« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月30日 (日)

台風の前に(その2)

現在、台風接近による嵐の真っ最中。

しかし、今朝、目を覚ましたときにはまだ降っていない。
鉄人サイクリングの欠席は決めていたが、昨日のリカバリと、とあるミッションのため、7:00にクロスバイクで近場周りに出発。

家から見た空はまだまだ大丈夫そうだったが、山方面にはあやしい雲が掛かっている。
更に、大湊の海岸に出ると、既に風が強い。嵐の前触れ。

Img_2124

20km程走って家に戻り、用事やら台風への備えをしていると10時ぐらいから降りだす。
台風の雨なので降るときは激しい。

今月の自転車はこれにて終了。

走行距離、
 ロード 841km
  クロス 173km
で、合計 1014km。

初めての月間1000kmオーバーを滑り込みで達成。

あまり距離にこだわるのもつまらないが、一度ぐらいはやってみたかったということで。

9/29 台風が来る前にどて焼きライド

昨日、29日土曜日の記録。

足の速まった台風のせいで雨が心配な週末。最近こんなのばっかり。

日曜日は影武茶さんのお誘いで獅子ヶ岳サイクリング?参加予定だったが、かなりビミョー。

しかし、吉野に備えてある程度走っておきたいということもあり、今日のうちに遠出を敢行。
多分脚は使い果たすので、日曜日の天気がよかったら、獅子ヶ岳で鉄人さんたちにボコボコにされるのは覚悟する。

行き先は伊賀。ちょっと前にネットで一部の自転車乗りの話題になった どて焼き を食べに行く。

出発は6:56。3月29日の月ヶ瀬行きとほぼ同じコースで伊賀を目指す。

今日も布引峠越え。
Img_2107 
今日のコースは坂がやや控えめなのでここはちょっと頑張った。

峠からR165への下りは超快適。
途中にある霧生のバス停。
Img_2109

この後、川沿いの緩い下りを気持ちよく走り、川上ダムができたら周回道路になるはずの道を少し上って、また下る。ここは自分でも50km/hが簡単に出せる。お気に入り。

R165を越えたら、R422から伊賀の田舎道。
Img_2111

目指す店がある、名阪国道伊賀上野パーキングへはK686で白樫ICに向かえばよいが、まだ11時前でちょっと早いのでの、時間調整のため今日も月ヶ瀬方面へ向かう。

奈良県に突入。
Img_2114
前回は気が付かなかったが、ここって奈良市なのね。
なんか、奈良県民が高見山を越えて松阪市の看板に出会ったときに感じるであろう違和感と同じ。まあ、どうでもいいですが....

名張川を見下ろすポイントで、
Img_2116

今日は、梅林には行かず(当たり前ダヨ)、その周りを一周。

その後、来た道を戻って、伊賀上野パーキングへ向かう。
R25(非名阪)からパーキングへ入る道は分かりにくいので、名阪国道の側道を走り、反対車線側にパーキングが見えたら高架下を抜けて到着。
Img_2118_2 

正確には店はパーキングの外。この辺りの情報はネットで調べれば直ぐに出てくるので興味があるひとはそちらでどうぞ。

一旦、パーキングに進入してトイレを済ませたら入店。
どて焼き定食(\1100)を注文。あっという間に出てくる。
Img_2119

どて焼き+ごはん(中)+味噌汁+おしんこ

Wikiより、
どて焼き(どてやき)は、牛のスジ肉を味噌やみりんで時間をかけて煮込んだもの。「どて煮」または「どて」ともいう。発祥は大阪と言われているがはっきりとした根拠や特定できる店などは無い。

しかし、定食のごはんは多いι(´Д`υ)アセアセ
あとで自転車乗ることを考えると、単品のどて焼きとごはん(小)で十分な気がする。

味は美味しかったです。まあ頻繁に食べるものではないと思うが...
しかし、トラックの運ちゃんたちに囲まれて、一人サイクルジャージで食べるのはちょっと勇気がいるかも。

なんとか完食。ごちそう様でした 
お腹で店を出て再度撮影。フェンスの向こうはパーキング。
Img_2120

目的を達したら帰路に着く。が、お腹パンパンなのでペースを上げられない。
とりあえずお腹が落ち着くまで20km/h以下でトロトロと走っていると、ナンかヘン。
もしやと思ってみてみると、リヤタイヤがベコベコ。あらま。
で、道路わきのJAの駐車場でのんびりとチューブ交換。
パンクの原因は細い針金状の金属。取り除いて修理完了
Img_2121 

走行再開したら伊賀市街を抜けてR163で東へ向かう。
長野峠をこちら側から上るのは初めてだが、緩いだらだら上りが続いて、いつ本格的な上りになるのかなと思っていると、あっけなく新トンネルに到着。
Img_2122_2 

トンネル抜けて、津市側を激下り、榊原方面へ右折。
美里側から、先月昇った青山高原の上り口へ向かうが、結構な傾斜の直登。
ヘロヘロで到着。
Img_2123

工事規制の看板は無くなっている。工事完了とは思えないので一旦中断?
上り口だけ拝んだら榊原温泉に向かって急降下。
R165、雲出川を渡って、一志で近道をしようとしたら迷ってしまい、来た道を引き返していることに気づく (;´д`)トホホ…

松阪市街まで戻ったらどのコースで伊勢に帰るか迷う。
一旦、R23に出るが、土曜日はやっぱり車が多いので途中から海側の県道コースに変更。
このころには、すっかり走り飽きてウンザリ。
我慢のサイクリングで16:56帰宅。行動時間10時間ピッタリ!

走行 203km
今年2回目の200kmオーバー
走行時間は8時間1分

道中の食料
 ゼリー飲料×1
 一口羊羹×1
  どて焼き定食×1
 ソフトクリーム×1
 ジュース×1

水 ボトル×3

どて焼きのパワーは結構あり、ソフトクリームとジュースはなくても帰りつけたと思うが途中の気分転換ということで。

帰宅後、天気予報を再チェックして、影武茶さんに日曜日の欠席連絡を入れる。午前中は持つかもしれないが、やはり台風なのでリスクが高いと判断。

ついでに、雨雲をチェックすると、伊賀方面は既に雨。結構きわどかったかも。

2012年9月23日 (日)

金魚移動

先週やってきた小赤、
水曜日に1匹死亡。
ちっちゃいので元気な様に見えても突然調子が悪くなって逝ってしまうのは有りがち。

今日、残る2匹をサブ水槽に移動。
Img_2093

玉突きで、サブ水槽の前入居者はメイン水槽に、
Img_2091

が、メインの既存入居者とエサ取り競争するとまだ負けそうなので分離して様子を見ることにする。

今日は、雨も上がって青空が見え出してきた3時過ぎ、剣峠の偵察に出発。

Img_2086
路面は、掃除された後なのか、結構綺麗。
ただし、当然濡れ濡れのコケコケなので慎重に走る。

その後は朝熊道を市境まで走って帰宅。

神宮田の横を夕日を背に走る、の図
Img_2087

走行 53km

2012年9月22日 (土)

予定外の志摩行き

金曜の晩、
今週の仕事も何とか終わり、週末は久々に雨の心配が無さそうだったので、日曜日は奈良方面にでも遠出しようか o(*^▽^*)o、などと思いつつ就寝。

今朝はユックリ起きて天気予報をチェックすると、明日は雨? (-_-X) オイオイ
降る降る詐欺の疑いも捨てきれないが、とりあえず明日の遠出はあきらめ、今日のうちに走りこんでおくことにする。

慌てて準備をして9時半過ぎ、夏場は全く寄り付かなかった志摩方面に向けて出発。
が、走り出してふと見ると臨時で付けているサイコンが動作していない ( ̄Д ̄;;
接触不良かと思ってゴチョゴチョと試してみるが埒が明かないのであきらる。
というわけで、単なる時計と化したサイコンを2つも付けたまま、志摩に向かってレッツらゴー

ひさびさのパールロード、
Img_2049

11:30頃パールを抜けたら、ちょっと早いが昼食にする。
きょうも きんせい の坦々面
Img_2052
やっぱり癖になりそうな味。

その後はとりあえず御座に向かうが、途中、昼過ぎだったら浜島行きの定期船があるんじゃないかと思い出す。

で、R260バイパスを気持ちよく走って、12:40頃、御座項に到着。時刻表を見ると次の浜島行きは14:00。
ちょっと間が開くが、車の多い国道で鵜方に戻るのもなんなので、適当に時間をつぶして船を待つことにする。

シーズンオフの海水浴場。
Img_2060

その後、旧道で和具方面に戻って先島半島内を一周。
今度は写真など撮りながらのんびりと、
Img_2062
Img_2067

御座港に戻ると13:40。自販機休憩しながら待っていると船が到着。
Img_2069
自転車もろとも船内に乗り込んで出発。乗客は自分だけ。
Img_2070

Img_2076
約10分の船旅で浜島に到着。運賃\300なり。
ここから乗り込む乗客は無し。いったいどれくらいの利用者がいるのやら...

浜島からは、ひたすらR260。
途中、いつものように磯笛峠に寄り道。
ツバスの鐘(だったかな?)の展望台から、
Img_2078
Img_2080

R260のアップダウンをヒイコラと走り、剣峠は先週の雨で道があやしいのでパス。能見坂に向かう。

最後の上りをクリアして能見坂旧道トンネルに到着するとホッとする。
Img_2081

その後は南島線をぶっ飛ばし(当社比)て、17時過ぎ帰宅。

途中、度会の自販機にて、
Img_2082_2 
”驚きの旨さ!”を味わってみたかったが、アマガエルのガードが固く断念 (´Д⊂グスン

走行 160.7 - 2.4(海上)=158.3 km (by ルートラボ)

調子よく走れているときは、スピードメーターがないとやっぱり寂しいね。

2012年9月18日 (火)

GF吉野の参加証と試走会の思い出

先日土曜日のことだが、来月6日の山岳グランフォンドin吉野の参加証が到着。

Img_2045 
去年もエントリーしたが9月の台風災害の影響で中止となり今年が始めての参加。

この大会、以前は7月実施だったが、安全面から10月に変更。更に、前日受付けにして安全ミーティングなるものを実施したり、ロングコースとスーパーロングコースに参加資格を設けるなど、主催の奈良県サイクリング協会もいろいろ配慮している模様(前は事故もあったらしいし...)。

自分はというと、去年6月の協会主催のオフィシャル試走会を完走済みなので今年はロングコースから参加可能。

下の写真は試走会での一枚。GF吉野名物?の激坂、足ノ郷峠
Ca3d2366

このときはまだシトシト雨だったが、
この後の峠、五番関トンネルへの上りの最中に土砂降りを喰らい、
その後のダウンヒルでは寒さでハンドルがブルブル振るえ、
かなり厳しい試走会となった(それでも参加者約30名、なんとか全員無事に完走)。

この試走コースでスーパーロングの約半分(今年はだいぶ変更になっているが)。
スーパーロングなんか完走できる気は全くしない。

試走した2つの峠、今年のロングにはどちらも入っていないが、天気だけはマシであってほしいと祈る。
雨はもういらないし、暑いのもイヤ (^-^;

2012年9月17日 (月)

新入り

今日は台風の影響で、晴天と嵐が交互にやってくる、めまぐるしい天気。

風も強いのでさすがにサイクリングはあきらめ。
朝から自転車をゴソゴソ。

まずは昨日切れたシフトワイヤーの交換。
フロント側もあわせて、インナーとアウター全とっかえ。

フロントの交換は初めてだったが、まだまだ十分使える感じ。
やっぱり使用頻度が全然違うからね。
Img_2042

変速の微調整は後でやることにして、その後は、ヘッドとBB周りの点検。

ヘッドはドロドロだったのを掃除。最近、ヘッドが緩んでダンシングするとカクカク音がして、締めなおしてもしばらくすると再発を繰り返していたので、これで直ることを期待。
Img_2043

BB周りは大して汚れてなかった。

Img_2044

ところで、昨日は運動会の他に、地域の秋祭りも開催。
というわけで、
Img_2041

新しい金魚が3尾。
現在、バケツで調整中。
あと2,3日絶食させて体調を整え、週末にはサブ水槽に移動し、玉突きでサブ水槽の2尾がメイン水槽デビューの予定。

さて、このうち何匹生き残れるか?

2012年9月16日 (日)

リカバリ走でぶっちぎれた~ (^-^;

キレました、
リヤのシフトワイヤー、

Img_2036

昨日、相津峠を下りた辺りから、リヤのシフトアップがぎこちなくなり、たぶんワイヤーかな と思っていたが、明日のほうが雨の確率高そうなので、交換は明日することにして、子供の運動会から帰ってきた3時過ぎ、昨日のリカバリ走に出発。

黒雲の掛かった朝熊道へ行くが、降った気配はないし、風の影響も少なくてなかなか気持ちいい。

調子に乗って国道突き当りまで3往復。

さあ、帰ろうか と朝熊の信号を越えたところでシフトダウンしようとレバーを倒すと、

 ブチッ、 スカッ、

あ~あ、やっちゃった....

幸い、ワイヤーはどこかで引っ掛かっているらしく、抜け落ちないのでそのままアウタートップでエッチラオッチラ帰宅。堂坂の向こうで切れなくて良かったョ。

切れたワイヤーはちょうど1年ぐらい使用。
先代も根元がほつれて切れる寸前だったので、STIに巻き込まれる部分は要注意ですね。

替えのワイヤーは、秋のイベント終了後に変えるつもりで準備していいたので、明日交換作業予定。
Img_2038

走行 46km
Img_2035

2012年9月15日 (土)

雨中ダウンヒル2連発

せっかくの3連休も天気は下り坂。
今朝は土砂降りで下の子の運動会も延期(明日・明後日も怪しいけどねぇ)

昼前頃からは晴れ間も見えてきたので、例によって雨雲予想をチェック。
時間帯によって所々雲が現れ、降られるかどうかは運次第という感じ。

とはいえ、明日・明後日走れる保証もないので12頃出発。
目的地は獅子ヶ岳にするが、先々週同様小萩の下りはコワイので、小萩から上ることにして南島線を南下。

が、いきなり通り雨で雨宿り。
Img_1992

10分ぐらいで止み、走り出すと500mぐらいでドライ路面になる。ホントに局所的な雨だったみたい。

小萩の集落を通り抜けて林道終点。
Img_1993

ここまで来ると雨の気配なし。
スタートして序盤の緩斜面を抜け、川を渡ると激坂の始まり。
シッティングでペダルを滑らかに回すのを心掛けるが、急傾斜に我慢できずに踏み込むと、とたんに後輪スリップ。つらい...

何とかコケ区間を抜けると多少傾斜が緩む場所もあるが、蒸し暑さでペースは上がらない。27分ちょうどぐらいで小萩側ピークを通過。

下り区間は濡れているので慎重に走る。
ここでオーバーヒート気味だった体も冷やされて、上り返しは多少マシになる。

ピークの6.5km標識を越えると駐車場まで緩い下り。ここで雨がポツポツとくる。 アレレ? と思いつつ駐車場に着くと本格的に降りだす。

とりあえずトイレで雨宿り。
Img_1994

参考タイムは44分35秒。前回からは一応1分半短縮。

雨は、ここでも10分ぐらいで上がったので定点観測写真を撮って下山開始。
下からガスが吹き上がっている。
Img_1996 

が、下り始めるとまたしても雨。雨雲に追いついちゃったのか?
強い雨脚ではないが、先月の乗鞍スカイラインが思い出されて憂鬱。

林道を慎重に下り、ビチャビチャ路面の注連指集落を抜けて、大紀町へ入るとドライ路面。
野原公園で自転車を軽く洗う。
Img_1998_2

その後、ここで引き返せばよかったものを、欲が出て大台まで足を伸ばし、相津峠に向かう。大台までの天気は良好。峠道に入るとやや雲が厚くなってくるが、峠下の定点観測ポイントでは走りながら撮影するぐらいの余裕。
Img_1999

峠に着くとMTBのシニアサイクリストが入れ違いで大台に下り始めるところ。挨拶して、自分も出発しようとすると。またしても雨 (lll゚Д゚) ウソー! 

第2定点観測点で写真を撮る頃には大粒の雨。
Img_2000

カメラをビニール袋にしまって走り出すが、雨脚はどんどん強くなり、相津の集落に着くころにはシューズの中はグチャグチャ。気持ち悪い (;ω;)

集落を抜ける頃には何とか雨雲から抜け、路肩に止まってソックスを絞り、多少マシになる。

その後は、丹生に立ち寄り、気分直しに豆乳ソフト (* ̄ー ̄*)
Img_2002

ちなみに、明日はメダカ祭りだそうです。
Img_2003

帰りは五桂経由で18時帰宅。

走行 113km

これまで、イベントでは散々降られたが、個人サイクリングで本格的な降りを喰らったことはなかった。  が、その運もとうとう尽きた感じ。

2012年9月 9日 (日)

所用で津まで

今日は月の第2日曜日。伊勢自転車愛好会定例サイクリングの日。
3ヶ月ぶりに参加しようと6時に起きてみると雨の跡。 
天気予報は快方に向かっていたはずだが... おかしい ( ´・ω・`)

とりあえず7時前に集合場所の河崎川の駅へ行くと、一番乗り。直ぐに影武茶さん、Aに  さん親子も到着。その後、世話人さんたちも現れたが、このころから雨がパラパラと降り出す。
ということで、今日は中止決定。残念!

家に戻ったら空の様子を気にしつつ他の用事をし、早めの昼食を食べて12頃ロードで再スタート。
前方の雨雲の様子を伺いつつR23でに向かう。
ネットの雨雲予想では松阪手前に怪しい雲が掛かっていたが、通りかかる頃には北に抜けた様で、事なきを得る。

珍しくフルR23で、追い風スイスイと走り、1時間半で目的地の津駅前ヤダサイクルさんに到着。

Img_1983
ここで来月のアタック!局ケ岳の参加申し込みを済ます。
現金書留で参加費払い込むのが面倒だったので、サイクリングついでに直接持参。

エントリーの状況は芳しくないらしく、まだまだ十分余裕があるので興味ある人はぜひどうぞ(一応20日締切り)。

用事が済んだら、ちょっと遠回りして帰る。
R163で西に向かうとなかなか快適。前方の長野峠方面は涼しげで風に吹かれてそのまま行ってしまいそうになる。
しかし、伊賀に入ってしまうと日没までに帰ってこれない。あきらめて、榊原方面に折れ、一志から松阪経由で帰る。

一志からは逆風が強くなり、当初気にならなかった暑さも徐々に堪え始め、
松阪からは中心部を避けて南周りコースを取るが、この辺りでヘロヘロになってくる。

たまらず、根木峠手前でコーラ補給。
峠を越えると進行方向が変わり何とか持ち直し、なじみのコースで17時帰宅。

走行 110km
ほとんど平地だったが結構疲れた。

2012年9月 8日 (土)

微妙な天気なので近場をちょこまかと

仕事のドタバタも一息ついて久しぶりの土日休み(これが本来の姿)。

午前中。
天気の様子を見ながらクロスバイクで出発。海沿いコースで明和方面へ。
K60で南勢バイパスを横断した辺りでウエット路面になり通り雨の跡。斎宮に立ち寄って引き返す。

Img_1976

途中、大仏山を経由して宮川橋まで戻ると、朝熊方面がモヤって雨っぽい感じ。やがて御園に入った辺りで雨がポツポツとくる。
シトシト雨のなか家に帰り着いたが、10分後ぐらいには本降り。セーフ ( ̄▽ ̄)

走行 36km

昼食後。
眠くなったのでゴロゴロと昼寝。
起きてみるとだいぶ晴れ間も見えてきたので15時過ぎロードで出発。
度会・女鬼トンネル・玉城の練習(?)コース。
市内に戻る頃にはだいぶ涼しくなってきたので、沿岸部をポタって帰宅。

Img_1980
また水平が狂っている....

走行 58km

ところで、
今日のCAADのハンドル周り。
Img_1979

なんかごちゃごちゃといっぱい付いているが、
一昨日、久しぶりにローラ台をしようとしたらサイコン(右上)がセンサを認識しない (;ω;)
いろいろ試したが復活しないので、仕方なく先代のワイヤー式(左下)を復帰させた。

故障の原因は、多分、乗鞍で喰らった土砂降り。帰宅後は電池を外して3日ほど乾燥させ。その後2週間ぐらいは使えていたんだけどねぇ。
まだ、使い始めて一年ちょっとなので痛い。

マイペースのサイクリングなら速度表示だけの先代サイコンでもかまわないけど、慣れないコースのヒルクライムなんかではやっぱり心拍計が欲しい。
どうしたものか?

2012年9月 2日 (日)

不安定な天気なれど、ちょっと涼しかった日曜日

昨日の土曜日も半日は仕事。最近、こんなのばっかり。
で、前週同様、夕方に自転車散歩。
出発がやや遅く、御園へ到達する前の大湊で夕暮れ。
しかし、雲で夕日は見えず。
Img_1959

今日。
6:30出発。微妙な天気予報で、走りながら行き先を考える。
なんとなく、県道で宮川を遡上。中川大橋を渡って、旧中川小学校前を左折。
注連指方面へ向かって、麻加江小萩林道への入り口を左折...

はせず、そのまま直進 (^-^;
路面の濡れ具合を見て、小萩への下りが心配になり、上るのは止める。

注連指集落を抜けて県道に再合流。そのまま三瀬谷に向かう。
稲刈りシーズンで農作業の車が時々通るが、相変わらず交通量少なく快適。

三瀬谷駅で小休止したら相津峠に向けて登坂開始。こちらは雨上りでも大概大丈夫。
Img_1960
駅シリーズ?

特に気張らず普通に上って、峠下で定点観測。
Img_1961

下りでもうひとつ定点観測。
Img_1962

涼しい下りを満喫したら飯高へ向かう。
櫛田川右岸を遡り、黄色い橋でR166に合流。道の駅は素通りして突き進む。
この辺りのR166はやっぱり走りやすく快適。

R422との分岐で右折。湯谷峠に向かうが、その前に、道端で羊羹食べて補給。

Img_1964
向こう側は三峰山。中腹を走る道は飯高北奥林道。車で上ったことはあるが、自転車はまだなのでそのうち行って見ないといけませんね(今日はそんな元気なし)。

湯谷への上りは、ちょっと頑張って踏んでみる。
が、トンネル直前で力尽き、ヨロヨロとトンネルを抜け、いつものように不動明王さんで給水。

宮川沿いに戻ったら、再び三瀬谷にむけて走り出す。
ここまで天気は概ね曇り。雨も降らず、日差しもキツくなくでいい感じ。
が、都合の良い天気が、そうそう続くわけもなく、このあたりから雨が降り始める  ( ̄Д ̄;;
本降りではないがシトシト雨のなか、三瀬谷に戻り着く。

ここで早い昼飯にして雨雲が通り過ぎるのを待とうかとも思ったが、結局、道の駅で軽く補給してさっさと伊勢に戻ることにする。

Img_1967
船木橋から、宮川と大内山川の合流点。

走り出すと雨は上がったが、途中、ところどころで降り出すことも。
ワイルドなローディなら、こんなの雨のうちに入らんぜぇ? と、かまわず突っ走るところだが、濡れると風引くひ弱ローディは木の下で雨宿り。
Img_1971

女鬼トンネルを越え、今日は、玉城の王富で昼食。
Img_1972

食べながら、この辺りはやたら落雷が多いので今日みたいな日の自転車は気をつけるようにと、大将に脅される(ホントにコワイらしい  ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ)。

その後は、まだ涼しかったので、玉城の黒雲の下を抜けたら、多少寄り道しつつ14時過ぎ帰宅。

走行 151km。
来週は、このまま一気に秋に突入 ....してほしい

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ