« あちこち山花は休み | トップページ | 能見坂クルクル »

2014年2月 4日 (火)

節分に骨折の経過記録

今日は節分。
晩は恵方に向かって太巻き。

で、その前に鎖骨骨折の経過観察で整形外科に行ったのでそちらの記録。

骨折後4か月半。

前回の受診は記事にはしなかったが昨年末。
骨はまだ完全にはくっ付いておらず隙間がはっきり見える。しかし、付いているところはしっかりしてきているので経過としては良好との所見。
自転車も落車さえしなければ問題なし。
それよりも、肩の可動範囲の方がほとんど進展ないので、そちらをもっとガンバレとの指示。
実際、寒くなると固まってリハビリもサボり気味だったので、年末年始から気を入れなおして肩を動かすことを意識。
更に、サイクリング中も含めて普段から肩を冷やさないようにカイロを貼るようにしたらこれがなかなか具合がいい。

そんな感じで可動範囲も徐々に広がってきたところで今日の診察。
骨は相変わらず。付いているところは更にしっかりしてきたが、隙間はかすかに改善がみられる程度。
これで大丈夫なのか聞いてみるが、隙間が空いたまま治る(落ち着く)こともよくあるので問題ないとのこと。ホンマかいな?
また肩の動きはかなり良くなったがまだ目標(バンザイした腕が耳にくっ付く)には達していないので引き続き動かすようにとのこと。

ということであと1,2回様子を見ようということで、次回は1か月後。

それから自転車への影響でいうと、カイロで温めていると普通に乗っていて痛むことはない。ただし、以前も書いたハンドサインの問題と、ジャージのバックポケットへのアクセスがチョット厳しい。一時期は右側のポケットが全く使えず積載量に制限を受けた。
四十肩自転車乗りならではの盲点。

« あちこち山花は休み | トップページ | 能見坂クルクル »

ケガ・病気・トラブル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/581777/59067481

この記事へのトラックバック一覧です: 節分に骨折の経過記録:

« あちこち山花は休み | トップページ | 能見坂クルクル »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ