« 朝練で獅子ヶ岳籠り | トップページ | 8/11 リベンジ大台ケ原? »

2015年8月10日 (月)

8/9大台ケ原で朝練

昨日9日から連休入り。
しかし、今月は後半の遠征費確保の必要もあって特に予定なし。

せめてもということで昨日は大台ケ原でヒルクライム錬
大台ケ原HCに出るわけではないが、1000m級の坂で練習したいということで。

一昨年も同じ目的で行ったが、伊勢同様に暑かった反省から、今年はもう少し早めの4:30 3:30頃出発。
6時前に大迫ダムに到着。

今年は激坂回避と移動時間節約のためココから上る。
国道の長大トンネルがアレだが、早朝ならクルマも少ないだろうし、日が当たらなくて却っていいかもということで(結局、薄曇りだったのでありがたみは薄かった)。

自転車出して、ウォームアップに入之波温泉まで往復したのち、7時前にスタート
Ca3d3481

ルートラボによるとダムから大台ケ原駐車場まで 25.5km 1183m上昇。
終盤はアップダウン路になるので、少なくとも経ヶ峰付近(20km 1085m上昇)ぐらいまでは頑張りたいところ。

スタートすると、パワーメータのバッテリ残量が少ないとの警告が表示される。
しかし、以前もそこから1日ぐらいは持ちこたえたと思い、そのまま走り出す。

国道区間は平均233W。
先日のACA神坂で達成できなかった230W台を目標にしたがこの時点で既に脚がちょっと辛い。

大台ケ原ドライブウェイに分岐。
分岐から伯母峰峠までは、このコース中では比較的傾斜が大きく、且つ、狭隘、悪路面。
ポツポツとクルマに追い越されるが、稀に対向車もやってくるので注意。
パワーは徐々に落ちて230Wキープが困難になってくる。

更にサドル下からカラカラと異音。
これは前にも経験があって、おそらくサドルの固定用ボルトが振動で緩んでいる
サドルバッグが支えになって、いきなり外れることはないが、このタイミングでトラブルはショック (。>0<。) 
なんとか持ちこたえてほしいと祈る。

そんなこんなで伯母峰峠を通過。
道は良くなり傾斜も緩むが、もはやパワーの回復はムリ。
一時的に頑張ってみても、後が続かない。
高度が上がって景色も開けるが楽しむ余裕もなし。

辻堂分岐を通過。
ここからは平坦路も出てくる。
立ち漕ぎで加速したいが、腰を下ろした拍子にサドルがずれのが怖いのでほぼシッティング。

それから、ずいぶん長いことやっていた気がする工事は終了し、片側交互通行の信号も無くなっていた

スタートから19kmぐらいで1時間経過
とりあえず目標走行時間はクリアして一安心。
しかしパワーは既に225Wまでダウン。

更に進んで20kmちょうど、遂にサドルがガクンとずれる。

やむなく停車。TTごっこは中断
ボルトを締め直して再スタートするが、ポジションはデタラメ。
前上がり気味で違和感ありあり。

大台ケ原駐車場までのアップダウンは程々ペースで。
コースの細部は忘れているので、下りでリスク取りたくないし、上りもどんだけ頑張ればよいのか分からない。

というわけで3分の停車を挟んみ、1時間29分ちょうどでゴール。
平均出力211W。停車までの20kmは223W。

結局、神坂より落ちた。一人ではこんなものか?

Ca3d3482

お決まりの写真。

大台ケ原の駐車場は、さわやかな晴天。
靴があればこのまま山登りに行きたい

おやつで補給して、サドルの水平だし、ボトル給水、トイレを済ませたら下山開始。

で、ふとガーミンを見るとパワー表示が出ていない。
大迫ダムスタート時にバッテリ警告が出たのを思い出す。
その時は、経験からまだ持つと思ったが、よく考えるとそれはPowerTapの話。
Stagesでは初めてだった。
駐車場の売店は開店前。
仕方ないのでこの後の走行はパワー計無し。

気持ちよく下っていると、次々と自転車が上ってくる。
練習風とサイクリグ風が半々ぐらい。

で、走りながらこの後のことを考える。
もうちょっと練習して帰りたいが、伯母峰峠から下はもう走りたくないし、そこから上は緩斜面が多くてあまり頑張れる自信がない。
結局、途中ですれ違った明らかに大台ケ原HCの練習と思われるローディに刺激を受けて、レースコースの林道区間だけ上ることにする

林道に分岐して下り始めると、更に何人かとすれ違う。
皆さん頑張ってますね。

延々と続く急斜面に徐々に不安が募りつつ、上って来たときに激区間始点となるヘヤピンカーブに到着。
分岐から7.5kmほど。平均勾配10%。
Ca3d3485
この時点で少々後悔気味だが、仕方ないのでスタート。

無茶苦茶な急坂はないが、ちょっとキツイ坂が延々と続く
が、一昨年とちがってTTモードではないので多少気楽。
自転車も軽くなったし、淡々とペダルを回して何とかクリア。
この区間だけでは比較のしようがないけど参考タイムは38:09。

その後は最初に来た道を戻る。
Ca3d3487

途中ではサドルが再び緩んだり、狭隘区間で道幅いっぱいのバスがやってきて肝を冷やしたり。
観光シーズンなんで、練習に集中するならクルマが増える前に済ますか、クルマが少ない林道を上るのが正解。

国道トンネル区間を激下り、ダムに戻るとカンカン照りの灼熱地獄。
これ以上自転車で外を走る気は無いので、帰路につく。
11時過ぎ出発。

来た道を戻って、13時頃、あちこち山花さんによってランチ。
今日は本マグロどん(\800)。
Ca3d3489

土日限定の人気メニュー。
サイクリングの補給としてはボリュームが少ない(←ワタクシ基準ですが)ので今まで注文したことがなかったが、この機会に堪能。
ごちそうさまでした。

15時頃帰宅。

往路

2015_08_09_11

復路

2015_08_09_21

« 朝練で獅子ヶ岳籠り | トップページ | 8/11 リベンジ大台ケ原? »

サイクリング(長距離・遠征)」カテゴリの記事

時間計測記録」カテゴリの記事

コメント

 わいださん、こんにちは。
 大台ヶ原上ってたんですかー!
私の方は、ショップの朝練で獅子ヶ岳に
小萩からチャレンジ、後輪がスリップする
ので アメゴの里の看板までで引き返し
ました。 クライム中に 「ここは、わいださ
んと言いう方のホームコースらしいですよ。
」との話が出て、わいださんの話題で持
ち切りでした。
 お会いできないかなーと思ってましたが
大台ヶ原では、ムリでしたね。

カンパチさん、どうも。

小萩側にあめごの里の看板ってありましたっけ?
あめごの里経由で上る道は激坂らしいですけど、カンパチさんが小萩と間違えるはずはないし、そっちじゃないですよね?

 わいださん、おはようございます。

えーっと、小萩から上って一旦上がりきって
日の出の森登山口の前を下った、いわゆる
馬の背のちょうど底あたりから、セメントの
道が多分小川郷まで続いてると思われる
んですが、その合流地点に看板ありました。

あと、ジャイアントの方が、林道の駐車場
まで車で来て多分3往復以上してました。

カンパチさん、

了解です。
後輪スリップとあったので小萩の登りはじめのコケかと思ってました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/581777/62055938

この記事へのトラックバック一覧です: 8/9大台ケ原で朝練:

« 朝練で獅子ヶ岳籠り | トップページ | 8/11 リベンジ大台ケ原? »

フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ