« 乗鞍から無事帰還2014 | トップページ | ’14年 第一次乗鞍遠征(登山編) »

2014年8月27日 (水)

’14年 第一次乗鞍遠征(自転車天国編)

23日~24日のACAヒルクライム乗鞍エコーライン&スカイラインの参加記録。


ツール・ド・あいちの今年のヒルクライムもこの2ステージで最後。
完走すれば1カテゴリーだけだが初の皆勤達成。
しかし、夏の連休直後の週末に移動含めて3日間出かけるのは正直かなり厳しい。
しかも2週間後にはJCA乗鞍が控えている。
世の中には試走とかいって本番レース前に遥々練習に行くほど熱心な人もいるが、そこまで乗鞍に特別な思い入れがある訳でもない。

しかし、ここまでの神坂、おんたけが運にも恵まれて予想外の好成績

ここまできたら行くしかないでショ 

と、徐々に気持ちも盛り上がり、ある意味JCAより優先度を上げるぐらいの勢いで参加決定。

金曜日の午後から休みを取って出発し、木祖村のペンションに前泊。
予約で電話したときにはちょっと怪しげな感じだったが、出迎えてくれたオーナーは気さくなおじさん。
以前は家族でやっていたが、家庭の事情で現在は一人でほぼ週末だけやっているような感じらしい。
当日も宿泊客は自分一人だけ。風呂に入ってしばし自転車の話などをして就寝。

夜中にトイレに起きると雨が降っていたが、予報通りなので気にせず。
朝は5時過ぎに起床。
前夜、朝食を「ごはん+味噌汁」にするか「パスタ」にするか聞かれたのでパスタと答えていたら出てきたのは「パスタ+味噌汁」でした (^^;
Img_6261
おじさんなりに頑張った朝食。

Img_6263
6時過ぎに宿を出発。

雨はあがっていたがどんより曇り。しかも奈川との間にある境峠に差し掛かるとポツポツと降り出しちょっと憂鬱に ( ̄Д ̄;;
しかし、峠を越えて乗鞍スーパー林道を上り始めるころから天気が回復してくる。
しかも交通量の全くない林道は木漏れ日がいい感じで快適にドライブ(夜は怖そうだが)。
やがて乗鞍岳の姿がチラホラと見え出し、乗鞍高原に入ると、
Img_62731
去年は曇ってサッパリだったので、2年ぶりに拝めた乗鞍岳 (o^-^o)

7時半ごろ観光センター駐車場に到着。
ACAの受け付けも店開きしていて、おなじみ多度山さんの姿も見える。すぐにも走り出せそうな格好。
いつものように自転車準備、受付けと済ませて8時ごろからウォーミングアップに出発。
ゆっくりとコースを上り、途中一瞬だけ心拍160くらいまで上げ、4.5kmくらいで引き返す。
去年のJCAはアップをやりすぎた感があったのでやや控えめ(やはりチャンピオンの真似なんかするもんじゃないね)。

Img_6276
開会式が終わったら、下山荷物を入れたリュックになんちゃってトレッキングシューズを押し込んで預ける。
その後、駐車場の向いに移動してスタート待ち。
今年は天気予報が悪く、鈴鹿ロードと重なっているせいもあり参加者少な目。
神坂、おんたけと比べても速い方々が少ない感じ。明らかに自分より速いとわかる人は神坂2位だった方(Kさん)ぐらい。
そのせいかどうかわからないがスタート待ち中も全体的にのんびりした雰囲気。
雑談しているうちになんとなくカウントダウンが終わって、スタート

今日の装備は前後カーボンホイールに、ギアは12-28T。
せっかくの軽量ホイールにティアグラの重いスプロケが残念な感じだが、外周部じゃないのでまあいいかと。
作戦は、おんたけと同じく序盤控えめペース。
目標は75分切り。
おんたけの一昨年~今年のタイム差からすると十分届く数字だが、なんせワタクシの乗鞍フルコースの実績は一昨年の81分台一回こっきり。
あまり欲張らないことにする。

スタートすると1kmもいかないうちに工事片側通行区間。
中切れに遭うのは嫌なので、ここまでに先頭に出て、運よく待ち無しで工事区間に突入。
しかし、すぐにKさんにスルスルと抜かれ、序盤控えめ作戦なので見送るとあっという間に見えなくなる。
その後は、しばらく一人後ろについてきていたが徐々に引き離し、これ以降一人旅。


三本滝ゲート通過 20分13秒 


ここから九十九折れ区間が現れ、傾斜も厳しくなってくる。
特に10km過ぎた辺り。
去年もキツかったが、今回は競う走者が見えないこともあってさらに苦しく感じ、なかなか進まない。
何とかクリアして、


位ヶ原山荘通過 50分42秒


昨年の短縮コースゴールより2分半の短縮。まずまず。


山荘を過ぎると暫く傾斜が緩み、やがて山頂方面への景色が開ける。
感動と絶望が入り混じる複雑な心境


ここから先はちょっと風があり、カーブを曲がるたびに楽になったり苦しくなったり。
2か所ほどある険しいヘアピンをヨレヨレでクリアし大雪渓下。
時計を確認するといい感じ。一瞬、県境まで70分切れるかもと思ったが、さすがにそこまでは甘くはなかった。
県境が前方に見えてからが遠い。
結局、休憩中の大勢のローディに見守れながら、71分44秒で県境通過
畳平のゴールへは73分台で到着。

着順は今年の定位置からひとつアップの2着! 過去最高 (o^-^o)

オヤツを頂きながら1着のKさんと少しお話。
途中からいつ追いつかれるかと思いながら走られていたとのこと。
最初に付いて行ったらどうだったかという気がしないでもないが、それはまた別の機会ということで。
またよろしくお願いします。

Img_6277
その後、他の参加者も次々とゴールしてにぎやかになり、多度山さんからは平湯峠までのスカイライン往復のお誘い。
相変わらず元気すぎ (^^;
しかしこれは丁重にお断りし(荷物担いで上り返しになるのでチョットね)、自分はなんちゃってトレッキングシューズに履き替えて登山に出発。
天気のいいうちに、一昨年行けなかった剣ヶ峰を目指す。

Img_6278
というわけで続く。

« 乗鞍から無事帰還2014 | トップページ | ’14年 第一次乗鞍遠征(登山編) »

イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/581777/60215073

この記事へのトラックバック一覧です: ’14年 第一次乗鞍遠征(自転車天国編):

« 乗鞍から無事帰還2014 | トップページ | ’14年 第一次乗鞍遠征(登山編) »

フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ