« 山岳グランフォンドin吉野(当日編) | トップページ | 10月定例サイクリング »

2012年10月13日 (土)

あたっく?獅子ヶ岳

今日は1週間後のアタック局ケ岳に備えて登山の足馴し。

伊勢三山つながりで白猪山あたりを考えていたが、どうも今週先に登った人がいるらしい(しかも自転車で!)
別に被ったからどうと言うことはないが、なんとなく行き先変更して、みんなが大好きな獅子ヶ岳にする。
コースは幾つかあるが、登ったことのない注連指コースにすることにして9時ごろクロスバイクで出発。

麻加江小萩林道の入り口をスルーして注連指集落に入り、バス停のある突き当たりを左折してどんどん登っていくと、途中に滝の看板。
Img_2182

男滝女滝があるらしく、まずは女滝。道から10mほど下りたところ。
Img_2183
小さめの滝。

再出発すると、道が二手に分かれ左:男滝、右:登山口の看板。
せっかくなんで男滝も見てみようと左へ行くが、コンクリート舗装の激坂 ( ̄Д ̄;;
28x32のギヤでエッチラオッチラ上るが、なかなか滝が現れず後悔し始めたところでとうとうダート道になる。
すると、ちょうど道の横に小さな茶畑がありおばさん二人が作業をしている。聞いてみると、滝は3kmぐらい先とのこと。ウヘッ さすがこれはあきらめるが、数十m先の登り口だけ確認する(11/28追記 後で調べたら3kmは間違いで 350mぐらいらしい

Img_2184
完全な登山道ですね。

Uターンして恐る恐る下り、元の道に復帰したら登山口を目指すが、こちらも徐々にきつくなってくる。途中、ガタガタコンクリートの激坂を押し歩きながら何とか登山口に到着。ふ~
Img_2185

注連指コースは歩きは多いが自転車は楽勝と思っていたが、想定外にキツかった。

Img_2186
ここから山頂まで90分(帰りは73分)だそう。

なお、この写真を撮ったところでデジカメがローバッテリー警告。ありゃま。
仕方なく、これ以降は携帯カメラをメインに使う。

靴を履き替えて出発すると、暫くは川沿いの上り。

小川をわたるところも数箇所。

Ca3d26871
橋が掛かっているところもあるが、体重掛けたら崩れ落ちそうなので横を渡る。

そのうち川から離れると、傾斜もきつくなりどんどん高度を稼ぐ。
だいぶ上って周囲も明るくなってきたところで急斜面。
トラロープを頼りに上っていく。キツ~
Ca3d26921

なんとか上りきって、広い場所に出たところで休憩。
周囲には獅子ヶ岳名物のトリカブトの花。ちょうど今が見頃。
Ca3d26941 Ca3d27131

Ca3d27121
その後、トリカブトの群落を見ながら少し行くと、日の出の森コース(いつもの展望駐車場からのコース)と合流。頂上まで500m
Ca3d26991
ここからは何度か歩いたことあるので一安心。日の出の森方面からやってくる人の声が聞こえたり、下りてくる人とすれ違ったりでちょっとにぎやかになる。

小萩コースとの合流点を過ぎて最後の急登を抜けると、展望岩に到着。やった~
Ca3d27111_2

絶景がお出迎え ヽ(´▽`)/
Ca3d27011
度会スカイラインを下に望む。その向こうは伊勢方面。

展望は後で楽しむことにして山頂に向かう。ここから5分。
ハイ、山頂。
Ca3d2704
標高733m。七洞岳と並ぶ度会町の主峰。

時間は登山口から67分ぐらい。
ここから七洞岳への縦走路もあるが、さすがにムリなので山頂を踏んだら展望岩に引き返す。しかし、一昨年来たときは見かけた山頂のトリカブトが今日は見えない。減っているのかな?

展望岩に戻ったら、まずは腹ごしらえ。
Ca3d27091_2
絶景見ながらの昼飯は格別。

その後、景色をじっくり。
志摩方面。ちょっと霞んでいるのが残念。
Ca3d27021 Img_2188

宮川河口。その向こうに知多半島。
Img_2187

津・松阪方向。鈴鹿山脈がかすかに。
Img_2191

度会・南島境界の山々。
Ca3d270311

山頂からは局ケ岳、大洞山、尼が岳、青山高原あたりが判る。
今日は撮り忘れたのでこれは一昨年の写真。
Ca3d1536

最後にタイマー撮り。傾いてますが... 
Ca3d27101_2

景色を堪能したら下山開始。
下りは50分ちょっとぐらい。なんちゃってトレッキングシューズでやや滑りやすい上に、途中から膝が苦しくなって、最後はヨレヨレで登山口に降り立つ。ふ~

自転車に乗り換えたら、激坂を恐る恐る下り、集落に戻るとホッとする。
帰りは柳原、女鬼トンネル経由で15時過ぎ帰宅。

自転車の走行距離は 59km。

今回の獅子ヶ岳 注連指コース。随所に案内看板があるので迷う心配はないが、所々道が荒れていて、急斜面もある。これまでに登ったことのある日の出の森や小萩よりは厳しい感じ。ファミリーハイキングならそちらにしたほうがいいと思う。

« 山岳グランフォンドin吉野(当日編) | トップページ | 10月定例サイクリング »

サイクリング(近距離)」カテゴリの記事

登山ハイキング」カテゴリの記事

コメント

いい天気にいい景色ですネv
早速、腕時計型サイコンも活躍したんじゃないでしょうか

注連指の登山ルートは山ヒルは大丈夫でしたか?
一昨年に行った時に集られてえらい目に会いました
未だにその時の跡が足に残っておりますorz
大丈夫そうならちょっと真似して行ってこようかなw

りんぷーさん、
サイコンは速度も心拍もセンサなしで高度計だけ使おうと思ったんですが、ちょっと変でした。
山頂で標高460mとか、家に帰ったらマイナス180mとか (^-^;
原因調査中です。

山ヒルは大丈夫でした。
山頂付近に出没するとは聞いていたのでそこだけ気をつけて、道中はノーマークでしたが、ラッキーだったんでしょうかね?

はい 私です(笑)  おかげで膝壊しちゃいました

アタック局ケ岳 頑張ってくださいね!

あたっく?獅子ヶ岳もいいなぁ 朝熊も行きたいし 行きたい所だらけで悩んじゃいます

ぐっちーさん、
いろいろ行きたいところはあっても、時間と体力に限りがありますからね。
悩ましいところです。

膝はお大事に。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/581777/55882013

この記事へのトラックバック一覧です: あたっく?獅子ヶ岳:

« 山岳グランフォンドin吉野(当日編) | トップページ | 10月定例サイクリング »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ