« 4/12 伊吹山HC参加記録(その1) | トップページ | 二部錬 »

2015年4月18日 (土)

4/12 伊吹山HC参加記録(その2)

今日は穏やかな天気。
だが、たまった仕事の片づけのため残念ながら自転車は無し。

なので晩は落ち着いて伊吹山HCの続き書き。

ゴール後は、ゼーゼー言いながらガーミンの時計を止めて降車。
目標タイムは決めてなかったので特に時間は確認せず。

ショートコースだと車道で荷物受取りや下山待機を行うので大混雑。
下山荷物は半ば山になって置かれていていたが、運よく割と手前側にあって5分ぐらいで発見。
Img_6801

補給&着替えをしている最中は、ACAにも参加されているベテランクライマーGさんと少々お話。
Gさんは雨でも晴れでも下山は上下雨合羽。徹底している。

その後、見知らぬ参加者のひとと撮影し合ったりして下山開始。
Img_6808


時々見える下界の風景をチェックしながら気持ちよく下れた。
(今年はパンク、故障車はともかく、事故は見なかったような気がするが、無事、無事故イベント達成できたんだろうか?

会場に戻り、土産の関ヶ原せんべいを買って出展ブースで時間を潰している間にリザルト発表。
ごった返していて近くに寄れなかったが、リストの一番上に自分の名前があるのを確認!
心の中でガッツポーズ(人混みの中なので控えめに ┗(`・∀・´)ヨッシャ! ) 

タイムは33:59秒。

同じくショートコースだった2012年からは、5分半短縮。
去年(ロングコース)のおおよその通過タイムからは、1分半ぐらいだろうか。

いつものように、後にして思うともう少し頑張れなかったかという気がするが、たぶん今の力通りの結果。

2位はOさんで、今回もきわどく5秒差...
他には常連入賞者sakaiのアタゴさんが5位。

リザルトを確認して、芝生のベンチに座って前クラスの表彰式が進んでいるのを待っていると、Oさんに気付く。
今回は表彰式開始まで比較的ユックリお話しできた。

同一スタートグループだったが、少し後ろ目からスタートされ先導オートバイは時々見えていたらしい。
個人的には、途中弱気になる瞬間もあったので、菰野の時のように競い合えたほうが、勝負はどっちに転んだかわからないが、がんばれたかも。
強豪さんたちがマスドスタートのグロスタイム方式を好む(傾向があると思う)のが少々分かってきた感じ。

なかなか機会がなかったけれど、何時か帰省に自転車持って帰って地元の山でお手合わせお願いしたいデスネ。
それから、現時点で決定済みの予定では、次回はJCA乗鞍が一緒。
ワタクシにとっては、春の菰野・伊吹山に次ぐ今年のメインレースの位置付け。
また気合を入れ直さないと...


表彰式は今回もあっさり目。
呼ばれてステージに上ったらすぐに表彰と副賞の授与。


表彰式後はOさん、アタゴさんにご挨拶してお別れ。
その後、フタイさんが来られて祝福して頂く。
ありがとうございました。

P4120024
表彰式の様子(by フタイさん)


フタイさんとお別れしたら退散。
今日も副賞の荷物を駐車場まで運ぶ必要があるが、今回は受付けで貰った書類や参加賞が入ったナップサック状の袋がある。
これに副賞を詰めて下山リュックと一緒に背負い、親亀・子亀・孫亀状態で無事移動完了。

クルマに戻ったら片付けと、持ってきた食料で補給して直帰。
帰路は高速代をケチって津で降りたら、その後の中勢・南勢バイパスが結構混雑。
休憩入れて3時間近くかかってしまった。

前にも書いたが、最近は伊吹山HCの終了が自分的には冬の終わり
去年の菰野でのレース初入賞&表彰台は、個人的には、一生ないんじゃないかと思えるほどの出来事だったが、今年も、機材の力や、運にも恵まれてそれに匹敵する結果が出せた。

参加者の皆さんお疲れ様でした。
運営スタッフ、関係者の皆さんありがとうございました。

« 4/12 伊吹山HC参加記録(その1) | トップページ | 二部錬 »

イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/581777/61459052

この記事へのトラックバック一覧です: 4/12 伊吹山HC参加記録(その2):

« 4/12 伊吹山HC参加記録(その1) | トップページ | 二部錬 »

フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ