« 菰野ヒルクライムから無事帰還 | トップページ | 桜ポタ・トレーニング »

2014年4月 4日 (金)

3/30 菰野HC 天は我に味方した?

菰野ヒルクライムの参加記録。

雨天のため写真少な目。
 

昨年同様、今年も春のレースは菰野伊吹山にエントリー。
しかし、去年と違って個人的なメインイベントは伊吹山でなく菰野とした。

なぜならば、
去年の成績から、頑張れば入賞に手が届くかもしれないという理由。
強豪さんたちがまだ十分に目覚めていない(?)シーズン初戦の菰野に賭けてみるつもり (^^;

ただし、自分より速い人は世の中にいくらでもいるので、順位がどうなるかはある意味参加者しだい。
自分の力でなんとかなる目標としては、獅子ヶ岳の感触から、昨年比2分の短縮とする。
 
 
さて、大会一週間前から雨予報が変わらず、むしろ悪くなる一方で、前日に大荒れ予報を見たときにはガックリきたが、気を取り直して準備。

よほどの荒天でなければ上りは何とかなるし、タイムは落ちるかもしれないが、そこはみんな同じ条件。
無事ゴールできれば武平トンネルの中でゆっくり着替えができるので、残る懸念は下りのブレーキと、スタート前のウォーミングアップをどうするか。

ということで21頃消灯。
例によって熟睡はできなかったが4時頃起床。
大会HPで予定通りの開催を確認し、5時前に自宅出発。
6時少し過ぎに現地に到着。

この時間では本部近くの駐車場は期待できないので、今回は川の対岸の駐車場に行ってみる。
が、入ったところは雨でぬかるんだ草むら。
いきなりスタックする ( ̄Д ̄;;
警備員に押してもらって脱出し、奥へ駐車。
自転車は横の舗装遊歩道を使えたので大丈夫だったが、車は足元ドロドロ。

この頃の天気は小雨が降ったりやんだり。
気温は高めで、風は弱い。
受け付け開始時間の6:30より少し早いが歩いて本部会場に向かう。

Img_5625
山は見えず。

受付を済ませたら車に戻り、とりあえず着替えて自転車の準備と追加の腹ごしらえ。その後、車内でウォーミングアップ開始のタイミングをはかる。

雨ではローラーは使えないし、実走でスタート前に濡れるのも楽しくないので悩ましい(上半身はカッパ着ればいいけど足元がね)。

そのうち7:20近くなり、忘れないうちに下山荷物を預けておかないと ということで、ついでに実走アップすることにする。
が、荷物を預けて会場を出たころに雨がやみ、慌ててローラーに変更。

最初は濡れたタイヤがツルツル滑ったがそのうち快調に回りだす。
集合時間の10分前まで粘って30分ほどアップしたら終了。
懸案が一つ片付いて一安心。

ローラーをしまい、汗でぬれたアンダーを予備に着替えていよいよ集合場所へ移動。
少し遅刻して到着。

Ca3d2817
今年もヒルクライムの女王がゲスト参加(携帯カメラではほとんど分らないけど)
先日、あちこち山花で遭遇したときに、今年の菰野はどうするのか聞き忘れたのが心残りだったので一安心(←何が?)

しかし、このころからまた雨が降り出す。
競技説明が済んで移動開始を待っていると、HIDEさんと、お連れの慎之助さん登場。
伊勢のおっさん三人が雨中のヒルクライムに臨むの図。

その後、スタート地点移動して待機。
やや緊張気味。

スタートは去年同様、15人ずつの時間差スタート。
自分たちは3番目のグループでスタート

クリートキャッチもきれいに決まり、計測ラインを越えたら軽いギヤでまわして加速。
しかし、すぐに傾斜がキツくなり脚が辛くなる。サイコンを見ると普段より回し過ぎの感があるが、これ以上ギヤを重くできない。

いつもなら後のことを考えてペースを落とすところだが、今日は同時スタート選手が前に二人見える。
同グループ三位ではヤバいので、ここは無理してでも見失わないようについていく。

そのうち、前の二人がばらける。
一人とは間隔が開き、もう一人とは詰まり、程なくパス。

しかし、このとき前の一人はほぼ視界から消えそうな状態。
何とかしたいものの如何ともし難く、ここは見送り(結局この人が二位だった模様)

その後は前スタートグループの選手をコツコツとパスしながら我慢の上り。
要所要所で立哨の人がくれる声援に応えながら気合いを入れる。

雨は次第に強くなる感じだったが、あまり気にする余裕は無い。

終盤になると、
この辺りで追いつく前走者とは速度差が小さいので見えていてもなかなか追い抜けない。

が、残り数100mで、前に見えている選手はなんとかすべて抜けた。
最後はダンシングする気力もなく、これといったスパート無しでゴール

結局、最近の練習同様99%シッティングで走った。

自己計測タイムは31分ジャスト。
目標タイムよりかなりいい感じで安堵。

荷物受取りと着替えのためにトンネルに入ると、他に選手は6人ぐらい。
6位以内もいけた感じだが、ここはまず無事に下山するのが先決。

ウェアをアンダーから総取り替えして、その上にレインジャケットとズボン、冬グローブで防備。

準備が整ったらすぐに下山開始。
雨は更に強くなってきた。

ここで、二つ目の懸案。
カーボンリムのウェットでのブレーキング。

平地ではそれほどでもなかったが、やはり下りでは効かない。
少しスピード出すと止まれないんじゃないかという恐怖感(実際はそんなことはないハズ)で超慎重に下る。幸い、前方に同じくカーボンリムと思われる選手がゆっくり下っていたのでペースを合わせる。

道中は、下ハンでブレーキレバーはほぼ引きっぱなし。
トンネルのところで休憩を入れて、なんとか下りきりホッとする。

会場に戻ったら、まずは振る舞いのトン汁をいただく。
今年は、うどんが無かったのがちょっと残念だが、それでも食べるとと温まるし、心も落ち着く。

その後、本部前の掲示板でリザルトの確認。

(・_・)エッ....? 3位!

ぅぉぉぉーヽ(゚ω゚ )ノヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノぅぉぉぉ

というのはチト大袈裟だが、心の中で軽くガッツポーズ。

前半スタート組の表彰式が終わり、後半の部の表彰式開始時間を確認したらいったん車に戻り、自転車を片付け、足元の着替えを済ませる。
その後、車で本部近くの駐車場に移動。
今度はぬかるみにスタックせずになんとか脱出成功。 

駐車場からは徒歩で会場入り。
暫くすると召集がかかって表彰式の開始。

表彰台に上ったことなど初めてなので、今一つ要領が分からない。
表彰状授与のシメは大阪のsakataniチームの例のポーズ。
一応、自分もやったけど、相当ぎこちなかったと思われる。

その後、他のクラスの表彰が続き、最後は実行委員長の挨拶があって大会は終了。
Img_5633
また来年もよろしく

ということで、ちょうどお昼時。
最近人気のアクアイグニスに移動して昼食と温泉にする。
大会参加者は300円で温泉利用可。

Img_5635
食事は特に書くほどのことは無し(写真も忘れた)。
ゆっくり温泉につかって温まったら帰路につく。
16時ごろ帰宅。
 
 
というわけで、今年の大きな目標の一つが達成できて満足いく大会デシタ

« 菰野ヒルクライムから無事帰還 | トップページ | 桜ポタ・トレーニング »

イベント」カテゴリの記事

コメント

昨年の菰野やACAで時々ご一緒させてもらっているデダチャイのフタイです。
表彰台獲得おめでとうございます。
私は(勝手に)ワイダさんを仮想目標として練習に励んでますが、
追いつくどころか、ますます差が開いてちょっとしょんぼり。
又、イベントで一緒に走る機会が会ったら、直接お祝いさせて頂きますので、
よろしくお願いします。

フタイさん、ご無沙汰してます。

仮想目標とは光栄ですが、
最近は他は捨ててヒルクライムに絞ってやってきて、なんとかといった感じです。

またご一緒しましたらよろしくお願いします。
ACAは、今年はGF三重が他のイベントと重なってしまったので、神坂あたりからと思っていますが、その前に探訪とかで参加できそうなイベントがれば行ってみたいです。

入賞おめでとうございます 凄いですね!
鎖骨骨折からの復帰、トレーニングに感服いたしますよ
これからも怪我に気をつけて頑張られてください

お疲れ様でした(^。^)
おめでとうございます!!
めっちゃ速いっすね!

私も迷いましたが、まだまだ出れるような体力ナイです(笑)

しかし、31分!

私、出るならEクラスですので。。。

また、どこかでお会いしたら
レクチャーお願いします(~_~;)

ぐっちーさん、
ありがとうございます。
骨折後の体力からここまで行けるとは正直思ってなかったですが、やればできるもんですね。
機材の助けもありましたけど。
でも怪我はやっぱりイヤですので気を付けます。

ヒロノブさん、
ありがとうございます。

相津峠のタイムを拝見する限りヒロノブさんも十分いけると思うので試しに出られてみたらいいと思いますよ。
好きになるか嫌いになるかは分かりませんが(^^;
ご一緒することがありましたらよろしくお願いします。
レクチャーするほどの経験も技術もないですが...

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/581777/59406772

この記事へのトラックバック一覧です: 3/30 菰野HC 天は我に味方した?:

« 菰野ヒルクライムから無事帰還 | トップページ | 桜ポタ・トレーニング »

フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ