« 8月の〆、獅子ヶ岳3本錬もこれで最後? | トップページ | ’14年 第二次乗鞍遠征(後篇) »

2014年9月 9日 (火)

’14年 第二次乗鞍遠征(前編)

いろいろあって「無事帰還」記事を書きそびれたが、
7日の日曜日にJCAのマウンテンサイクリングin乗鞍に参加してきましたよ。

今年参加予定のヒルクライムレースとしてはとしては、一応この大会が最終戦。
しかし、ACAと合わせて2週間で2回も乗鞍へ行くのは個人的にはやり過ぎ感あり。
3月の段階でACAへの参加を決意していたら見送っていたかも。

とはいえ、はるばる伊勢から参加するからには悔いのないようにしたいところ。

前日受付のため6日(土)8:00頃出発
2週間前と同様、木祖村の藪原から境峠を越えて乗鞍スーパー林道で現地入り。
乗鞍高原に近づくと、早速、白樺峠に向かって練習中の多度山さんと遭遇。
今回もよろしくお願いします。

その後、高原内に入り一の瀬園地の駐車場へクルマを止めて自転車で観光センター入り。
今年もマトリックス安原監督のヒルクライム講座をやっていた。
Img_6383

内容は去年と同じような話が多かったかな。
冷戦後、世界中に拡散して読まれている旧東ドイツのトレーニング本によると、ヒルクライムでは「大きく乗る」のがコツだとか。
力んで上体が縮こまらないようにゆったりと、ペダルを大きく回し、呼吸も大きくとかいうことらしい。

受付を済ませてたら出展ブースを一回りするが、特に今買うものもないので引き上げる。
その後、スーパー林道方面で少しだけ調整走。

Img_6389

伊勢からの道中はかなり蒸し暑かったが(多治見とか)、標高1500m以上になるとさすがに涼しく気持ちいい 

Img_6391
明日も上天気なら文句ないが、どうも無理そうな感じ。
乗鞍岳に向かってせめて走行中は雨に遭わずに済むことを祈る (-人ー)

Img_6396
調整走の後は公園内を少しだけ散歩して宿に向かう。
宿泊地は去年と同じ奈川の宿
再びスーパー林道を下る。

去年は輪行者向けプランで宿の車で送迎してもらったのであまり気にならなかったが、自分で運転すると結構遠く感じた。
17時頃チェックインして、家に連絡を入れると、伊勢では土砂降りと雷で奥さん子供ともに出先で足止め食らっているとのこと。

しかし、ここからでは如何ともし難いので風呂と食事にする(^^;
去年のとうじ蕎麦がよかったので、今年もと思っていたらメニューが変わっていて今年は蕎麦はなし。
別メニューも悪くはなかったが、ちょと残念 ( ´・ω・`)
Ca3d3010

会場までスーパー林道使ってもそんなに時間短縮にならないし、来年の宿泊地は見直しが必要かも。

食事が終わって部屋に戻ると雨が降り出す
ほぼ予報通りだし、もう慣れっこになったので気にしない。

寝るまでテレビを見ながら、イベントガイドブックをチェック。
自分の参加クラスは、今年はまだ40代クラス。
若者扱い(?)してくれるのはいいけど、参加者1300人以上の大激戦クラス ┐(´-`)┌
次が50代の700人台なので、ダントツの突出ぶり。
それにしても、両方合わせて全参加者の半分以上が41歳以上。オジサンの祭典か?

とかなんとか考えていると、何やらお腹の具合が...

アレレと思いつつトイレへ。
原因ははっきりしないが、乗鞍高原でお腹冷やしたかな?
しかし、これで出すものは一旦出しつくし、翌朝の軽量化の苦労が無くなったので悪くはない。
9時前には消灯。

というわけで、レース当日
例によって眠りは浅いものの、興奮で寝られないということもなくそれなりに休めた。
3時半ごろ起床し、軽く腹ごしらえをして4時過ぎ出発。
ちょっと早いが、会場周辺の駐車事情がよくわからないので早めの行動が吉との判断。

外はまだ雨。
いい加減飽きてきたスーパー林道を慎重に上る。
多度山さんからは、山賊(熊)が出没するとか脅されていたが、遭遇したのは自転車 w(゚o゚)w
暗黒&土砂降り&霧という三重苦の林道を一人で会場に向かってヒルクライム中。スゲー
車内に余裕があれば乗せてあげたいところだが、人と自転車両方は無理なので慎重にパス。

白樺峠を越えて、5時頃に一の瀬園地に到着し、駐車場所探し。
キャンプ場の駐車場はガラガラだったが更に奥に進む。
やがて路駐車や対向車やポツポツ見え始めたところで路肩の広い場所を見つけて駐車。
観光センターから1kmくらい手前。
車中で第二弾の腹ごしらえをしているうちに、夜が明け、周囲は路駐車でいっぱいになる。
この時点で、雨もほとんどあがる。このまま持ちこたえてほしいところ。

6時を過ぎたら自転車を出して、下山荷物を預けに観光センターへ。
Img_6402

荷揚げ用のマイクロバスに向かうと、ACAのIさんと遭遇。
クラスは違うが、お互い頑張りましょう。

荷物を預けたら、ウォーミングアップ。
一の瀬園地の緩い坂を行ったり来たり。
雨を見越して昨日少し強めに走ったので、今朝はあまり強度は上げない。
この間は小雨が降ったりやんだり。

スタート予定時刻は7時37分。
7時ごろにクルマに戻り最終出走準備。

天気がアレなのでウエアに悩むが、アップ中にレーパンの上に付けていた薄手タイツは脱ぎ、ウィンドブレーカもベストに変更。
その他は、サイクルキャップ、アームカバー、シューズカバーを着用
顔や腕に直に雨粒が当たったり、シューズ内がグチュグチュになったりすると気分悪いので。

それから自転車は、前後カーボンホイールに、12-28T。ACAと同じ。
回復に向かう天気予報なのでダウンヒルはなんとかなるだろうと予想。
パンク対策品は持たず、去年の安原監督のアドバイスに従い、ボトルにエネルギージェルを薄めたものを少々。

そんなこんなで、いよいよスタートに向かう。

つづく。

« 8月の〆、獅子ヶ岳3本錬もこれで最後? | トップページ | ’14年 第二次乗鞍遠征(後篇) »

イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/581777/60290025

この記事へのトラックバック一覧です: ’14年 第二次乗鞍遠征(前編):

« 8月の〆、獅子ヶ岳3本錬もこれで最後? | トップページ | ’14年 第二次乗鞍遠征(後篇) »

フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ