道を上るのが正解。

国道トンネル区間を激下り、ダムに戻るとカンカン照りの灼熱地獄。
これ以上自転車で外を走る気は無いので、帰路につく。
11時過ぎ出発。

来た道を戻って、13時頃、あちこち山花さんによってランチ。
今日は本マグロどん(\800)。
Ca3d3489

土日限定の人気メニュー。
サイクリングの補給としてはボリュームが少ない(←ワタクシ基準ですが)ので今まで注文したことがなかったが、この機会に堪能。
ごちそうさまでした。

15時頃帰宅。

往路

2015_08_09_11

復路

2015_08_09_21

2015年8月 2日 (日)

朝練で獅子ヶ岳籠り

8月入り。
月末は乗鞍。
今更ジタバタしても大して変わらないと思うが、一応トレーニングモード。

猛暑続きなので土日とも朝練。

昨日、土曜日。
 土曜日の早起きは少々辛いが、ツールも終わったので頑張って4時半過ぎ起床の5:20頃出発。1時間ほどで獅子ヶ岳 小萩側林道入り口に到着。
リピート3本。

序盤の川沿いは涼しい(けど、急斜面はキツイ)。
最初のヘアピンカーブで川から離れるとムワッとくる。
やっと急坂区間を越えたと思うと、中盤は日向も現れて既に暑い。
藤越え林道分岐付近から最後の踏ん張り。ここからゴールまでに平均ワットを2~3W積み上げる。

そんな感じで、
・1本目 23:06 235W 平均心拍151
・2本目 23:25 232W 平均心拍151
・3本目 23:24 225W 平均心拍153

1本目から全開とはいかなかったが、そのおかげか、3本目まで落ち込み少な目で揃えられた。
3本目が2本目よりパワー低く、ほぼ同タイムなのは、おそらく脱水による軽量化の効果。

はっきりとは言えないが、冬場の調子に近い感じ?
気分は悪くない。
早起きした甲斐があったというもの。

なお、3本目ゴール後はそのまま駐車場まで。
・林道入り口~駐車場 39:29 197W(NP=216)

駐車場は当然ながら工事中。
でっかい工事車両が行き交っているので通り抜けは無理。

それと、小萩側の下の方(よく雨で崩れるところ)でも、法面工事中
以前からやっていたが、日曜休工なので、出くわしたのは初めて。
通行はできるが、8時前頃に工事車両が出勤してくるので注意

Ca3d3460
川沿いの急斜面。
日が照ってくる9時ぐらいまでは、頂上より涼しい。
コケがあるが、梅雨も明けて残っているのは道の中央付近だけなので特に問題ないと思う。

201508011
10時ごろ帰宅。

本日、日曜日。

今日も5:20頃出発。
薄曇りだがちょっと湿気が多い感じ。
山の上のほうはガスで見えない。

今日は麻加江側から。
旧中川小学校前信号スタート。
林道に入ると、所々、周囲の木が伐採されていて、拡幅工事の準備が進んでいる模様

調子のほうは、序盤は230W台後半で、2日連続の割に結構いけるかもと思ったが、やはり後半は徐々に垂れる。

途中、クルマに遭わなかったので休工かと思っていたが、駐車場に入ると既に工事関係者がいる。
とりあえず無視して登山口に向かうが、カラー舗装区間は土が積もってほぼダート状態 (lll゚Д゚)
前回もやや荒れ気味だったが、更に様変わり。
無理せず淡々と上るが、終盤の一番きついヘヤピンでイン側に行ってしまい、更に土も深くなって失速。

痛恨の足付きで、数メートルだけ押しが入る (。>0<。)
結局 32:56 231W でゴール。

Ca3d3462
旧登山口では、大型車両に作業員が乗り込んだりして準備中。
早々に退散。
ダートの急斜面はユルユルと下る。

Ca3d3464_2
問題のヘヤピンカーブ。
シクロクロスやってたらクリアできたかな?

駐車場はガスで展望ゼロ。
Ca3d3465


そうこうしていると、登山口からさっきの車両が下りてくる。
上で取った土を、東側のエリアの整地に利用している模様。
舗装路が土で埋まってしまったのも納得。
Ca3d3467_2

警備の人に恐縮しつつバリケードの横を通り抜け、小萩側へ。

この後どうするか迷ったが、小萩から駐車場まで1本上り返して終了。
ランチはあきらめた。

上り返しの結果、
~第二ピーク 23:54 224W 平均心拍 150
~駐車場 40:48 194W(NP=214W)

二日目にしてはそこそこの強度。
先週の反省から、昨日、朝練だけにして、昼・夕にご飯をしっかり食べてリカバリーに努めた成果か?

というわけで、今日も10時で終了。
201508021

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ