« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月23日 (日)

あちこち山花にしゅ~ご~?

昨日の記事を書いた後に思ったこと。
森本さんなら大概のヒルクライムレースで1時間前後以内で走れるから練習も1時間でいいけど、長いと1時間半近くかかる自分の場合はどうなの?

やっぱりローラーも1時間半?
それとも1時間やってればそのうち1時間で走れるようになるのか?
更に、20分やってれば20分で走れるようにになる?  (゚-゚;)ヾ(-_-;) オイオイ...

とか考え出すと夜も眠れない(ウソ)。
結局、体壊さないように能力相応にやればいいんじゃないかということにして、この話題はおしまい。

ここから本日の記録
今日も風がやや強いが天気はよさそうなので9:30出発。
目的地はあちこち山花今月初めに食べそこなったのでリベンジ。

と、走り出したもののコースが決まらない。
峠道は雪・凍結が心配だし、脚は昨日の疲れもある、かといって直行だと時間的に早すぎる。

あれこれ考えているうちに度会ふるさと農道を通過し、なんとなく大台方面へ。
麻加江小萩林道はガチガチに凍っているということなので、獅子ヶ岳・藤越はパスして七保峠から相津峠越えにする。

七保はまず大丈夫だろうし、日当たりが良い相津の大台側もたぶん大丈夫。しかし飯南側が怪しい。一応、通行止めでないことは出発前にネットで確認したが...

ということで、
第1案:予定通り峠を越えて山花
第2案:峠まで上れたものの、下りがヤバそうだったら大台に引き返して食事して帰る
第3案:峠に上ることさえできなかったらR42,386で迂回して山花

ということで、逆風だか順風だかよくわからない風を受けながら七保峠。
筋力が残り少ないので軽めのギヤで回してヘロヘロで到着。

Img_5474 
局ヶ岳にも残雪。
道の状態は、路肩に除雪した雪の塊が残っているが走行車線はクリアー。
滝原側に下って、いつもの大内山川沿いの道に入り、ちょっと日当たりのいい場所でオヤツ休憩。

Img_5475_2
今日は薄皮ブリン風クリームパン
最近、ドラッグストアでパンとかの食料品を売っているのに気づき、先日は薄皮シリーズのラインアップが充実していたので思わず購入。アンパンより脂肪が多めだが、カラメルの味がなかなかGOOD。

軽い補給が済んだら三瀬谷へ。
相津峠上り口の情報板に何も書かれていないのを確認して登坂開始。
道は一応除雪してあって、少なくとも車1台通れるスペースは確保されている。
上り始めは路肩に雪の塊がポツポツとあるくらいだったが、高度を上げるにしたがって路肩の雪も増えてくる。雪の回廊というにはショボ過ぎるが、自分にとってはちょっと珍しい風景で、上りの苦しさを癒されながら峠に到達。

Img_5477
実質一車線道路。
幸いクルマと出会ったのは飯南側にかなり下った場所だったのでよかったが。

というわけでダウンヒル開始。
基本的に道の真ん中を走っていれば大丈夫だが、所々、一旦融けて流れ出した水が再凍結して道を横切っているので注意が必要。前に何か見えたらすぐ止まれるようにゆっくりと下る。
途中、除雪が不十分で凍結している所が一か所だけあり数メートルだけ押し歩き。しかし靴が滑ってバランス崩しそうになってヒヤリ (^^;

定点ポイントは日向。路肩の雪も無し。
Img_5478

その後、高度を下げるに従って凍結もなくなりスピードアップ。相津集落を抜けてR166に合流し、お待ちかねの山花。

お店に近づくと、外に人影。今日もM田さん。 しかもファミリー。
う~ん、思考パターンが一緒ですな。

聞くと満席だそうで、駐車場の横には高級ロードバイクが5,6台。
温かいので一緒に駐車場で待っていると程なく、先客ローディの一団が出てくる。
四日市のチームの人たちで、その中にヒルクライムの女王の姿が w(゚o゚)w
思わず声をかけてしまった。
わざわざ北勢からお疲れ様です。まあ、あの人たちにとってはたいしたことないんだと思うが。

そんなこんなで入れ違いに4人で入店。
M田ファミリーはビーフシチュー定食。自分は豚味噌焼き定食を注文。
Img_5480

ビーフシチューは相変わらずのボリューム。
豚味噌焼きは肉多めのご飯少なめで程よい量。ウマかったです。
それから今日はいつものデザートに加えて温かいココアのサービス付き。
ありがたい。

更に途中からはsakai racingの人たちもやって来て(話したことある人はみえなかったので挨拶のみ)、自転車乗りが入れ代わり立ち代わりといった感じ。

満足して店を出たら、M田ファミリーは茶倉方向、自分は伊勢方向へと別れる。

帰路は豚味噌焼きパワーで追い風に乗って爆走(当社比)。1時間ちょっとで帰り着いた。

走行 101km

次は何を食べましょうかね?

2014年2月22日 (土)

今日も剣で

先日、NHK BSのホームページでチャリダーという番組の1月24日放送分の内容を見たら、あの森本誠さんはローラーをレースペースで1時間漕ぐんだそうな。しかも、集中するため部屋の明りを消して... ( ̄◇ ̄;)エッ?

更に、弟子の狩野さんは 「170Wじゃサイクリングだ」と怒られてるし... 

どうもすみませんねぇ。
サイクリングペース1時間ごとき(しかも、笑っていいとも日曜版を見ながら)でエラそうにブログ書いて。

といことで一昨日はほぼレースペースで頑張ってみるも(ソチ五輪見ながらですが(^^;)、20分でギブアップ。

悟りの境地は遠い。

なお、番組では松阪から美杉辺りを走ったらしいが、見逃してしまったので五輪が終わったら再放送希望。
  

そんなこんなで、本日
来週は温かくなるみたいだが、今日はまだ風が冷たい。
10日も間が開くと外に出るのが億劫になるがなんとか9:30出発。
内陸の峠道はまだ雪・凍結の心配があるので11日と全く同じパターン

裏剣では例によってタイム計測。
20分より更に短くなるが仕方ないね。

1回目 タイム狙いでインナーシッティング 15分22秒。
2回目 同じくインナーシッティング 15分55秒。
3回目 アウターシッティングにして 16分35秒。
帰りもアウターシッティングで計測無し(たぶん17分ぐらい)

ということで前回よりは元気があった模様。

昼ごはんはぽけっとのミックスサンド。
Img_5470

風が当たらなければそこそこ暖かいんだが...

南伊勢の梅も開花。
Img_5471

 

剣峠は伊勢側も路面凍結無し。
内宮前のバス渋滞は相変わらず。

走行 94km

2014年2月16日 (日)

ローラー台でテンポ走?

15日土曜日
金曜日の大雪もどんどん融けてきているが、まだ外を走れる状況ではないので午前中にローラー。
15分ぐらいアップしてから、推定160~170W(ミノウラのデータ 201402162_2 による)で耐久走。
いわゆるテンポ走ぐらいの強度のハズなので心拍150台でいけるかなと、1時間目標でスタート。
しかし20分もしないうちに心拍160を越え、その後もじわじわ上昇して予想外に苦しい。
最後は170近くなって40分でギブアップ orz
201402152

TTごっこやレースよりはパワー低いハズだがなんか調子悪い。
このところ睡眠不足気味だったのが響いたのかも。
別に深夜にオリンピック見ているわけではないすよ(チョットは見てますが....)
 
 
ということで、本日16日(日曜日)
強風予想だったので実走は半分あきらめてゆっくり起床。
葛西選手の銀メダルニュースを見ながら朝食。
41才でレジェンドとしたらアラフィフのオッサンは何なんだ、と不遜にもトップアスリートと比較してみたりする。

一方、外は、少なくとも家の周囲の道の雪はほとんどなくなり、空も快晴。
しかし、予報通り強風が吹き荒れているので、落車できない身としてはムリせず実走は諦め。

10時ぐらいから昨日のリベンジ。
少しだけ長めにアップしてから耐久走開始。
今日はなんとか心拍160ぐらいで持ちこたえ、最後は164ぐらいまで上昇して、脚もかなり苦しくなったが、ヘロヘロで何とか1時間クリア。
201402162

あぁ、しんど。

ホントはレースペースでこれくらいいきたいところだが、とてもじゃないがムリ。
骨折のおかげ(?)で、以前よりはローラー台の上で我慢できるようになったが、まだまだ精神力が全然足りない(体力も)。

この後も、家に籠って用事。
夕方からローラー練第2部。
殆どリカバリー~LSDペースだったが、少しだけ推定240Wのなんちゃってインターバルを入れて終了。

合計3時間で1日のローラ時間の記録更新。
次の週末はサイクリング日和でお願いします。

2014年2月14日 (金)

大雪

先週の大雪は免れたとおもったら、今日は直撃。
3年ぐらい前に結構降ったことがあったと思うがそれ以上。

それでも朝は、トレッキングシューズで新雪を踏みしめながら、たまにはこんなのもいいかと多少の余裕があったが、帰りはそんな余裕もなくなる。たまたま停留所で時間待ちしていたバスに乗れて助かる。

この土日、
明日はまだ自転車はムリそう(雨、のち強風)。
果たして、日曜日に走れるか?

2014年2月11日 (火)

今日は剣で

最近はMTB人気が復活してきているらしい。
まあ、以前のMTBブーム(?)の頃がどんなだだったかはよく知りませんが....

時々このブログにコメントもらっている方々(少ないですが...)の中にも今はMTBメインの人がちらほら。

今日は勢和でMTBレースがあるということで、獅子ヶ岳に寄ってから応援(冷やかし)にでも行ってみようかと外に出ると、

思いのほか風が強~い (。>0<。)

しかも冷た~い (。>0<。)

一気に気持ちが萎えて南に方向転換

沼木~サニーロード~伊勢路~五ヶ所 で剣峠を目指す。

このルートだと概ね追い風基調だが時々横風を受ける。
R260に出ても風は冷たいまま。
五ヶ所~切原間はモロに風を受けて全然進まない。

結構疲れて白滝分岐に到着。
ここで一息れて登坂開始。
気合いを入れるために久々にタイム計測。
Img_5458

15分51秒
平均心拍 160。平均ケイデンス 86rpm。
気合いを入れるといった割には心拍上がってませんな。
一昨日の疲れが残っているということにしておこう。
それと、軽めのギヤで回してみたが、ちょっと回し過ぎて力みがあったかも。
タイムは悪くないと思うが、前回を思い出せない....

ということで2本目はふつう目に回してみる。
16分57秒
平均心拍 151。平均ケイデンス 79rpm。
1分落ち。更に心拍上がらず疲労感ありあり。

3本目はタイムは気にせずアウターシッティングで筋トレ。
17分20秒
平均心拍 151。平均ケイデンス 71rpm。

ということで予定の3本が済んだらお待ちかねのごはんheart01
今日もぽけっとへGO

着くと先客あり。
見覚えのある黒いコルナゴ。

中に入るとHIDEさんがカレーを食べている最中。
ご一緒させていただいて自分もカレーを注文。
Img_5459

HIDEさんは恵利原五知林道経由で来られたのこと。
その他、11速デュラの話なんかを聞いて(ウラヤマシー)、先に食べ終わったHIDEさんとはお別れ。

自分は食べ終わった後もしばらくぼ~として店を出る。
帰りはパンパンの腹を抱えて4回目の裏剣。
再び切原手前で逆風をくらい、上りもインナーローでヨロヨロ。当然、計測無し。
しかしこの頃には気温は上がっていて伊勢側の下りではなんとか凍えずに済んだ。

一か所だけ凍結があってヒヤッとしたけど。

走行 94km

2014年2月 9日 (日)

能見坂クルクル

週末の大雪。
伊勢にはあまり関係なく、金曜の夜中に降り出した雪も明け方には霙になり昼までには雨。
今朝は、市街地では雪も全くなくなり晴天。
しかし風が強くなる予報のため山に逃げ込みたいところだが、田舎峠は残雪が怪しいので無難に南伊勢方面に行くことにして8時半頃出発。

度会方面に向かうと山にうっすら雪が被っている。
獅子ヶ岳も当然スルーして南島線で能見坂に直行。
昨日は実走もローラーも無しだったが家でプチ筋トレした影響で少し脚が重いが、追い風の助けも受けて旧道の急坂をクリア。その後トンネル手前が少しシャーベット状になっていたが問題なく通過。

Img_5444
南伊勢側は残雪の気配無し。
旧道で道方に下りたら、少し前に思いついた能見坂周回練をやってみることにする。

こんな感じで新道でトンネル前まで上って旧道で降りてクルクル回る。
メインの上りは2.4km, 140m弱のアップ。
上りが短い分、下りも短いのでダウンヒル後に体が冷え切って動かないなんてこともなく、効率よく練習できるんじゃないかという目論見。
それと去年は鵜倉でクルクルしたけど、今日はあそこまで行くのもメンドクサイということで....

ということでスタート。
当然ながら険道・林道と違って路面は良好。心配した風もあまり当たらないので重めのギヤでグイグイと上れる(当社比)。

しかし3回ぐらいで早くも飽きてくる。
小腹も空いてきたので浮島パークでオヤツタイム。
Img_5446

今日は子供の弁当の残りで作ったオニギリ。
Img_5445_2

半分ぐらいかじってリスタート。

しかしこの練習、普段、気の向くままソロで走っているワタクシでもさすがに寂しい...
車はそこそこ見かけるし、集落も通るので山に籠ってる感が無いせいか?
浮島パークからスタート地点に戻る途中で、山から出てきたサルが逃げ散るのを見るのが唯一の楽しみ。毎回毎回学習能力のないヤツラ (´,_ゝ`)プッ

そんなこんなで後半は休憩なし。最後は憑かれたように上り、都合8回で終了。
傾斜緩めなので体力的にはもうちょっと行けると思うが、一人じゃ精神が持たない。

というこで、練習モードの後は観光モード。
久しぶりに浮島展望台に行ってみる。
浮島パークからちょいとキツめの坂をインナーローでクルクル上り、突き当たりの駐車場に自転車を置いて、
Img_5447

階段を少し上ると展望台。
Img_5448

ロードシューズが滑らないように手すりにつかまりながら慎重に上ると展望が開ける。
南島大橋から鵜倉方面
Img_5453

阿曽浦方面
Img_5452

能見坂方面
Img_5451

風はあるが冷たさは感じない。
やっぱり南伊勢に来たのは正解。

ということで、お昼時になったので山を下り、道方の千道で昼食。

Img_5455 
いつもの海鮮丼。ウマ―

 
帰路は、能見坂は食傷だし南島線の横風も心配なので五ヶ所から剣峠越え
筋力はほぼ使い果たしたのでノンビリ登坂。
Img_5457_2 

今日のホイールは前輪の玉押し交換を済ませたRS-10。
仁柿で落車した日以来の実走。
完成車付属のほぼ最廉価クラスで、おそらく25000kmは走っていると思うがまだまだ使えそう。

この後、
峠の伊勢側はちょっと心配だったが、少なくともこの時間は残雪・凍結無しでいつもの剣クオリティ。
観光バスが大渋滞中の宇治橋前~浦田交差点はやむなく歩道走行。
古市で横風に煽られてヒヤリとしたが、何とか無事帰宅。

走行 126km

今回の能見坂クルクル、
旧道の下りはキツいヘヤピンが多いので、ヘロヘロで上った後も集中力を切らさないように注意。
それから、よりキツ目の上りがお好みなら逆回りがオススメ (^^)

2014年2月 4日 (火)

節分に骨折の経過記録

今日は節分。
晩は恵方に向かって太巻き。

で、その前に鎖骨骨折の経過観察で整形外科に行ったのでそちらの記録。

骨折後4か月半。

前回の受診は記事にはしなかったが昨年末。
骨はまだ完全にはくっ付いておらず隙間がはっきり見える。しかし、付いているところはしっかりしてきているので経過としては良好との所見。
自転車も落車さえしなければ問題なし。
それよりも、肩の可動範囲の方がほとんど進展ないので、そちらをもっとガンバレとの指示。
実際、寒くなると固まってリハビリもサボり気味だったので、年末年始から気を入れなおして肩を動かすことを意識。
更に、サイクリング中も含めて普段から肩を冷やさないようにカイロを貼るようにしたらこれがなかなか具合がいい。

そんな感じで可動範囲も徐々に広がってきたところで今日の診察。
骨は相変わらず。付いているところは更にしっかりしてきたが、隙間はかすかに改善がみられる程度。
これで大丈夫なのか聞いてみるが、隙間が空いたまま治る(落ち着く)こともよくあるので問題ないとのこと。ホンマかいな?
また肩の動きはかなり良くなったがまだ目標(バンザイした腕が耳にくっ付く)には達していないので引き続き動かすようにとのこと。

ということであと1,2回様子を見ようということで、次回は1か月後。

それから自転車への影響でいうと、カイロで温めていると普通に乗っていて痛むことはない。ただし、以前も書いたハンドサインの問題と、ジャージのバックポケットへのアクセスがチョット厳しい。一時期は右側のポケットが全く使えず積載量に制限を受けた。
四十肩自転車乗りならではの盲点。

2014年2月 1日 (土)

あちこち山花は休み

小春日和の2月1日。
1月13日と同じコースでお腹を空かせ、あちこち山花でのランチを目論んだが無情にもお店は休み orz

諸々の用事で12日まで休みだそうです。
行こうと思っている人は注意(と書いたが既に手遅れだった人が1名...)。

ハイ、おしまい。
 
 
 
というわけにもいかないので気を取り直して記事を書く。

出発は8:30。
風も弱くよい天気。手は冷たいがなんとか耐えられる。

2月になったので獅子ヶ岳TTごっこも一つグレードアップして旧中川小学校前信号~登山口の8.8kmコース。
10分ほど長くなると思っただけで少々気が重いが何とかスタート。

タイムは
 スタート~林道入り口 4:42
  林道入り口~駐車場 25:03
  駐車場~登山口 3:47
トータル 33:33

去年のベストから1分弱落ち。まだ時間はあるし何とかなるか?
Img_5437  Img_5438

山の上も穏やかな天気。
今日は登山の人のクルマが多かった。

その後は、リピートする気力はないので防寒のウィンドブレーカ無しで小萩側ピークに向かいおやつタイム。
今日はアミノバイタルゼリー ガッツギア
Img_5439

お子様向けパッケージだが、大人用(?)と比べて40kcalアップの200kcal(アミノ酸は同量)。ドラッグストアの安売りなら大人用と同じ値段でコスパ良し。ただし250gと重いのが難点。ジャージのバックポケットに入れるとずしりと腰にくる。当然一気に食べるのはムリなので半分残して仕舞う。

小萩への下りもそんなに冷えず、藤越えへ向かう。
簡易水道施設のあたりでは、いつもは川沿いで空気が冷たい(夏は涼しい)のに今日は生温かい風を受ける。汗だくで登頂。

Img_5440
林道作業の人も温かそう。

その後、七保峠を越えて三瀬谷へ。
Img_5441
時刻は12時過ぎ。お昼に丁度いい時間だが今日はぐっとガマンの子。
しかし、相津を越えられなければどうしようもないので、道端に100円自販機を発見したついでに直ぐにエネルギーになりそうなしるこ缶を補給して登坂開始。
ここでも汗だく・ヘロヘロ。

なんとかクリアしたら止まらずにダウンヒル開始。
今日はいちいち防寒準備が要らないので走りやすい。
リヤのブレーキワイヤー交換したおかげでブレーキの感じもよく気持ちよく下れた。
Img_5442

そんなこんなでR166に合流してお待ちかねの山花、と思ったら休み。ガックリ。
こんなんなら無理せず三瀬谷で食べればよかったと思いつつ、この辺りで他に行ったことのある食事処は茶倉の道の駅ぐらいなのでUターン。
道の駅は足場が組まれて外壁工事中。一瞬ドキリとするが営業してた。ホッ
ビーフシチューセットを注文。

Img_5443
山花と比べるのは可哀想だが量は控えめ。
でも\600という価格を考えると妥当なところかも。
味も悪くなし。

腹八分目で昼食を済ませたらR386で帰路につく。
脚は終わりかけているのでボチボチと。
古江の交差点を左折して丹生大師に向かっていると前方にローディ。
M田さんでした。今日はソロ。

追いついて話をすると、なんとM田さんも山花狙いでやって来て結局茶倉で食べて帰る途中とのこと。

( ´∀`)人(´∀` )ナカーマ !

ということで、丹生で休憩入れて伊勢まで一緒に帰った。
お疲れさんでした。

走行 143km

 

昨日の記事に書いたエリートのボトルの具合は良好。
今日はよく汗をかいたが、ストレスなく水分取れた。

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ