« あれ? フルコースやるの? | トップページ | なんちゃって決戦用タイヤ(交換編) »

2013年3月16日 (土)

堀坂山からうきさと。途中寄り道。

今日は快晴でわりと暖かくなる予報。
最近獅子ヶ岳ばかりでマンネリ気味だし、鈴鹿スカイラインに備えてキツ目の坂も上っておきたいので堀坂山方面に行くことにする。

ユックリ起きて9時チョイ過ぎ出発。
松阪方向へはやや向かい風。キツくはないが風切り音が耳元でゴーゴーなり続けると滅入ってくる。

堀坂の麓のコンビニでトイレ休憩を済ませたら登坂開始。
相変わらずキツイ坂だが、今日はシッティングで頑張ってみる。
立ち漕ぎしても心拍が上がるだけで大して速くないしね(要するにヘタクソ?)。

峠に着くとタイムは19分48秒
初めて20分切りに成功。
レースやってる人だとコレくらいでまあまあだそうですが、ワタクシ的には十分。
201303161
心拍は平均 169、最大 175

Img_3543
今日は登山の人もいっぱい。
タイムに気を良くして下る。

Img_3545

昼食はうきさとむらの予定だが、朝食からまだあまり時間たっていないので、美杉に出て久々に矢頭峠まで足を伸ばすことにする。

貝坂越えたら、北回りで小原に向かい清水峠越え。
ここでも調子に乗ってシッティング。
何とか激坂クリア。

Img_3546

下之川に下りたらK29を北上、矢頭峠への分岐はスルーしてその西側にある足谷峠を越えて矢頭の一志側に回り込むことにする。

この足谷峠、庄山さんというサイクリストが書いた「三重の峠」という本に記述があるが、ネットでは走ったという情報を見たことがない。
ということで、今回はやや詳細にレポート。

上り口はコチラ。
Img_3547

君ケ野のダム湖手前の採石場?の横。
上り始めは片側一車線の緩い坂。途中から細くなるが路面は良好。
結構上がったところに小さな集落が現れビックリするが、そこを過ぎると程なく峠。

Img_3548
明るいけど特に何もない。
一志側への下りも路面は良いが傾斜はややキツ目。
2年ぐらい前に逆から上ったときは結構つらかった記憶がある。

下るとK43に合流。
県道側から分岐をみたところ。
Img_3550

コレを見ると行き止まりの林道のように思える。
実際、以前は舗装林道は途中までで、峠付近は苔むした古道だったらしい(ちなみに、先の庄山さんは本の中で古道が壊されていくのを嘆いてます)。

ということで、今度は林道より厳しい矢頭峠越え。
途中、キャンプ場手前に工事現場。
Img_3551

なにやらトンネル工事らしい(矢頭峠トンネル)。
矢頭の激坂をロードバイクで走れるのもそう長くはないのか?

Img_3552
工事現場の少し先、矢頭の大杉を過ぎたら、平均14%、700mの激坂。
が、速度を気にしなければここも何とシッティングでクリア。

Img_3553

美杉側に下るとこちらでもトンネル工事中。一志側より進んでいる模様。

ここからは当初予定のうきさとむらに向けて清水峠を再び越える。
いいかげん腰もきついし、ウンザリしてきたが、ここまできたら意地でシッティング。

というわけで遠回りの末、目的地に到着。13時30分。
Img_3556
ここにも例の看板。しかし、自分としては別にロケ地巡りをしているつもりはないんだが....
なお、ここは見学受付け場所で、ロケ地の民家は別の場所らしい。

店に入ると今日は若い娘が手伝い。
いつものうどん・から揚げセットを頼み、うどんを暖かいのにするか冷たいのにするか迷っていると、”冷たいので頼みそうだなあ”と言ってくるので、冷たいのにする。
Img_3555

今日の店内は、見学を終えたファミリーなんかで結構賑やか。

食べ終わったら、帰りは今日も裏堀坂(何度も言うけど、ロケ地巡りではないので)。
途中、飯福田への下りの最中にある立派な梅。
Img_3557

で、裏堀坂もヤケクソ気味にシッティング。
最初の急坂をクリアしたところで、上からローディ。
珍しい女性二人組み。しかもこんな場所で....
いったい何者?と思っているうちに、コンクリ舗装急斜面区間。
7km/hのサイコン表示を見つつも何とか蛇行なしでクリア。ふ~

Img_3559
堀坂を激下ったら、帰りは平地コースで。
松阪中心部を抜けたのは信号だらけで失敗だったが、R23に出たら追い風にのって40km/hでぶっ飛ばして帰宅。気持ちよかった。

走行 121km

行きと帰りはド平坦でその間が剣山、のプロファイル

« あれ? フルコースやるの? | トップページ | なんちゃって決戦用タイヤ(交換編) »

サイクリング(中距離・定番)」カテゴリの記事

コメント

言われてみて初めて矢頭への途中に林道みたいな分岐点があったのを思い出しました。
それが行き止まりでなくて別の峠だったのですか?
本も読んでいるのだけれど記憶に残っていません・・・゚゚(´O`)°゚
それにしても清水と矢頭、堀坂巡りとは、段々 Sこ さんの世界に引き込まれていますね。

多分、影武茶さんが見た分岐で正解です。
改めて本を読み返すと舗装路が開通したのが平成7,8年ですね。
自転車的には矢頭峠のほうが面白い(苦しい?)のであえて目的地にするほどではないと思います。

Sこ さんのホームページと庄山さんの本は良く参考にさせてもらってました。
三重の自転車乗りは峠ばかり走ってるんだと勘違いしてましたよ(^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/581777/56969103

この記事へのトラックバック一覧です: 堀坂山からうきさと。途中寄り道。:

« あれ? フルコースやるの? | トップページ | なんちゃって決戦用タイヤ(交換編) »

フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ