« クリスマス寒波 | トップページ | 走り納めは、予定変更で青山 »

2012年12月26日 (水)

パンクその後

一昨日パンクしたチューブの原因調査を実施、
というほどのことはなく、フロアポンプで空気を入れたらあっさり穴を発見。
タイヤのサイドカット位置と一致したので、やっぱりこれが原因だった模様。
一時はバルブ周りを疑っていたが...

ダウンヒル中、気が付かないうちに石で擦ってサイドカット。
チューブに小さな穴が開いてパンク。
そのままチューブ交換して走っているうちに切れ目が広がって、そこからチューブがこんにちは...
という状況だったと推定。

しかし、よく無事で帰ってこれたもんだ。

モノの本に、タイヤカットの応急処置にはガムテープが使えると書いてあるのを読んでから、何時もサドルバッグにはガムテープの切れ端を忍ばせてはいるが、ホントに使えるかどうか試したことはなし(今回試してみようかとも思ったが、万が一、家の中でバーストさせてしまうとド顰蹙なので自重)。

それと、高級クリンチャータイヤの中では抜群の耐パンク性と言われるGP4000Sも、サイドはやっぱりノーガード。
実際、自分も18000kmぐらい乗り継いで、パンクはリム打ち1回だけで、信頼度抜群だったが、今までやられなかったのは運が良かっただけなんでしょうね。

とはいっても、ウェット路面での信頼感もあるのでまだまだGP4000Sを使い続けるつもり。
今回はRS80の交換用に準備していたのがあったので、既に交換完了。
年末は、前輪だけ新品タイヤで走り納め....
と思ったら、天気予報が下り坂 ( ̄Д ̄;;

もしかすると一昨日が走り納めになるかも

« クリスマス寒波 | トップページ | 走り納めは、予定変更で青山 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ガムテープですか! パッチじゃダメなんでしょうか?
お札を内側から当てても(・∀・)オッケー!みたいなのも見たことあるんですがさすがにそれは勇気がいりますネ(;^ω^)

りんぷーさん、
パッチはどうなんでしょうね。
伸びるし、ザックリいったら大きさが足りないような。

お札はよく聞きますね。
野口さんより諭吉さんのほうがいいらしいですよ。
サイクリング中に諭吉さんを持っていることはほとんどありませんが(^^;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/581777/56401638

この記事へのトラックバック一覧です: パンクその後:

« クリスマス寒波 | トップページ | 走り納めは、予定変更で青山 »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ