« 夕日 | トップページ | 不安定な天気なれど、ちょっと涼しかった日曜日 »

2012年8月26日 (日)

曽爾高原から香落渓

今日は、鈴鹿や乗鞍でアツイ戦いが繰り広げられたことかと思いますが、自分は、先週の乗鞍でこの夏のメインイベント終了。いつものサイクリングに戻る。

しかし、先週、避暑地で走ったせいで、暑い中走る気が起こらない。
ということで、青山高原、乗鞍高原(ちょっと違うか?)に続く高原シリーズ第三弾。曽爾高原行きにする。結局、帰りは暑い中走ることになるのだが...

6:30出発。やや遠回りだが、女鬼トンネル、栃原経由でR368に合流。茶倉をまわって仁柿峠を越える。

今日も鶯の水で給水するが、隣にあるオフロードコースで大会か何かやっているらしく、けたたましい音を立てオートバイが走り回っている。

Img_1875
オートバイが飛んでます。

で、天気だが、仁柿の前ごろから山に怪しい雲が掛かっていたが、峠を越えた辺りでときどきポツポツとくる。さらに、飼坂トンネルを越えると路面は完全ウェット。どうも通り雨が過ぎた直後みたい。

Img_1876
奥津の駅で自販機休憩しながら、どうするか思案するが、空を見ると快方に向かっている気がしたので予定通り曽爾に向かう。

大洞山には雲が掛かっている。
Img_1877

御杖の道の駅を過ぎ、旧道を使って御杖村中心部に向かい、国道に再合流する直前で右折。曽爾高原に上る道は幾つかあるが、ここからだとそれなりの坂だが、距離は短いので、曽爾村側から上るよりは楽(と思う)。

斎場の看板が目印。
Img_1878_2
 

平均10%強を1.5km程上ると、牧場の牛さんがお出迎え (◎´∀`)ノ
Img_1879

Img_1880
何やってんだろうね~ って感じでしょうか?
一応、走りながらの撮影だが片手運転の上りはツライ。

牧場に着いたら一息つく。

高見山地方面の展望。雲で今ひとつ。
Img_1884

牧場を通り抜ける道には通行止めの看板あるが、バリケードは開けてあって中途半端な感じ。そのまま突き進む。

原因はこれみたい。
Img_1886

牧場を抜け、曽爾高原の看板が見えたら左折。短いながらも強烈な激坂をクリアすると、高原が見える。
Img_1890

少し下って上り返すと到着。
Img_1891_2
ススキは背丈ほどまで伸びている。

ちょっとだけ足を踏み入れようと、クリートカバーをして、青少年自然の家の横の舗装路を上る。
Img_1896

何とか歩けそうな土道を上り、小さな丘の頂上に到着。

Img_1905_2

ここから高原内を見渡せる。
Img_1898

兜岳や鎧岳がある東側の山地。
Img_1903

風が吹くと涼しくていい感じ。少しお腹もすいてきたので、ここで弁当 といきたいところだが食料は持って上がってないので、ファームガーデンで食べることにする。

高原に別れを告げ、曽爾村側に激下り、ファームガーデンの米パンの店で調達。

日影を見つけて食べる。モチっとした食感のパン。いいです。
で、その後はソフトクリーム。
Img_1912 Img_1913

オリジナルのヤーコンソフトだが、普通の味です。

ソフトクリームでパワーが復活してきたら、出発。
K81まで下り、名張方面に向けて北上。
香落渓の絶景を見ながら緩い下りを行く大好きなコース。

小太郎岩。で、よく見ると・・・
Img_1915_2 Img_1916 
登ってますよ・・・(゚0゚)

更に下って、

柱状節理の岩。
Img_1921 Img_1922
ここは一人で頑張っているのかな?

やがて、青連寺湖畔の道になり、楽しかった道もここまで。
Img_1925
赤い橋を渡ったら右折してK694で東進、R368に向かう。炎天下のダラダラ上りがこたえる。

Img_1926
峠を越えたら、
こんどは細いクネクネ道を激下り。こちら側から上るのはかなりキツイと思われる。
長瀬でR368に合流したら御杖に向かって反転。ここも本来は名張川沿いのいい感じの道のはずだが、暑いし、脚も消耗しているしで結構辛い。ひたすら我慢の上り。

大洞山もすっかり晴れてた。
Img_1927

何とか御杖の道の駅を過ぎたら来た道を引き返す。
奥津までの下りを楽しんだら、飼坂トンネルへの上り返しで打ちのめされる。
ヘロヘロでトンネル越えて、再び鶯の水で給水。おかげで今日は水を買わすに済んだ。

二柿峠を下りてからも、暑さと向かい風に苦しめられ、更にお尻も痛くなって、苦行サイクリング。途中、コンビニでの大休憩を挟んで16:10頃帰宅。

青山高原のときも思ったが、こういうときは多気も玉城もいらない。二柿下りたらすぐに伊勢 とはいかないものか?

走行 171km

秋は人が多いが、今年中にもう一回ぐらい行きたいね。
今度はもう少し歩ける靴も持って、帰りは名張からの輪行で十分。

« 夕日 | トップページ | 不安定な天気なれど、ちょっと涼しかった日曜日 »

サイクリング(長距離・遠征)」カテゴリの記事

コメント

ひゃ~、この暑さの中、またまた曾爾高原まで往復ですかぁ・・・(´ρ`)ぽか~ん

影武茶さん、
前半は雲も多かったし、山は涼しくてよかったですよ。後半は苦行でしたが...

それから、R368で御杖に戻る途中に左へ分岐する道があって、看板に大洞スカイランドへ6kmとか書いてありましたよ。
以前、影武茶さんが言っていた大洞山と尼ケ岳の間の峠に続いているのかなと思いました。
当然、行きませんでしたけど。

その看板らしき物は僕も車で下見?した時、気が付き、「あれっ、こんな所にも道があるのかな」と思いました。
地図を拡大して確認してみると、それは大洞山の南側にある道じゃないでしょうか。
倉骨峠は当然、大洞山の北側、猿子自治会館・仏閣寺より少し東にあるバス停から登るルートで、
比較的新しい道なのか、車対向可能な立派な峠道ですよ。

そう、倉骨峠でしたね。
地形図見てみました。
クネクネといっぱい道があって判りにくいですが、看板の道は、南周りでスカイランドにつながるのと、猿子からの道につながるのとに途中から分岐してますね。どんな道かは分かりませんが。

や、やっと繋がった(~_~;)
なぜかリンクからわいださんのブログだけが開かなくなっちゃいました
遅レスですが…

最初こそ曇りとはいえこの炎天下の中170kmの山あり谷あり…
見習わなくては…と思ってもとても無理ですorz

香落渓のロッククライミング私もみましたけどすごいですよね
あれもとてもマネできない

お疲れ様でした

りんぷーさん、
別に、りんぷーさんを拒否していた訳ではないんですが、ナンだったんでしょうね。

ロッククライミングはね、
自転車のヒルクライムもかなり物好きだと思いますが、あれには負けますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/581777/55514975

この記事へのトラックバック一覧です: 曽爾高原から香落渓:

« 夕日 | トップページ | 不安定な天気なれど、ちょっと涼しかった日曜日 »

フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ