« サドルを換えて獅子ヶ岳 | トップページ | パンクその後 »

2012年12月24日 (月)

クリスマス寒波

昨日は穏かな天気だったが自転車には乗れず。
今日はクリスマス寒波到来で強烈な季節風。
しかし、一応晴れそうなので、真冬装備で9時前に出発。

サイコンの温度計は2~3℃くらい。
とうとうこの冬初めて靴用カイロを投入し、ウェアも着込んで寒くはないが、手の冷たさだけは如何ともしがたい。

今日も行き先が決まらず、とりあえず度会方面に向かい、良く晴れているので久々に藤坂峠に上ることにして、まずは南島線から藤越

峠への上りは杉の枝葉が散乱して少々荒れ気味。
藤越は今日も風の音だけ。
Img_3143

木屋に下ったら、左折して藤坂へ。
しかし、上ったり下ったりするたびに防寒グッズを着脱するので結構忙しい。

藤坂の峠道は掃除されて落ち葉も落石も殆んど無し。
こんなに走りやすいのは初めて。坂がきついのは変わらないが....

快晴の峠に到着。
Img_3144

すばらしい。峠からの眺望は自分が来た中ではいちばんかも。
Img_3155

一方、北方面の山の上には雲があってチョット怪しい感じ。
Img_3146

景色を見ながら軽く補給したら下りの開始。
ユニクロダウンベストがあるのでぬくぬく~ heart01
と思っていたら、突然プシューって、アレ?
前輪パンク?

この時季、こんなところでのパンクはさすがに凹む。
とりあえず、日なたで原因調査。

が、チューブの穴もタイヤの異物も見つからない。
Img_3158

諦めてチューブ交換してダウンヒル再開。
二度目はイヤなので慎重に下る。
南島側の路面は普段並。

R260に突き当たったら左折して帰路につく。
パンク修理で時間をとった分、体が冷えてしまったのでトンネル連続区間は頑張って温める。

Img_3159
東宮の瑞賢さんもサンタ服を着せられて、伊勢路のカッパちゃんと同列の扱い。
いいんでしょうか?

道方から旧道で能見坂へ。
トンネル横の道方山登山口にはなぜか注連縄。
Img_3160 

南島線に再合流したら、相変わらずの強風に押されたり、押し戻されたり、煽られたりしながら北上。
円座のコンビニでお昼の補給を済ませたら、ちょと時間も有ったので今日も岩坂に寄り道して15時過ぎ帰宅。

走行 105km。
久しぶりの100km越えだが、風が強いと何かと疲れる。

で、帰宅後、自転車を仕舞おうとすると、

Img_3162
タイヤにイボが Σ(゚д゚;)

サイドカットしたところからチューブが少し覗いている。
アブネ━━Σ(゚д゚;)━━!!

道中ヤバそうな出来事は記憶にないので、前からあった小傷がパックリいったのかもしれないが、藤坂を舐めんなヨ! ということか?

あと、パンクしたチューブの調査が残っているが、また後日の予定。

では、メリークリスマス....

« サドルを換えて獅子ヶ岳 | トップページ | パンクその後 »

サイクリング(中距離・定番)」カテゴリの記事

コメント

靴用カイロ 以前拝見して用意はしていたんですが今日みたいな日こそ使うべきでしたね
スッカリ忘れてしまいましたorz

久々に獅子ヶ岳走りましたがヤッパリその後に藤越・藤坂・能見坂走る人の気がしれませんでしたw
>藤坂を舐めんなヨ!
はい、もういろんな意味で舐めれませんw
特に藤坂は高度はもちろん道も景色もコワイです
私があんな所でパンクしたらもう泣いちゃいます(T_T)
二度目がなくてよかったですね

りんぷーさん、
靴用カイロは、硬くなるのでダメという方いますが、一度試しあれ。
つま先の上(シューズとカバーの間)に入れても効きますよ。

今回のパンクは結構ヤバかったです。
知らぬが仏で、能天気に寄り道しながら帰ってきましたが、
現場でサイドカットに気が付いたら、南島に下りて遠回りで帰るか、
藤坂に引き返して激坂を下るか相当迷ったでしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/581777/56385602

この記事へのトラックバック一覧です: クリスマス寒波:

« サドルを換えて獅子ヶ岳 | トップページ | パンクその後 »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ