« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月30日 (土)

暑過ぎの仁柿錬

この土日も、先週と同様に日曜日が怪しい。
ただ違うのは気温が高いこと。
今日は午前中から30度の予報。

明日は先週同様、気象庁の「雨が降る降る詐欺」になりそうな感じだが、当てにするのもキケンなので今日のうちに実走。
9時ごろ出発。

晴天だが、ヒルクライム練習にはあまり有難くない。
裏剣がもうちょっとマシな状況だったらそっちに行きたいところだが、迷った挙句飯南方面へ。

昨晩の体調から予想はついたが調子はいま一つ。
それに蒸し暑さが加わって更にパワーダウン。

ダラダラと桜峠を越えるが、この晴天下でどうにも相津峠に上る気になれず、第二案に変更。
日影のある仁柿峠へ方向転換。

1本目はR166分岐直後にある仁柿川の橋から計測開始。
向かい風だがパワー上がらず。
集落外れの峠道入口まで10分。
峠道からは日影もあってやや持ち直すものの相変わらず汗だくヨレヨレ。

結局 8.7km 23:08 223W (峠道区間 13:05)

峠で止まって、汗ダラダラでゼイゼイいっていると美杉側からローディ。
sakaiのGやんさん。
お連れを待つ間にしばらくお話しした後、先に下って行かれたお二人の後から自分もUターン。

こんな調子なのであまり乗り気でなかったが、峠リピートしてからあちこち山花さんへ行くといった手前、あまり早く切り上げるわけにもいかずリピート開始。

以降は峠道区間のみ、

2本目:13:10 221W
3本目:13:08 223W
4本目:13:36 213W
5本目:13:29 218W

4,5本目はアウターシッティングでプチ筋トレ(←というかTTモードばかりだと精神的に辛いので逃げた)。
パワーはショボイが予定本数だけはこなして終了。
1本目の時点ではそれすら怪しかったので、まあ良しとする。

Ca3d33951

しかし、とうか、やはりというか仁柿峠はクルマ、オートバイが多く落ち着かない。
伊勢からも遠いし、夏場の日影メインコースにする案は断念。
TTでヒイヒイ言っている最中にクルマに出くわすよりは、裏剣の水たまりでビチャビチャになるほうがましか...

とか考えながら、峠を下りて山花さんへ。
店に入るとマスターが開口一番「鈴鹿は明日だったねぇ」と先週の勘違いの反省の弁。

今日は、サカイランチでエネルギー補充。
Ca3d33961

ボリュームあるけど自転車乗り的には適正範囲。
前回同様、あっさり完食。
ごちそうさまでした。

帰路は、予報通り雲が出てきたので大台経由で。

相津の上りは、16:05 231W

相変わらず低目だが、サカイランチのパワーで本日の最高値を記録。

Ca3d33971

帰宅後、ガーミンのログを保存しようとしたら、なぜか失敗。
ガッカリ。

15053021

補給
 薄皮白あんパン x3  (白あんは胸焼けなし)
 アミノバイタルゼリーガッツギア x1
  サカイランチ

これだけ食べて、ランチについたジンジャエールも含めると3リットル近くの水を飲んだにもかかわらず、帰宅直後の体重は出発時からマイナス1.2kg。

5月からこの暑さ。
この先が思いやられる。

それから、下の写真は少し前から気になっていた度会のとある民家。

2015053011_2
ジロもいよいよ佳境。
なんかコンタドールが遅れているが、大丈夫か?

2015年5月24日 (日)

今日も偵察

今日は雨予報だったが、昨日の晩あたりから徐々に予報が変わり、今朝起きてみると雨マークがなくなり、外を見ると晴れ間も見える。

ローラーで済ます予定だったが、実走を優先したいので出かけることにする。

とはいえ、昨日の今日なので午前中はしんどく、ちょっと早めに昼食済ませて12時過ぎ出発。

遠くへ行く時間はないので、今週も例の場所を偵察。
今日は表側から。

23:35 226W
CANYONで上るのは初めてだが今日はこれくらいが精いっぱい。

で、2本目はスカスカ 25:14 207W。
とりあえず、上ったというだけ。

Ca3d33871

3本は無理なのでこれで終了。
帰路は全く脚に力が入らず、ヨレヨレで帰宅。
走行 76km

で、偵察の結果、出会ったのは、
・町の林道パトロールの軽トラ
・スクーター1台
・工事はしてなかったが、駐車場には風況調査会社のクルマが3台。

休工とはいえ交通量はある模様。

2015年5月23日 (土)

復調気味(?)の相津錬

この土日はこれまでとパターンが変わって、日曜日に天気が崩れる予報のため、今日が実走を頑張る日。
CANYONで9時前出発。

田丸~相可~丹生~桜峠経由で相津峠
途中はあまり気張らなかったが、GWからの疲労が取れてきたのかなんとなくパワーが出やすい感じ

例によって飯南側峠標識からスタート。
後のことを考えて控えめに入るつもりだったが、意外と踏めるのでそのままの勢いで。

14:59 253W

ギリギリ14分台(^^;
終盤の緩斜面まではもう少し余裕をもって15分きれそうな感じだったが、最後はやはり酸欠気味でペースが落ちた。

ダブルボトルの1本を東屋に置いて大台側へ。

上り返そうとしたところで、前方からローディ。
最近、相津峠の主と化してタイムをどんどん短縮しているヒロノブさん。

というわけで、一緒にスタート。
プレッシャーを感じつつ序盤から飛ばす。
おかげで、いつも1本目に目いっぱい行くと2本目ガタ落ちになるところが、かなり頑張れた。

17:37 242W

峠でしばらくお話ししてお別れ。
ありがとうございました。
鈴鹿と伊勢志摩HC、頑張ってください。

その後は予定通り、大台側を2本。

18:10 231W
18:29 229W

曇り空であまり暑くなかった(ダウンヒルはベストを着けないと肌寒いくらい)こともあり、そこそこ行けた感じ。

Ca3d3383

その後はお楽しみの、あちこち山花さんランチ。
あまり暑くないこともあり久々のビーフシチュー

Ca3d33841

牛肉高騰の影響で800円に値上げされたが、まだまだコスパ十分。
この時間は常連さんがポツポツという感じ。
何故か自分もマスターも明日が鈴鹿と勘違いして、雨の鈴鹿の話なんかをしながら頂く。

食後は、天気はまだ持ちそうなので相津に戻るかどうか迷うが、明日もあるしということで自重。

いつもと逆コースで、桜峠~文後トンネル~栃原~度会ふるさと農道~度会橋。

結局それなりに頑張ってしまい、度会橋ではヘロヘロ。

1505231
走行 130km。
ただし、山花さんから、文後トンネル下までガーミンのスタート忘れ。

補給
 薄皮つぶあんパンx4
  ビーフシチュー定食

つぶあんは、食べると胸焼けするようになって暫く避けていたので、久しぶり。
今日は、半分づつぐらいチビチビ食べたら胸焼けなしでいけた。
サイクリング以外で食べたいとは思わないが、疲れているときには、炭水化物の塊感が効く。

2015年5月17日 (日)

パンクデー

昨日、休養日にしたわり朝起きると右脚裏に微妙な筋肉痛。
なんじゃこりゃ?

調子はいまひとつがだが、そうも言ってられないので出掛ける。
ローラーはローラーでいいところがあるが、目標パワーやら持続時間に気を取られると、どうしても自分の都合のいい漕ぎ方に偏ってしまう。
いろんな状況に対応しようとすると、やはり実走で坂を上らないとということで。

今週も日曜日は快晴。西風やや強し。
相津錬にしようと思っていたが、この調子だと着くまでに疲れてしまいそうなので獅子ヶ岳へ。
自転車はCANYON。
いろいろいじったのでその確認と、今日からキシリウムを本格投入。

途中、旧厚生年金付近で、クルマでお出かけ中の影武茶さんに久しぶりに遭遇。
ブログで様子は知っていたが、お元気そうでそうでなにより。

獅子ヶ岳TTごっこは小萩側林道入り口スタート。

1本目:22:36 231W
GW中の前回より多少マシ?
しかし、相変わらず前半の急斜面で筋力を使ってしまいパワーが落ちる。

それと、以前に比べると落石が増えてきた。
先週の台風くずれの影響?

で、2本目は、その急坂の途中で後輪に違和感 ( ̄Д ̄;;
気のせいと思いたかったが、止まって確認すると、やはりパンク  ┐(´-`)┌
原因はつかめなかったが、とりあえずチューブ交換で対応。

ということで、このまま上るのもアレなので、戻って仕切り直し。
2本目:23:34 219W

さすがにモチベージョンが落ちた(筋力も?)。

3本目は更に落ちて、23:45 214W

で、ゴール後は止まらず、そのまま麻加江方面を偵察

今日も休工デシタ。
Ca3d3384

なお、小萩から駐車場までトータル 39:38 188W (NP 205W)。
めったに測らないので、前回どうだったか忘れたが、参考までに。
しかし、途中の下り区間は登山のクルマもいるので安全運転で。

この後はパターン通り。
気持ちよく、麻加江に下ってあちこち山花さんへ。
もう、このランチのために峠リピートのノルマを果たしている感じ。
13時過ぎに着いたが、まだまだ大賑わい。シェフの奥さんはもう帰りたいと言っているし、ワタクシが食べている途中にあらかた売り切れ。
で、今日はハンバーグ定食のラゴットソース版
Ca3d3386
普通のデミグラス味もいいけど、ラゴットソースもGOOD。
ごちそうさまでした。

帰りは、せっかくなので来た道を戻って久しぶりに麻加江から獅子ヶ岳を上ってみようかと走り出す。

が、これが失敗のもと。
片野の緩い下りで、小さな橋との境界の凸凹にまともに突っ込み、前輪パンク (。>0<。)
ちょっと甘く見過ぎた。

脇道の農道で修理。
CO2ボンベはもう一本あるが、交換用チューブは後輪に使ってしまったので、非常用パッチで対応。
ちょっと見つけるのに苦労したが、5mmはあろうかという見事なスネークバイト。
Ca3d3387

パッチ2枚でなんとか対応できたが、CO2を入れるときはヒヤヒヤ。

残るはパッチ1枚と、高圧入れるには少々頼りない携帯ポンプ。
さすがに、山に行くのはあきらめて直帰。

追い風に乗って、時々、1~2分のなんちゃってインターバルを入れて、一応練習した気分で帰宅。
201505171

帰宅後、顔を洗って、リカバリーの補給(ランチからあまり時間経っていないが、一応ね)やらを済ませて、自転車を仕舞おうとしたら、前輪がペコペコ  ( ̄Д ̄;;

危なかった~

やはり非常用パッチには穴が大きすぎたのかも。

それと、後輪のチューブにはごく小さな穴。
で、タイヤを調べると、2ミリぐらいの棘が刺さったまま。樹木の棘なのか石なのかは分からないが、こっちも危なかった。
分かってみると、パッチ対応するならこっちのチューブのほうがマシだったわけで、こういうちっちゃなパンク原因を現場でささっと見つけられるようにならないと...

というわけで、キシリウム本格投入初日は、付属していたチューブが前後ともゴミ箱行きという散々な結果
試乗車上がりでかなりくたびれた感じのチューブだったので、この機会に交換というのも悪くはないけど、気になるのはタイヤのイクシオン。マビックはタイヤホイールシステムとか言って売り込んでいるが、ワタクシ的には荒れ道練習に耐えられる耐パンク性がないと使えない。果たしてどうかなぁ?

最後に、今日は、今年初めて獅子ヶ岳(小萩側)で、練習で来た自転車乗りと遭遇
といっても例の獅子ヶ岳の主さんでしたが...
で、ワタクシに続いて、その方もパンクしてました...

というわけで、当面、獅子ヶ岳ではパンク注意。

2015年5月16日 (土)

難工事

今週はいろいろ疲労がたまり気味なのと、今日の土曜日が雨予報。
ということで、金曜の晩に少しローラーを回し、今日は日曜日に備えて休養という変則スケジュール。

7時過ぎに起きて、ツアー・オブ・カリフォルニアのライブを見てから朝食。
(ちなみに晩はジロ。これも疲労の原因の一つ)

その後はCANYONのメカいじり
先日、CAADのハンドルを下げたので、それに合わせてCANYONも ということで。

変更前。
Img_6959 Img_6960

コラムスペーサを全て抜いた状態だが、ヘッドチューブ長めのジオメトリなので、これでCAADのハンドルを下げる前と同じくらい。
これ以上下げようとすると厚みの薄いヘッドパーツへの交換が必要。

ところが、ULTIMATE CF のヘッド回りは、フォークコラム径が珍しい1-1/4インチだったり、ヘッドパーツがi-Lockという変った調整方法のもののだったり、トップキャップが無くて穴が開いていたり(←汗や鼻水がフォーク内に溜まる...) とかなり変則仕様。
少しばかり軽量だったり、i-Lockは便利だったりするが、何せ1-1/4インチというのが不便
このあたりのパーツは基本的にCANYONから買わないといけない(GIANTもあるらしいがよく知らない)。

というわけで、先日ドイツから到着した品物。
Img_6958

交換用のヘッドパーツ類と、穴のないトップキャップ(←結局必要なかったけど)、GP4000S-IIタイヤ(←パッケージのオバチャンが相変わらずコワイ)、サドルに付ける簡易ドロよけ。

GP4000S-IIは、ドイツつながりで日本や英国より安く、ちょうどGP4000Sの買い置きを使い切ったタイミングだったので。
CANYONからだとちっちゃなパーツを買うだけで結構な送料が掛かるが、タイヤが安いぶんで元が取れた。

ドロよけは使う機会があるかどうか分からないがついでに。

作業はコラムカットから。
スペーサ1枚残せる長さに決めて切断。
ここまではCAADの経験もあってスムーズ。

後は、プレッシャーアンカーを入れてステムを固定したら終了...

と思ったらきつくて途中までしか入らない...
フォークコラムの内径誤差?

で、ここから悪戦苦闘
無理やり押し込もうとして途中で失敗すると、抜くこともできなくなって進退窮まる恐れがあるので、いろいろなところをヤスリで削りまくり。
何とか差し込んだ後も、ボルト固定で苦労(←文章では説明しにくいので詳細は省略)。
午前中の予定が、終わってみると16時。延べ5時間近い大手術となった。

で、結果、
Img_6970 Img_6971

スッキリ。
でもトップキャップが普通になってちょっと寂しい気がしないでもない...

ちなみに、キンタナはワタクシと身長があまり変わらないが、ワンサイズ小さいフレームで、ステムももっと下向きのものにしてハンドルを下げている模様。
何でULTIMATE CFのヘッドチューブをコンフォート系バイクみたいに長くしたのかは謎。

まあ、オマエも小さいフレームにしろよ という意見もあるが、そこは見栄えを優先したといいうことで...

2015年5月10日 (日)

予定変更で急坂錬

6日の京都行き。
奈良からは平坦路で、終盤はユルユルのサイクリングペースだったので、帰宅後もそんなに疲れた感じはしなかった。

しかしGWの疲れはかなりたまっていたようで、翌7日(木)は全身ダルダル
金曜日もまだまだしんどく、インターバルで数分だけローラー回して終了。

で、昨日土曜日
そんなに悪い天気予報ではなかったので、出かける気満々で起床。
しかし朝食後に雨雲予想をチェックすると、しっかり雨雲がやってくる予想。
少なくとも山へ行く気になる天気ではないので、ローラー錬に変更。

例によって午前と午後の二部錬で計3時間弱。
しかし、まだ疲れが抜けていなくてパワーは上がらない。
L4低め(SST)とL3を適当にやって終了。

その後は、夕方にNHKチャリダー(伊勢志摩編)、晩にジロのライブストリーミングを見て就寝。

本日
なんとなくGWの続きっぽい休みもいよいよ最終日。

快晴。西風が強くなる予報だが敢えて相津峠方面に向かって8:00頃出発。
当然ながら更に脚は重い

向かい風もあって度会橋~文後トンネルが1時間20分近くかかる(155W)。

で、トンネルと過ぎたところで、富士見ヶ原のツツジが気になりだす。

ということで一旦R386に下り、桜峠を越えたところで林道に分岐。

富士見ヶ原までは 1.6km、175m上昇、平均10.9%の急坂(by Garmin)。
リヤ27Tの力を借りて何とか舗装路終点の駐車場に到着。ゼェゼェ...

しかし、花はまだまだ。
Ca3d3364

そういえば、去年もGWに行って早すぎたのを思い出す。
学習能力ないね ┐(´-`)┌

ということで、相津峠に...

は向かわず、ついでにココで練習していくことにする。
相津よりこっちのほうが日影が多く、また今日は短時間で上れる急坂で無理やり負荷をかけたほうがいいかもということで。
最初の上りも含めて5本。

1. 8:38 235W
2. 8:41 233W
3. 8:51 228W
4. 9:15 220W
5  9:02 223W

3本目まではオールシッティングで筋トレ。
4,5本目はかなり厳しかったが、何とかL4平均パワーをキープ。
4本目より5本目のほうがいいのは、これで最後だという気持ちの問題。

下りながら、烏岳をバックに。
Ca3d3366

周りからは鳥の声が聞こえて、坂のしんどさがなければ長閑ないい感じの道。
上り始めの急坂。
Ca3d3370

まだ微妙に濡れているので、ワタクシのぺダリングスキルでは立ち漕ぎするとすぐに後輪がスリップする。

富士見ヶ原を下りたら11時過ぎ。
ちょっと早いが、いったん休まないと後が続かないのでランチ。
あちこち山花さんへ。
今日は、奈良で食べられなかったカレー(ビーフカレー定食)。
Ca3d3371

のんびりと新緑を眺めつつ美味しく頂く。
Ca3d3372

ごちそうさまでした。

ランチ後は午後の部。
予定通り相津峠に向かうが、腹が落ち着くまでもうちょっと時間が欲しい感じ。

というこで、再び予定変更
もう少し平地を走るために、久しぶりに有間野浦谷林道に向かう。
愛好会(影武茶さんバージョン)サイクリングで行って以来。4年ぶり?

櫛田川右岸のK745から分岐し、集落を抜けたら林道に突入。
前半は川沿いの緩斜面で、後半が上り。傾斜は普通。
路面は少々荒れているところもあり、あくまで林道クオリティ。
記憶では日影が多い印象だったが、結構日当たがりよく、暑い。

20:21 204Wで登頂。
緩斜面が多かったのでパワーはこんなもの。
なお坂のスペックは 県道分岐から 6.1km 293mUp 4.8%(by Garmin)。

Ca3d3373

峠は、風が涼しい。
大台側は開けているが少々木が邪魔。

それより、峠の手前数百メートルぐらいに開けたところがあったので戻って確認。
Ca3d3374

以前は伐採されていなかったはず。
向かいは局ヶ岳と三峰山の間ぐらいか?

このあとは峠に戻って大台側にダウンヒル。

Ca3d3379

こっちのほうが急坂...

ということで試してみることにする (^^;

大台側林道基点から上り返し。峠まで3.1kmの表示。
Ca3d3380

スタート直後、脚が回りだす前からいきなりの急坂。キツイ...
リヤ27Tで、更に立ち漕ぎを入れつつエッチラオッチラ。
終盤は緩んでゴール。

14:56 216W (3.04km 257mUp 8.4%

前半は完全に坂に力負け。

大台側の路面は、そんなに悪くはないが、いきなりアスファルトが波打っているところも。
それと側溝の蓋は、裏返しやら隙間やら、何がしか罠があると思った方が無難。
メインの練習コースに組み込むほどではない感じ。

その後は川沿いを気持ちよく下って県道に合流。
三瀬谷からやっとこさ相津峠へ。
もう脚は残っていないが一応、当初の目的地ということで。

21:23 202W

峠が見える辺りまでは200W以下で、最後だけ辻褄合わせで頑張って、かろうじて200W台。

Ca3d3382

相津を下りたら直帰。
ヨレヨレのLSDペースながら、追い風に助けられて何とか無事帰宅。

201505101

また疲れをためてしまった...

いつの間にか富士ヒルまで1か月。
とりあえず一回疲れを抜いて、もうちょっと強度を上げていかないとマズイかも。

というわけで、ワタクシの春のプチロングライドシーズン終了?

2015年5月 6日 (水)

GWの観光地へ突入。しかし...

ワタクシのGW最終日
長らく輪行サイクリングをしていないので(たぶん去年はゼロ)、やり方を忘れないようにということで、輪行付き観光サイククリングにする。

行先は奈良・京都方面
6:30出発。

奈良へのルートはいろいろあるが、R368かR166か迷いつつ西進(R156とR163は交通量多めなのではじめから除外)。
で、結局、R368を選択。
名張経由で大和高原を越えるルート。

純サイクリングモードなので程々ペース。
仁柿峠の上りも200W前後、L3を超えない程度でクリア。

毎度の鶯の湧水で最初の給水。
Img_6915

美杉の道の駅でトイレに行こうとしたら、清掃中。
伊勢奥津の駅まで我慢することにする。

恒例の多気の鯉のぼり
この辺を通ったブロガーさんはたいていチェックしているので、ワタクシも。
Img_6917

飼坂トンネル越えて、伊勢奥津駅。
Img_6918

御杖の道の駅の前を右折したら、序盤の山場をクリア。
出発から比奈知ダムまで3時間ちょっと。
大体予定通り。
Img_6919


R165を渡ったらR368から別れ、名張川沿いを走り奈良県(山添村)に再突入。
一年前のどて焼きライドでも通った、吉田公民館
Img_6920


今日はこの後のR25突き当たりで逆方向へ曲がり山添村中心部へ。

ここから奈良市内まで未走区間。
しかし、ならクルのルートになっているので標識が頼りになる(なくても難しくないが)。
Img_6921

T-4コースとは、(旧)ツアーオブジャパンコース。
イヤになるようなアップダウンの連続
序盤は元気だった脚も、このあたりでスカスカ。

布目ダムからの比較的長いダラダラ上りをクリアし(こういう時はある程度長い上りのほうが走りやすい)、水間トンネル、鉢伏峠を越えると、奈良盆地まで急降下。

この辺りになると、自転車乗りも多い。
やがて、奈良市街が見えてくる。
Img_6925

下りきったら12時前。
ということで、本日の目的地、有名なカレー屋、まんま亭に向かう。
事前にホームページでみた、ハンバーグカレーが楽しみ...

が、しかし、しばらく道に迷ったあと、なんとかお店を見つけると、

Img_6928

なんじゃこりゃ?
パッと見、30台はあろうかというロードバイク(写真に写っていない店の横にもギッシリ駐輪)。
外で待っている人によると、予約の団体客が入ったばかりで、少なくとも1時間待ちの状態。
そして、暗くてよく分からないが、店内は自転車乗りでぎゅうぎゅう詰め状態の模様。

さすがにアホらしいので、せっかく来たけど入店は断念
1時間も待つ余裕はないし、入れたとしても落ち着いて食べられる気がしない。

まあ、GWに観光地の有名店を目指した自分が浅はかだったということで...

というわけで、まんま亭をパスしたら、もともと市内観光の予定はないので早々に退散。

一応、これが奈良らしい唯一の写真。
Img_6926
道迷い中に撮影。

というわけで、第二の目的地、京都嵐山を目指して北上。
が、その前に腹ごしらえ。
だが、食べるものはもうどうでもよくなったのでコンビニで済ます。
しかも、個人的にキライなのでほとんどやらいない、店の前(横)での立ち(座り)食い。
Img_6929

で、食べながら、行先に迷いが出る。
人の多い観光地でゲッソリしたあと、更に別の観光地を目指すというのは如何なものか?
いっそのことこのまま自走で帰ろうか?
R163ならそんなに厳しくないかも。ダメなら途中から輪行に逃げられるし...

とか迷っているうちに、木津川サイクリングロード(八幡木津自転車道線)入り口に到着。
これを終点まで走れば嵐山。
Img_6930

で、しばし考えた後、結局、サイクリングロードに突入。
自走直帰だと日は暮れるだろうし、苦しくなって中途半端に輪行に切り替えるよりは、当初の目的を果たしたほうが気分的によいだろうということで。

サイクリングロードの前半は交通量も少なく快走路。
時々、堤防下に迂回させられることはあるが、こんな感じの道が続く。
Img_6931

橋との交差は、基本的に下をくぐるので止まる必要もない。

途中にある、流れ橋
Img_6935
今は、ホントに流れて橋脚のみ。

なお、ココに来るのは2回目。4年ぶり
前回はちゃんと橋があった。
Ca3d2230

その時のルート(タイトル間違えてますね(^^; 2011が正解)。

というわけで、サイクリングロード入口からココまで、ややトレーンングモードでやって来たが、このあたりから交通量が増え、ペースを落とさざるを得なくなる


また、所々コースが分かりにくいところが出てきて、なんとなく他の自転車が走っている方向に向かうと実はコースを外れていたりすることも ┐(´-`)┌

そして、いよいよ嵐山が近づくとコース上はカオス状態
自転車はママチャリが増え、歩行者(犬の散歩含む)、道沿いの公園利用者など。

嵐山目前では、よそ見しながら自転車で併走してやってくる外国人!
横のダートにコースアウトしてかろうじて正面衝突を回避 \(*`∧´)/

こだわりがなければ無理にサイクリングロードを走らないほうがいいかも。

なんとか無事に嵐山到着。

Img_6937

で、当然ながら人いっぱい。
というわけで、トイレによって写真取ったら早々に退散。
単にサイクリングロードの終点ということで目的地にしただけなので、ほかに用は無い。

嵐山から京都駅までも、慣れない街中走。
結果的には迷わなかったが、途中、自身が無くなり地元の人に尋ねること2回。
なんとか駅にたどり着く。

久しぶりの輪行パッキングも比較的スムーズに完了。
予定より早い近鉄特急で、19時前伊勢市駅着。

201505061

ガーミンのログに残っている走行距離は185km。
ただし、京都市内で記録のスタート忘れあり。

今回もルートラボに入れてみた。ただしサイクリングコースはかなりいい加減。

 

というわけで、残念ながら入れなかったまんま亭。
事前のイメージではアットホームな店という感じだったが、あれだけのキャパを見ると果たしてどうだったのか?

奈良は遠いとっても、片道なら普段の練習で走る量とたいして変わらない。
またいつかリベンジするよ

2015年5月 5日 (火)

連休中、獅子ヶ岳とか剣峠とか

先日、連休初日の記事を書いたと思ったら、早くも終盤。
その後の4日分をまとめて

5/2(土)
休養日。夕方、リカバリーで市内を20km程。

5/3(日)
曇り空。雨の心配無きにしも非ずということで遠出は避けて獅子ヶ岳錬
小萩側(林道始点~第二ピーク)3本。

1本目 23:34 227W

最初から230Wにも届かず (。>0<。)
回復力ないので200km走の疲れは中1日では取れない。

しかし、一応予定通り続行。
2本目 23:57 224W
3本目 24:28 221W

なんとか220W台キープ。
低値安定といったところ。

静かなピーク。
Ca3d3347

今日は林業も休みなので、途中で見かけたのは登山(?)のクルマ一台だけ。

そういえば、1日の水呑峠ライドでは、200km走って一人も自転車乗りを見かけなかったのを思い出す。
一応平日とはいえGW期間中とは思えない田舎ぶり。

で、休みといえば、今日はさすがにアレも休みだろうということで...
行ってみる。

 

 

久しぶりの展望駐車場からの景色 (^^;
Ca3d3349


当然、工事は休み。

Ca3d3350

以前からあった放置自動車は更に酷い状態になりつつ置かれたまま。
勝手に撤去するわけにもいかないということか。

この後は、麻加江に向かって下り。
路面は良好。通行止め以前より走り易いくらいで、ちょっと悔しい。

Ca3d3357
下の方に行くと、所々、こんな札が掛かっていたが、まだ未着工。
林道入り口まで快適にダウンヒル。

先日から通行止め突破の常習犯みたいなってしまったが、今日は休工が確実で危険もないと予測できたということでご勘弁を (^^;

この後は、通行止め以前の獅子ヶ岳錬のパターンにのっとって、あちこち山花さんへ。
今日は、先日、マグロ塩焼きに気が変わる前に考えていた豚味噌焼き定食
(ケータイの充電忘れで、バッテリ残量が心配なため写真無し)
ごちそうさまでした。

帰路は相津峠経由。

16:39 231W

やや復活。
それにしても獅子ヶ岳に比べて、相津峠飯南側のなんと走りやすいこと
序盤、中盤、終盤で傾斜変化はあるが、短い緩急変化は少ないのでペースが掴み易い。

Ca3d3358


その後は直帰。
宮川橋まで戻ったところで、連休開始から350km走行でとうとう自転車乗りを見かける

と思ったら、先日も山花さんでお会いしたsakaiのメーテルさんデシタ w(゚o゚)w
世間は狭い。

201505031
走行 148km

5/4(月)
雨が降ったりやんだり。ローラーで1時間ほどリカバリー。

その他は、CAAD9のハンドル回りをいじる。
CANYON導入をきっかけに、今さらながらハンドル高さの見直し中

で昨日はコラムスペーサを全て抜いて、一気に15mm下げたら、下ハンがちょっと厳しく、獅子ヶ岳のダウンヒルで首が痛くなった。

ということで、スペーサ1個分(5mm)戻し、ついでにフォークコラムをカット
退路を断つつもりだったが、直前で心配になり、結局、スペーサをもう1個追加できる長さに日和る。

Img_6891
でも、前よりは多少スッキリ。

5/5(火)
快晴。
しかしちょっと風が強い。
それとできれば6日も走れる脚を残しておきたい。

ということで、あまり走行距離が長くならないように坂練習。
久々に剣峠(表)リピート

1本目 13:01 240W
2本目 13:24 230W
3本目 13:41 222W
4本目 13:46 219W
5本目 13:51 220W

今日も低値安定。
これでもかなり頑張った結果。

予定の5本が済んだら、南伊勢側に下り。
相変わらず流水多し。

ランチはぽけっとのミックスサンド
ちょうど12時ぐらいで混み気味だったが、タイミングよく2人席が空いていたので待たずに済んだ。

最後は帰りの裏剣。
気持ち重めのギヤを踏んで 16:05 225W

峠道~高麗広は新緑がキレイ。
今日は、さすがに数名の自転車乗りを見かけた。
ただし、それにも増してクルマが多かったのは難点。

それと、木の枝ら下りてくる尺取虫!
帰宅後にチェックしたらウェアに4,5匹付着 ┐(´-`)┌

201505051

走行 92km

2015年5月 1日 (金)

連休初日はプチアドベンチャー

今日から6連休
後半は天気予報が怪しく、また、先日の記事で予定なしと書いた後に用事が入ったりで、走れるうちに早めに走っておこうと初日からロング。

いくつか案を考えた中で、雨が降る前に行った方がよかろうということで、大台から海山にぬける水呑峠越えを選択。
この道(K603)、災害被害で長らく通行止めだったが、一昨年だか去年だかに工事が終わり、ブログ仲間も何名か走行済み(ネットには開通前から強行突破した人の情報も見受けられるが)。

とうわけで、遅まきながらワタクシも、
ということで7時半ごろ出発。
さわやかな好天。

宮川ダムまでは一応トレーニングモード
度会橋からテンポ走ペースで。
途中、大台の咳の谷公園でボトル給水。
Img_6836


度会橋~宮川ダム 66.3km 2:13  188W (NP195W)

Img_6837

ダムは工事中。

ここから、サイクリングモード
新緑がきれいなダム湖沿いをのんびり...

と思ったら、やたらとダンプが対向してくる ( ´・ω・`)
さらに、沿道には海山方面通行止めの表示。
なんか嫌な予感がしつつ、吊り橋に到着。
Img_6838

ここまで、ダンプ5,6台とすれ違い。
で、K603方面はというと、
Img_6839

維持管理工事で通行止め?
でも、4月23日までと書いてあるが?
では、ダンプは何?

どうも最新状況のリサーチが足りなかった模様。
よく分からないまましばらく考えていると、更に1台ダンプが通過。

結局、峠道の工事にこんなにダンプを使うとも思えないし、とりあえず行ってみようということで突入。

細かな落石に注意しつつ進んでいるとまたダンプ。
交通弱者優先を主張できる立場ではないので、道の端に止まってすれ違い。
2km進んだところで、河原で重機が作業中。
どうやらダンプはコレの土砂運搬用だった模様。

更に進んで、通行止めとされている5km付近。
再び車両通行止めの看板。

Img_6843

車両通行止なら、自転車押し歩き(歩行者)ならいけるんじゃ...
と思って、先を見ると、アレ?

Img_6845

何じゃこりゃ?
これを「工事中」というの? 

で、ちょっと考えた末、

Img_6846
ワープ (^^;

再び崩れたら一巻の終わりなので危険個所からはサッサと退散。
その後は本格的な峠上り。
ここまでと打って変わって路面は良好で走りやすい。
あのガケ崩れだけが惜しまれる。

どれくらい上るのか分からないので、のんびりペースで進んでいくと、景色が開けてくる。
Img_6851
なかなかいい感じ。
しかし、向かいに見える山肌もそのうち崩れそう。
そうすると、その下をと通っているいる道も...

さらに上って、峠の近く。

Img_6859
いいですね。

振り返るとコレですが...
Img_6858



というわけで、頂上の水呑トンネルに到着。
Img_6861

海山側。
Img_6865

こっちは「落石を防止する工事をしています」...

下り始めて直ぐ、ちょっと景色が開けた場所。
写真では分かりにくいが、海が見える ;:゙;`(゚∀゚)`;:゙
Img_6868
大台を走った向こうに海とは...
ちょっと感動。

海山側の道もまずます。
Img_6877


Img_6881
新緑が美しい。
いい季節。

気持ちよく下って峠道区間を抜けたら、川沿いの緩やかな下り。
最初は気持ちよかったが、途中から向かい風。
距離も結構あってやや飽きてきたころR42に合流。

ここから引き返し。
本日の第二目的地は、紀伊長島駅前の万両寿司
Img_6886

ここのさんま寿司が美味ということで、
Img_6885

さんま寿司食べ比べ(\520)を注文。
いや美味しかったデス。

しかし、途中補給はしたものの100km以上走行後にこれだけでは少々物足りない。
ということで、食べ比べて、どちらかというと好みだった焼きさんま寿司の単品を追加注文。
半分はその場で頂き、残りは持ち帰り。
ごちそうさまでした。

食べ終わって、店を出るとき、これから何処に行くのか聞かれたので、伊勢に帰ると答えると、最近、松阪や伊勢から練習でやってきて来店する自転車乗りによく世話になっているとのことデシタ。

食後の帰路は南伊勢回りで。
一応、トレーニングモードに戻るが、アップダウンが多いので、上りで(チョット)頑張り、下りでしっかり休むというパターン。

錦から紀勢南島トンネル越え。
トンネルを抜けた先は新道でダウンヒル(懐かしいZ坂は封鎖)。
その後もトンネルとアップダウンに辟易しつつ、村山から藤坂に向かって左折...

と思ったら、何か変。
かなり進んだところでやっと間違いに気づく。
大紀南島林道に向かっていた。

暑さでボケてた模様。

大紀南島林道だと越えた後もまた峠越え。
今日はそんな気分では無いので引き返し。
改めて、本日の第三目標、藤坂峠へ向かって登坂開始。

水呑峠は完全なサイクリングペースだったので、今日唯一の峠TT。
しかしヨレヨレ 28:37 216W

Img_6888

峠からの景色は今日もGOOD。
南風が涼しくてキモチイイ。
ここで景色を見ながら弁当。
Img_6890

さっきの持ち帰りの焼きさんま寿司。
バックポケットに入れていたのでちょっと偏ってしまったが味は問題なし。
ウマ~

しかし、ほぼいつも通れる藤坂峠(K46)よりも、めったに通れない水呑峠(K603)のほうが断然路面がよかったのはちょっと複雑な気分。
K46ももうちょっと何とかなりませんかね?

その後は、藤集落のはずれの湧水で給水後、度会橋まで運良く(?)無停止。
先週ほど風向きはよくなかったが何とか持ちこたえた。

宮川橋を渡ったところで走行距離を確認すると200kmまで微妙。
ちょっとだけ遠回りで帰宅。
201505011

予定外だが、道を間違えたおかげで今年初めての200km走

久々にルートラボも入れてみた。

こっちが本来の予定コース。

補給
 万両寿司 さんま寿司食べ比べ + 焼きさんま寿司
 トップバリュー 塩豆大福 5個(139kcak/個)
 CCDドリンク 500cc分 (170kcal)
  トップバリュー スポーツドリンク(菰野HC賞品) 500cc分 (75kcal)
 
給水
 咳の谷公園湧水、万両寿司、藤集落湧水

今日もコンビニ、自販機要らず (^^;

K603 水呑峠は、まともに通れればすごく楽しいサイクリングコース。
でもそんな日が来るのだろうか?

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ