« 山岳グランフォンドin吉野(前日編) | トップページ | あたっく?獅子ヶ岳 »

2012年10月 8日 (月)

山岳グランフォンドin吉野(当日編)

昨日、GF吉野当日の記録。

3時前に起床。
腹ごしらえをして4時半ごろ宿を出発。土曜日の夕方から降り始めた雨は、予報どおりあがっている。やれやれ。

会場の吉野山下千本駐車場には5時前に到着。
まだ真っ暗なので、近くに街灯のある場所に駐車。
薄暗い中、自転車の準備をした後、雨具・防寒着をどうするか迷っているうちにあっという間に5時半。

集合場所に行くと、スーパーロングコース(SL)、ロングコースの順で並んでいて、自分もロングの後ろのほうに自転車を置いて待機。
Img_2156

参加者はSL約120人、ロング約150人、ショート約300人。思っていたよりは少ない感じ(ショートはスタート時刻が遅いのでまだいない)。

開会式の協会・来賓の人たちの挨拶が終わると、山伏?(よく見えない)の法螺貝で出陣?の合図。

6時ちょっと過ぎ、10人ぐらいづつ30秒間隔で出走開始。
Img_2160

自分の順番がきて最前列に並ぶと、地元の代表の人?が、一人一人と握手。ありがたいけど、これに気をとられてサイコンのリセットを忘れる  ┐(´-`)┌
程なくカウントゼロでスタート。時刻は6:15頃?

本日のコース
 距離 159km。累積上昇 2861m (by ルートラボ)
 途中にエイドが3箇所、関門が2箇所
 制限時間10時間

天気が良くてトラブルがなければ完走は大丈夫と思うが、後々SLに挑戦できそうか占う意味で、一応タイムは気にしつつ、でも、せっかくなのでエイドや景色も楽しみつつ走りたいというのが今回の作戦。

スタート後、寒さに震えながら吉野山を一気に下り、集落のなかを抜け、吉野川を渡る橋で信号待ちストップ。ここで一息つく。
Img_2162

津風呂湖への上りと、その後の湖畔のクネクネ道を走っていると、自然と集団ができ、序盤はそれに乗って淡々と進む。

東吉野の集落を抜け、川上村に入ってR169へ合流すると大滝ダムの上りでバラける。以降は、時々2,3人になりつつも基本単独走。

大迫ダムのエイドに到着。
Img_2163

GF吉野のエイドといえば柿の葉寿司は外せませんね!
2個ゲット。以前も書いたけど、 程よい塩気がサイクリングに絶妙にマッチ。
Img_2164

その他、おにぎり、バナナを頂いて、給水、トイレを済ませて出発。

Img_2165
トンネル連続区間も、大勢で走れば怖くない?
(ただし、安全ミーティングでトンネル内で長い列車を作らないよう注意あり、それは守っているつもり)
ループ橋では涼しい風が吹いていい感じ。

ピークを越えて新伯母峯トンネルも何事もなく通過し、激下ってR309へ分岐。
ここから行者還トンネルまでがロングコースの中では一番の上り。9.8kmで600m上昇なので平均斜度は普通だが、前半が結構キツイ。谷沿いの雰囲気のいい道に時々現れる急斜面にみんなヒイヒイいいながら上っていく。

やがて、右手に景色が開け、谷の向かい側の遥か上空にこれから上る道が見える ( ´・ω・`)

程なく谷を折り返すと、斜度もやや緩む。

ここで前方に赤いCAAD9のライダーを発見。ひょっとしてと思って聞いてみると...当り!
以前からブログを拝見している伊賀のtakezoさんでした。
しばらく話をしながら走った後、先行させてもらう。

峠の上りも半分過ぎると、時々大台ケ原方面の景色が開け、また、さっきとは逆に、上ってきた道が遥か下に見えるのがいい感じ。
Img_2166

そんなこんなで最後は緩い上りで行者還トンネルに到着。
Img_2167_2 

ここは長い上に照明が全くない。自分と他のライダーのライトを頼りにトンネルを走りぬけ、関門で通過チェックを受ける。

行者還から天川村のエイドまでは長い長い下り。しかし、路面が悪いので全く気を抜けない。走りなれた伊勢近辺の峠道だと、落石・落ち葉の類あるものの舗装はそんなに悪くないが、こちらは舗装がデコボコ。気を抜くとリム打ちパンク、下手すると転倒の危険 ( ̄Д ̄;; 
更に、みたらい渓谷に下ると対向車にも気を使う。

エイドに到着して地元の人に迎えられるとホッとする。
ここでも柿の葉寿司2個、おにぎり、梅干、バナナを頂く。
Img_2168

Img_2169   

天川エイドからは、暫く川沿いの緩い下り。スタート時は単独だったが、やがて5,6人の列車が自然発生して爆走。

しかし、猿谷貯水池の橋を渡るとそれもおしまい。予想外の10%坂が現れて打ちのめされる。何とかクリアしたら、緩い上りで野迫川エイドに到着。

Img_2170
ここでは、例によって柿の葉寿司、おにぎり、バナナのほか、豆腐やら豆乳を頂き、更に、最後のエイドということでジャムパンも貰って半分だけかじって出発。

今回は、一応非常食に羊羹を2つ持っていったが、手をつけることなくエイド食だけで足りた。

エイドからは、しばらく来た道を引き返して左に分岐。直ぐに現れる上りをこなすと、短いトンネルで和歌山県の高野町に突入。おおっ、自転車で和歌山を走るのは初めてダヨ!

Img_2171
なぜかピンボケになってしまった県境トンネル。

トンネル抜けてウエット路面の急坂を恐る恐る下った後、緩い上りを行くと、やがて富貴といういわくありげな名前の集落。

ちなみに、このGF吉野、コース上には矢印看板が随所に置かれ、危なそうな交差点などには警備員も配置されているので、初めてでも道迷いの心配は少ない。が、単独での細い山道や、集落の生活道路を抜けるときにはやはり心細い。暫くぶりに矢印看板見つけるとホッとする。

ここで、うわさに聞いたことのある成金のバス停を発見。
横の看板には、ここで写真を撮ると成金になれるとか... 気が付いてヨカッタ?
Img_2172 

その後、祭りの最中の富貴の集落を抜けると、五條市に入って吉野川(紀ノ川)にむかって下り。ここは路面がいいので快適。

 

Img_2174
途中で見かけた風景。写真では分かりずらいが、山の斜面にへばりつく民家がなかなかスゴイ。K732沿いのこのコース、機会があったらまたじっくり走ってみたいね。
Img_2176

やがて川沿いに突き当たると山岳コースも終了。吉野に向かって東進を始める。
2,3人と着かず離れず走りつつ、最後の黒駒の関門を通過し、信号待ちで振り返ると、いつの間にか後ろに10人くらいι(´Д`υ)アセアセ
なんとか頑張って先頭を引こうとするが、脚も終わりかけているので20m/h台後半がやっと。
しかし、前に出ようという人もいないので、下市で前走者に追いつくまでの12, 3kmを先頭で走ることになった。は~しんど。

やがてコースも最終盤。ここで吉野山に上ってゴールというのがなんともイジワルな設定。ヒイコラ上って、ゴールまで2kmの看板からが更にキツイ。車や下りでは何度か通ったことがあるはずなのに、カーブの向こうに急斜面が見えるとガックリ。歩いているショートコース参加者を追い越し、最後はインナーローでヨロヨロと立ちこぎして上りきり、やっとこさゴール

ゴール後は完走証を受け取り、自転車を置いてあったかいぜんざいを頂く。
Img_2177

Img_2180
ちょと暑いけど、甘さが体に染み渡る。
そうこうしているとSLの一番の人がゴール。早っ。
でも、なんとか追い抜かれずには済んだのね。

その後、ゴールしたtakezoさんを見かけたので再度挨拶し、家族への土産を買って吉野山を後にする。18:00頃帰宅。

ちなみに、ゴール時刻は13:38。
スタートからゴールまでの実質行動時間は7:20ちょっとぐらいで、
サイコンの走行時間は6:44。

こんなのでSLを完走できるかというと、ちょっと厳しいかも。
しかし、来年のことは分からないが、今は、まあ玉砕覚悟でSLに挑戦してみてもいいかなという感じ。途中タイムアウトでショートカットしてもそれなりに楽しめるしね。

それはそれとして、今回は何とか天候にも恵まれ、なんとか完走できて、楽しめたグランフォンドでした。
スタッフ、ボランティアの皆さんに感謝。

« 山岳グランフォンドin吉野(前日編) | トップページ | あたっく?獅子ヶ岳 »

イベント」カテゴリの記事

コメント

完走おめでとうございます お疲れさまでした

読んでて手に汗握ってしまいました
来年のSLの記事楽しみにしてます(^-^)v

はじめまして、ことのんと申します。「GF吉野」でググってやってきました。

ゴール後の写真に私が写っており"あれ?"と思い読み返すと、自転車やサイコン、ボトルに見覚えが・・・・。
コース後半、私がづーっとお背中をお借りしていた方の様で。。。大変お世話になりました。

この手のイベントには初めて参加しましたが、とても楽しくて、走りごたえのある大会でした。
来年はSLに挑戦しようかと思いますので、そのときもよろしくお願いします^^;

ありがとうございました。

結構写真も撮られたりしていて、余裕を感じます。
行者還の上りでは私に合わせてペースダウンさせてしまったかと思いますm(__)m
お陰で私は楽しかったですが(^^;

ブログにリンク貼らせて頂きますね~
これからもヨロシクです♪

ぐっちーさん、
ありがとうございます。
来年はどうなるか分かりませんが、挑戦する気になるぐらいの体力は維持しておきたいですね。

SLに参加されたお知り合いの方は無事完走されましたか?

ことのんさん、
訪問ありがとうございます。それから、お疲れ様でした。
普段は、あまり前を引くことがないのでぎこちなかったかも知れませんが、少しはお役に立てましたかね。
では、来年も一緒に楽しみ(苦しみ)ましょう (^-^;

takezoさん、
安全ミーティングのとき、実行委員長さんが景色をもっと楽しむようにと絶景ポイントを言っていたので、参考にしました。
集団走行中は難しいですが、単独なら立ち止まって撮影するぐらいはたいしたロスになりませんしね。

では、こちらにもリンクさせてもらいますね。
こちらこそよろしくお願いします。

いつものように臨場感溢れるレポありがとうございます
サラッと書いているのでもしかして自分でもショートなら走れるんじゃないかと錯覚してしまいます
アカンアカン(;^ω^)
ベテランさんのレポを鵜呑みにしたらえらい目に会う
でもちょっと興味が湧いてきました
エイドも充実してそうだし…
柿の葉寿司うまそ

>SLに参加されたお知り合いの方は無事完走されましたか?

ご一緒してた仲間が怪我されて付き添われ棄権されました 
残念ですが来年も出場すると言ってました

りんぷーさん、
記憶は美化されるというか、喉元過ぎればなんとやらで、走行後の記事は多少実態と異なることがあるかもしれませんので、そのあたりはご承知のほどを (^-^;
でも、りんぷーさんならショートは楽勝だと思いますよ。ちょっと吉野っぽさが薄いのがナンですが....
.

ぐっちーさん、
そうですか、残念でしたね。
今回も何件か事故があったようです。
とりあえず完走できたのでお気楽な記事を書いてますが、危険度高めのイベントなのは違いないですね。

それと、今回の完走率が発表されてました。
ショート、ロングが共に98%ぐらいに対して、スーパーが59%。
やっぱりスーパーの難しさが段違いですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/581777/55847633

この記事へのトラックバック一覧です: 山岳グランフォンドin吉野(当日編):

« 山岳グランフォンドin吉野(前日編) | トップページ | あたっく?獅子ヶ岳 »

フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ