« 菰野ヒルクライムは今年も雨 | トップページ | 3/29 菰野ヒルクライム参加記録(その2) »

2015年3月31日 (火)

3/29 菰野ヒルクライム参加記録(その1)

菰野ヒルクライムの参加記録。
今年は(今年も?)ほとんど写真無しです。


前日、28日土曜日
翌日雨が降るとは思えないサイクリング日和。
ちょっと用事があって、また、実走だと走り過ぎてしまいそうなためローラーで調整。
30分ほど軽く回し、途中一瞬だけ強度を上げて終了。

その後は、持っていくものの準備。雨準備はめんどくさい。

今回特に気を付けたのはStages Powerの防水
広告ではバッチリ防水仕様とうたっているが、ネット上には電池の蓋から浸水したという報告がチラホラ。
実際、ちょっと心許ない見た目。
初戦で壊すとあまりにも悲しいので、蓋のOリングをグリスアップし、更に気休めに蓋の上からガムテープを張り付け。
テープの隙間はあるので水は入るが、水飛沫の直噴は避けられるかもということで。

普通に食事して、22時ごろ就寝。


29日、当日
例によってあまり寝付けず、4時過ぎ起床。
軽く食べて4:40頃出発。
中勢バイパスが開通したので津から高速に乗る。
亀山パーキングで軽く軽量化して、鈴鹿で降り、R306で菰野入り。

駐車場は、ネットで公開されていたマップを参考にして、会場から一番遠いB&Gセンターを選択。
どうせ近いところは前半スタート組で埋まっているだろうし、下山後は雨と考えるとアスファルト路面の場所がよいかということで。

結果、これで正解だった感じ。
6:10頃到着すると、まだ空いていたので、屋根付き駐輪場の横のエリアに駐車(←帰りの片付けが、屋根の下で落ち着いてできたのでヨカッタ)。

自転車を出し、受付けと荷物預けに会場に行ったら、今日も多度山さんと遭遇。お久しぶりです。

駐車場に戻ったらローラーでアップ。
睡眠不足のせいで、レース前のアップはいつも心拍高めになるが、今日はなかなか上がらない。
160弱まで行ったところであきらめて終了。
約30分。これだけのために車に積んで、セッティングしてとか結構大変。

汗で濡れたアンダーを着替え、ローラーを仕舞って8:00頃会場へ向かう。
集合15分前。今年は遅刻なし。

ウエアは
 半そでアンダー+薄手腹巻
 トランスフォーマジャケット(袖外し)
 アームウォーマ
 レーパン+薄手タイツ
 秋春用指長グローブ

開会式は、おんたけHC、GF吉野で一緒になったTさんや、多度山さんと話をしながら。
しかし、ちょっと寒い。
ウィンドブレーカ、ベストの類を持って来なかったのを後悔。

開会式が終わって、スタート地点への移動開始を待っていると、雨がポツポツ ( ̄Д ̄;;
レース中は持ちこたえると期待していたので、ちょっとガックリ。
が、今更どうしようもない。

スタート地点への移動で脚をまわして少しだけ再ウォームアップ。
着くとEdge500の電源が落ちていて焦る。
スタートボタン押し忘れて、オートパワーオフしていた模様。
まだ十分使い慣れていないので、普段と状況が変わるとミスが出てくる。
再起動してパワーメータのキャリブレーションをしたりしているうちにスタート時間が迫る。

スタートは例年通り15人ずつ時間差で。
自分は2組目の後方。

いよいよスタート
クリートキャッチもスムーズに決まり、計測開始ラインを通過。
徐々に加速して、250~260Wくらいを目安に上げる。
先週の獅子ヶ岳を基準にするとややオーバーペース気味だが、レース効果を期待。
しかし、結局、徐々に落ちつくべき平均パワー値に落ち着く。

スタート後は、ひたすら(というほど多くないけど)前走者をパス。
その後、同クラス選手をほとんど見なくなった頃、前方に一人発見。

時々後ろを気にしながら余裕(?)の走り。強そうな雰囲気。
徐々に間を詰めてパス。

それから少し行くと、Sakaiさんの応援団。
声援をくれて、トップであること知らせてくれる。
これでやる気も盛り上がり、ありがたかった。

その後は自分のペースで上り続けるが、その間、時々後ろに付かれている気配を感じる。
さっきの選手かと思いつつ、確認する余裕もなく後半の九十九折れへ。

すると、後ろで加速する気配。
一気にパスされる。
しかし、こんな時にアタックに付いてく力はない(そんな練習もしてないし....)ので自分のペースで走っていると、また差が詰まって再び抜き返し。

そんなのを更に1,2回繰り返しているうちに、相手の自転車がドグマと気付き(←今頃? 観察力ないね)、去年の比叡山で負けたOさんかもと思いだす。
記憶が曖昧で、サングラスもあるので自信はなかったが、それなら強いわけだと納得。

そんなこんなで、自分が前でラスト100m。
しばらく気配を感じなかったので、もしかしたら振り切れたのかも思っていたが甘かった。
最後のコーナーでパスされ、脚はパンパンでリカバリーする距離も残っていないのでそのままゴール

自己計測タイムは29分30秒台。
最後に差されたのはクヤシイが、ネットタイムの順位はわからないし、目標の30分切りはできたようなのでホッとする。

というわけで、一旦切ります。

下はSakaiさんに撮って頂いたレース中の写真
20150330161910938
やはりピッタリ後ろでに付かれてますね。

« 菰野ヒルクライムは今年も雨 | トップページ | 3/29 菰野ヒルクライム参加記録(その2) »

イベント」カテゴリの記事

コメント

優勝おめでとうございます。
自分のタイムを確認した後、目線を上の方に動かしていくと、
わいださんのお名前が最上部に!
思わず「おおっ」と声が出てしまいました。
すっかり手の届かない所に行かれちゃいましたが、少しでも
差を縮められるよう、私も頑張ろうかと思います。

フタイさん、
ありがとうございます。

まだまだ上には上がいますし、手が届かないってことはないですよ ^^;
また、伊吹山やACA行事でもよろしくお願いします。

先日お話しした、GF吉野の試走会のページです。
http://www.nara-cycling.org/granfondo/gf-test-run/
第1回は伊吹山と被るのでアレですが、第2回、第3回の募集はこれからみたいですね。
ご参考まで。

試走会情報ありがとうございます。
4月12日は伊吹山、5月24日はACAの琵琶湖若狭とダブってますが、
6月7日は参加出来そうです。
どうせならロングの方が楽しそうですから試走会予定に入れておきます。

フタイさん、
もうひとつ。蛇足かもしれませんが、
6月の試走会ということは、既に本番の申し込みは始まっているハズなので、
申し込み時は、試走会前で参加資格が確定していないが、ロングにエントリーするつもりの場合はどうすればよいか協会に確認しておいた方が良いかもしれません。

私はこの時期はヒルクライム大会の狭間になるので、今年の吉野はパスの予定です。
参加されたら楽しんできてください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/581777/61363861

この記事へのトラックバック一覧です: 3/29 菰野ヒルクライム参加記録(その1):

« 菰野ヒルクライムは今年も雨 | トップページ | 3/29 菰野ヒルクライム参加記録(その2) »

フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ