« 5/18 南風に乗って日本海ライド(その1) | トップページ | 高見トンネル(だけ)使って、東吉野 »

2013年5月20日 (月)

5/18 南風に乗って日本海ライド(その2)

5/18の続き。
滋賀県入りしてR365を北上中。

小谷城跡を出発した後もひたすらR365を突き進み、琵琶湖を見ないまま木ノ本でR8に合流。
賤ヶ岳に向かっていると、左手にびわいちと思われるローディのグループを発見。賤ヶ岳トンネルを迂回することは知っていたが、事前リサーチ不足で道がよくわからなかったので、これ幸いとそのグループの後ろにつき、旧道ルートに入っていっしょにプチヒルクライム。
Img_4088_2 

旧道トンネル(これが本日最後のトンネル)を抜けると、本日初めて琵琶湖がお目見え。ちょっとかすんでいるが、穏やかな湖面。

Img_4090

ついでにさっきのグループの人たちと交互に撮影。
Img_4091

このあとあともう一つのトンネルを迂回して湖岸を走り、R8に再合流したら道は北向きに方向を変え琵琶湖から離れる。
当初、びわ十分の一ぐらは走るつもりでいたが、実際はびわ百分の一ぐらい終了。
まあ、びわいちはいつか走る機会があるでショ ということで予定通り敦賀を目指す。

ここからは県境峠に向かってダラダラ上り。しかし距離がわからないので心理的にはつらい。交通量は、時たま大型車は通るが少な目。悪くはない。

いつまで上るかなといいかげんウンザリしてきたころ登坂車線が現れ、ヨロヨロと上りきったところで県境峠。

Img_4092 Img_4093 
福井県に入るのは生まれて初めて

ここから敦賀市街までは心地よいダウンヒル。
市街に入ったら、とりあえず日本海を見るために案内標識を頼りに気比の松原に向かう。
ということで、とーちゃーく。

Img_4097
自宅を出てから約180km。時刻は15:00頃。
思ったよりは早く着いた。

細かいこと言うと日本海じゃなくて若狭湾(のなかの敦賀湾)だろ という声も聞こえてきそうだが、いいんです。日本海側の人にとっては伊勢湾だって太平洋だ(ホントか?)。

到着した気比の松原は日本三大松原のひとつということらしい。
海水浴場にもなっている砂浜には、今は、地元だか観光だかのひとがチラホラ。

ロードシューズで突入するのは無理なので、写真だけ取ったら砂浜を後にする。
で、振り向いた先の草むらを見ると、

Img_4099_3 
猛禽類。トンビ?
カメラを向けても逃げる気配がなく、人馴れしているなぁと思ったらトイレの横にこんな看板。
Img_4100_2 

その後、せっかくなんで松林を散策してみようかと、遊歩道に突入。
Img_4103
砂浜と違って多少は締まった砂利なんで何とか乗れるが、時々バランスを崩しそうになりながら、しばしなんてゃってシクロクロスごっこ

松林をでたらこのあとどうするか考える。
時間の余裕はあるが、敦賀の名所とかもあまりちゃんと調べてきてなかったので、市内に入ってから時々目につく標識に従って、原発まで行ってみることにする。

物見遊山で行くところでもないが、多少は外海に向けて湾沿いに走ることにもなるのでね。

ということで、松原の外れで自販機休憩を済ませたら再スタート。標識によると原発まで14km。穏やかな敦賀湾を右手に見つつ、緩いアップダウンを何度も繰り返す。小さな岬を回るたびに、なかなか原発が現れないのにガックリしつつ何とか到着。

正門前に自転車を止めると、ガードマンが何か言いたげな表情をする。とりあえず知らぬ顔をして、カメラを取り出したところで、こっちにやってくる。

自分「ダメ?」
ガードマン「写真はちょっと...」

ということで写真はなし。
見世物じゃないよ というところ。
それでは、ということで、少し先にある、ガードマンもおすすめの原発資料館に向かう。

Img_4105
ここが、本日の最北到達点
入館は無料。
館内からは原発の建物がよく見えるが、やっぱり撮影は禁止。
中の展示をちょっとだけ見たら退散。
Img_4107

Img_4109
ということで、資料館と原発正門の間の道で撮影。
その後は再び正門前を通過して帰路に付く。

帰り際に振り返ってみた原発の方向。
Img_4110

と、その横ののどかな風景。
Img_4112

まあ、原発があるからと言っても外見上は普通の田舎。すぐ近くに人里や海水浴場もある。志摩や東紀州のどこかの風景といっても十分通用しそう。

とかいった感想を持ちつつ、来た道を引き返すと、これまでいかに風に助けられていたかを実感。逆風とアップダウンが200kmを超えた脚にこたえる。あ~しんど

Img_4119
やっとこさ松原まで帰ってきたら、ちょうどいい時間になってきたので、敦賀駅方面に向かう。
途中、気比神宮という立派そうな神社の鳥居が見えたが、あまり余裕がないのでスルー。敦賀駅の近くまで来たらリサーチしておいた店にIN。

Img_4120
ヨーロッパ軒

ミーハー路線で、TVでも見たことある敦賀(福井?)名物のソースカツ丼の店。
リッパな本店は別にあるが、駅に近いほうが安心なのでこちらで。

まだ17時なので店内は空いている。
自分と同じような観光客と、おなじみさんが半々ぐらい。
注文したのはカツ丼ではなく、もう一つの主力メニュー パリ丼(のセット \1050)。

Img_4121

ソースカツの代わりにミンチカツがそのまんま載っただけの丼。なぜこれがパリなのかは???だが、そろそろツールドフランスも近いしね...
味は予想通りというか、まあこんなもんでショという感じ。ボリュームはかなりあるが、200km走行後の胃にはちょうど良い。

完食。

サイクリングで失ったエネルギーをしっかり補給したら駅へ向かう。
自転車をパッキングして、切符と土産を買ったらホームへ。

Img_4126_2 
伊勢に住んでいると貨物列車が珍しい。

Img_4127
とか何とかしているうちに電車が到着。

18:10発名古屋行特急しらさぎ
普通でも帰れないことはないが、今回は日帰り輪行サイクリングとしては贅沢な特急で楽をする。

自由席だが、車内は空き空き。
座席の後ろに自転車を入れる。

Img_4128

が、しかし、米原に着くと名古屋に向けて進行方向が反転するので、乗客は自分でシートを回せと車内放送がある。
空いているのでこのままでもなんとかいけたが、混雑しているときは要注意。

途中、琵琶湖に戻ってきたかと思って撮影。
Img_4130
しかし、後で確認すると余呉湖だった。

それから夕暮れの伊吹山(しつこい?)
Img_4131

名古屋からの近鉄は経費節減のため急行で。
22時前伊勢に到着。

改めて、コース。

走行 219km。

途中の補給食
・薄皮あんぱん 5個入り
・コンビニおにぎり 1
・ゼリー飲料 1
・道の駅 山菜ごはん 1
・道の駅 アイスクリーム 1
・CCDドリンク 1
・ジュース 1

それから走行後のシメに パリ丼。

出だしはいまひとつだったが、後半は今回も楽しめたサイクリング。
しかし、やっぱり関ヶ原までが遠い。
琵琶湖や福井はまたいつかちゃんと走ってみたいが、自走で行くのはおそらく今回が最初で最後。

« 5/18 南風に乗って日本海ライド(その1) | トップページ | 高見トンネル(だけ)使って、東吉野 »

サイクリング(長距離・遠征)」カテゴリの記事

コメント

お疲れさまでした
上側の海は全部 日本海ですよ日本海!
バイクで下道だけで行った事ありますけど片道とはいえ遠いですねぇ
もうブルベの世界へ行っちゃいそうですね

ぐっちーさん、
遠いような、近いような感じですね。
特に琵琶湖と日本海が結構近いというのが自分としては発見でした。

ブルべは今のところやるつもりなしです。
夜が怖いんで(^^;

ひや~ とうとう日本列島横断して日本海まで突き抜けちゃいましたネv
最後のアップダウンのキツサも伝わってきます
それにしてもミーハー路線と言いながらパリ丼にイっちゃうところがわいださんらしいというか…( ´,_ゝ`)プッ

オケ痛はないですか? お疲れ様でしたv

りんぷーさん、
列島横断でも行程の半分は三重県なんですよね。
改めて南北に長いのを思い知らされました。

パリ丼は、以前、ケンミンショーで見たことあったので....やっぱりミーハーです。

オケ痛はなんとか。
いつも、100kmぐらいから我慢できるビミョーな痛みがずっと続くという感じです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/581777/57419302

この記事へのトラックバック一覧です: 5/18 南風に乗って日本海ライド(その2):

« 5/18 南風に乗って日本海ライド(その1) | トップページ | 高見トンネル(だけ)使って、東吉野 »

フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ