« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月26日 (日)

曽爾高原から香落渓

今日は、鈴鹿や乗鞍でアツイ戦いが繰り広げられたことかと思いますが、自分は、先週の乗鞍でこの夏のメインイベント終了。いつものサイクリングに戻る。

しかし、先週、避暑地で走ったせいで、暑い中走る気が起こらない。
ということで、青山高原、乗鞍高原(ちょっと違うか?)に続く高原シリーズ第三弾。曽爾高原行きにする。結局、帰りは暑い中走ることになるのだが...

6:30出発。やや遠回りだが、女鬼トンネル、栃原経由でR368に合流。茶倉をまわって仁柿峠を越える。

今日も鶯の水で給水するが、隣にあるオフロードコースで大会か何かやっているらしく、けたたましい音を立てオートバイが走り回っている。

Img_1875
オートバイが飛んでます。

で、天気だが、仁柿の前ごろから山に怪しい雲が掛かっていたが、峠を越えた辺りでときどきポツポツとくる。さらに、飼坂トンネルを越えると路面は完全ウェット。どうも通り雨が過ぎた直後みたい。

Img_1876
奥津の駅で自販機休憩しながら、どうするか思案するが、空を見ると快方に向かっている気がしたので予定通り曽爾に向かう。

大洞山には雲が掛かっている。
Img_1877

御杖の道の駅を過ぎ、旧道を使って御杖村中心部に向かい、国道に再合流する直前で右折。曽爾高原に上る道は幾つかあるが、ここからだとそれなりの坂だが、距離は短いので、曽爾村側から上るよりは楽(と思う)。

斎場の看板が目印。
Img_1878_2
 

平均10%強を1.5km程上ると、牧場の牛さんがお出迎え (◎´∀`)ノ
Img_1879

Img_1880
何やってんだろうね~ って感じでしょうか?
一応、走りながらの撮影だが片手運転の上りはツライ。

牧場に着いたら一息つく。

高見山地方面の展望。雲で今ひとつ。
Img_1884

牧場を通り抜ける道には通行止めの看板あるが、バリケードは開けてあって中途半端な感じ。そのまま突き進む。

原因はこれみたい。
Img_1886

牧場を抜け、曽爾高原の看板が見えたら左折。短いながらも強烈な激坂をクリアすると、高原が見える。
Img_1890

少し下って上り返すと到着。
Img_1891_2
ススキは背丈ほどまで伸びている。

ちょっとだけ足を踏み入れようと、クリートカバーをして、青少年自然の家の横の舗装路を上る。
Img_1896

何とか歩けそうな土道を上り、小さな丘の頂上に到着。

Img_1905_2

ここから高原内を見渡せる。
Img_1898

兜岳や鎧岳がある東側の山地。
Img_1903

風が吹くと涼しくていい感じ。少しお腹もすいてきたので、ここで弁当 といきたいところだが食料は持って上がってないので、ファームガーデンで食べることにする。

高原に別れを告げ、曽爾村側に激下り、ファームガーデンの米パンの店で調達。

日影を見つけて食べる。モチっとした食感のパン。いいです。
で、その後はソフトクリーム。
Img_1912 Img_1913

オリジナルのヤーコンソフトだが、普通の味です。

ソフトクリームでパワーが復活してきたら、出発。
K81まで下り、名張方面に向けて北上。
香落渓の絶景を見ながら緩い下りを行く大好きなコース。

小太郎岩。で、よく見ると・・・
Img_1915_2 Img_1916 
登ってますよ・・・(゚0゚)

更に下って、

柱状節理の岩。
Img_1921 Img_1922
ここは一人で頑張っているのかな?

やがて、青連寺湖畔の道になり、楽しかった道もここまで。
Img_1925
赤い橋を渡ったら右折してK694で東進、R368に向かう。炎天下のダラダラ上りがこたえる。

Img_1926
峠を越えたら、
こんどは細いクネクネ道を激下り。こちら側から上るのはかなりキツイと思われる。
長瀬でR368に合流したら御杖に向かって反転。ここも本来は名張川沿いのいい感じの道のはずだが、暑いし、脚も消耗しているしで結構辛い。ひたすら我慢の上り。

大洞山もすっかり晴れてた。
Img_1927

何とか御杖の道の駅を過ぎたら来た道を引き返す。
奥津までの下りを楽しんだら、飼坂トンネルへの上り返しで打ちのめされる。
ヘロヘロでトンネル越えて、再び鶯の水で給水。おかげで今日は水を買わすに済んだ。

二柿峠を下りてからも、暑さと向かい風に苦しめられ、更にお尻も痛くなって、苦行サイクリング。途中、コンビニでの大休憩を挟んで16:10頃帰宅。

青山高原のときも思ったが、こういうときは多気も玉城もいらない。二柿下りたらすぐに伊勢 とはいかないものか?

走行 171km

秋は人が多いが、今年中にもう一回ぐらい行きたいね。
今度はもう少し歩ける靴も持って、帰りは名張からの輪行で十分。

2012年8月25日 (土)

夕日

夏休み終了後、バタバタ忙しく、今日も昼間はちょっと仕事で、夕方に自転車散歩。

御園の宮川堤に出たところで夕日が見える。

Img_1871

日が沈む先は堀坂山の隣の観音岳 。

昼間は相変わらずの暑さだったが、この時間はかなり涼しい。暗くなる時間も早くなってきて秋の気配。

2012年8月24日 (金)

8/18,19 ACA 乗鞍ヒルクライム2連戦(その2)

だいぶ間が開いてしまったが、19日の乗鞍スカイラインヒルクライムの記録。

今日も4時過ぎには起きてしまい、あまり早く出発しても仕方ないのでまた温泉につかったりしながらダラダラと準備し、7時ごろ出発。
あっという間に集合場所の朴の木平スキー場第3駐車場に到着。

いつもの如く受付け、出走準備するが、2日連続ヒルクライムの上、昨日よりキツいコースになるので、念のため、スプロケットを12-28に交換 (昨日は 12-25)。

昨日、多度山さんには、2日目のほうが体が慣れて調子いいよ と言われたが、剣峠ぐらいならまだしも、乗鞍でそれはあり得えません! ( ̄Д ̄;;

天気は、雲が多少あるものの日が差すとちょっと暑い。

ウォームアップは駐車場横の短い坂を行ったり来たり。
予想通りなかなか心拍が上がらないので、今日は160ぐらいを目処にする。

8:30開会式。今日は工事による片側交互通行が3箇所あるらしい。運次第で純粋なタイムアタックにはならないが、これもツール・ド あいち。信号で止められたらゆっくり水が飲める。

Img_1833 
開会式の風景。向こうに見えるのがスタート直後の坂。
解体中のスキー場施設が物寂しい...

今回のコース
 朴の木平スキー場第3駐車場 ~ 畳平駐車場
  距離 20.8km (実測)  高低差 1522m  平均勾配 7.3%  
 
 距離はエコーラインとほぼ同じだが高低差は260mも多い。┐(´-`)┌
 
  5kmごとの平均勾配は、6.9%  8.8%  7.6% 5.9% で
 序盤~中盤、特に国道を離れてから平湯峠までの9.7%がキツイ。
 が、やはりこれも後で知ったこと。スタート時点では知る由も無し。

ちなみに、7月に開催されるスカイラインのヒルクライムレースは、スタート地点がもう少し上になり、距離も標高差も少ないらしい。

作戦
 無理はしない。
 心拍 160ぐらい。
 目標タイム わからん。 

今日も、9:00一斉スタート
スキー場内はみなさんわりとゆっくりペース。国道への下りで加速して上りに入る。

国道は抑え気味。平湯峠への上りに入り傾斜がキツなったところで、前方の若者(?)二人のペースがやや落ちたので追い抜く。またこの頃(記憶があいまい)に、後ろから来たもう一人に追い抜かれる。一瞬ついていこうかと思ったが、無理そうなのでやめる(ゴール後、この人が岡山から参加のJINさんと判る)。

しかしこの辺り、日差しもきつくて辛い。たまらずリヤをシフトダウン.... しようと思ったら既にインナーロー。早くも28Tを使い切ってしまい、その後も惜しみなく使うことになる(交換しておいてヨカッタヨ)。

しばらくすると、前も後ろも見えなくなる(結局、ここからゴールまで一人旅)。

我慢の上りで何とか平湯峠を通過すると、多少傾斜が緩み楽になる。

ここからは、ツーリング中の自転車を多く見かけるようになる。
時折、前方にローディが見え、一瞬、落ちてきた前走者か! と期待するが、ペースが違いすぎるので別のグループとわかりガッカリ というのが数回。
また、蛇行運転しているMTBツアラーには、ガンバレ! と余裕の振りをしてパス。

9km付近? で最初の信号。もう少しというところで青が点滅。あわてて踏んで赤になるのとほぼ同時に信号区間に突入。が、今度は区間通過目前で信号が変わったらしく、待機していた対向のバスが動き出し、すぐ横をすり抜けていく。もうちょっとぐらい待ってよ。

夫婦松という場所(展望台があったみたい)を過ぎて2つ目の信号。今度は赤で約50秒待ち。ここですかさず給水。

再スタートするとやや元気が戻っていて、後ろからやってきたバスと並んでヘヤピンカーブを駆け上がる。

その後は涼しくなったこともあり、淡々としたペースで上る。やがて景色も開けていい感じになってくるが、雲で遠望は利かない。

17km付近の最後の信号区間も待ち無し通過。この付近からガスが濃くなり。視界50m程。フロントライトを点灯。

この後、最後のヘヤピンを通過すると高原地帯に突入。
前方に景色が開け、一瞬現われた下りで加速。

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

が、それが終わると急坂で失速。

見覚えのあるエコーラインとの合流点を過ぎると、今日は邪魔されずに畳平駐車場に突入。ゴール

タイムは98分38秒。心拍はあまり見ていなかったがほぼ150台で推移していたはず。
着順は初の1桁! しかし、昨日のうちにダブルヘッダーで走った人も合わせたらたぶんいつも通りになりそう。
Img_1834

終わってみると、このコースは平湯峠までのキツイ上りと、終盤の高原地帯が印象的。
エコーラインのように頂上を見ながら上ることはなかったが、晴れていたらどうだったかな?

畳平は今日も曇り。周囲の山も見えたり見えなかったり。

休憩して着替えが済んだらJINさんとも話をさせてもらい、帰宅時間は気になるが、雷は鳴っていないので靴を履き替えて散策に出発。
剣が峰に行く余裕はないので、すぐそこの富士見岳に上る。
Img_1842

Img_1843

Img_1846_2 
今日は山ガールに撮影してもらう。

Img_1850_2 Img_1851

結局、一時間ほど散策して駐車場に戻り、感想文書いて、下山開始。

例によって、撮影のためしょっちゅう止まる。
Img_1859 Img_1863

その後、信号区間を過ぎた辺りから雲行きが怪しくなり、気温も下がってくる。やがて、雨がポツポツ。

Img_1865 Img_1867 
雨対策は上着ぐらいしかしていなかったので、路肩に停車して雨準備。
が、しかし、カッパズボンとシューズカバーがザックの奥から取り出せない。
めんどくさくなり、結局、ザックカバーと指長グローブだけ追加して再スタート。

たいした降りにはならないだろうとたかをくくっていたら、やがて本降り、その後、土砂降りに....
視界は20mぐらいで、ブレーキの効きも落ち、コワいは寒いはで泣きそうになる。
幸い、ほぼ同じタイミングで下った人たちが数人いて、常に誰かが見えている状態だったので正気を保てたが...

結局、ほぼずっと土砂降りのなか約15kmを下って、朴の木駐車場に無事辿り着く。良かった~

取り合えず自転車をしまって、着替えをしていると、雨は弱まり、やがてあがる。 (-_-X) オイオイ

自販機の暖かい缶コーヒーと、朝、協会から配られたパンで軽く腹ごしらえをして帰路に着く。

途中、高速の渋滞やら、それを避けるために一般道をウロウロしながら、20時過ぎ帰宅。あ~しんど。

今回の乗鞍。最後はちょっとアレでしたが、参加してよかったです。
三重県外の道などあまり走ったことのない自分が言うのもなんですが、レースやTTでなくても、一度は走ってみてよい道だと思います。

先月の御岳も入れてと比べると、走りやすさは御岳。景色はエコーライン。スカイラインも平湯峠以降はわりと走りやすく、終盤は気持ちも盛り上がる。といったところが個人的な感想。まあ、天気次第ですが。

さて来年はどうしましょうかね。
メジャーレースに参加か、ACA+剣が峰に再挑戦か、あるいは、周辺をのんびり周回というのもいいかも....
時間と予算、それから何より家族の理解と健康が必要ですな。

2012年8月21日 (火)

8/18,19 ACA 乗鞍ヒルクライム2連戦(その1)

18日と19日に開催された、ACA ツール・ド あいち ヒルクライム乗鞍エコーライン&乗鞍スカイラインに参加してきました。

乗鞍はロードバイクに乗り始めた一昨年から行ってみたかった所だが、なんやかんやで行けず今回初挑戦 (*^-^)

乗鞍といえば8月最後の週末にある超メジャーなレースが有名。当初はそちらを考えていいたが、いろいろ調べていると、広くはないエリアに多過ぎる人を集めるせいか、やれ宿がどうの、駐車場がどうの、スタート後の渋滞がどうのと、いろいろめんどくさそう。
お祭りにあまり興味がなく、乗鞍に上ることだけが目的ならACAのほうが気楽でいいかと思い、こちらを選択。

決して、メジャーレースのクジに外れたとか(JCAの優先エントリー枠が使えるし)、参加費が安い(8000円 VS 2000円)とかが理由ではありません (^-^;

でも、メジャーレースも一度ぐらいは参加してみたい気はするが....

で、ACAのほうは当初18日のエコーラインだけのつもりだったが、期日が近づくにつれ、せっかく行くんだったらやっぱり19日のスカイラインも... という気持ちが強くなり、妻子を家に残し、親父だけが3日間も観光地で遊び呆けるという暴挙に出る。家族サービスしたくないわけではないが受験なんでねぇ。仕方ないですな (^-^;

出発は17日朝。いろいろ寄り道したりしながら18時ごろ松本市内のR158沿いの宿に到着。今日は大気の状態が不安定で、来る途中も突然の雷雨があったりした。で、18日も同じ様に不安定で乗鞍岳は午前中曇りか霧、午後から雨の予報 展望は望めないが、濡れずには済むかもしれない。もしダメでも、19日は回復に向かうらしいのでそちらに期待する。

が、ここで自転車用のボトルを忘れてきたことに気が付く _| ̄|○

まあ、短時間?のクライムだから何とかなるか、と 気を取り直し、風呂に入ったら他にすることもないので21時頃には消灯。

余り寝付けなかったが、翌朝4時半頃に起き上がる。夜中降っていた雨は予報どおり明け方には上がり、空の所々には晴れ間も見える。

5:40頃、宿を出発。集合場所の乗鞍高原の観光センターに向かう。

途中、コンビニ補給を挟んで小一時間ほど走り、そろそろ到着かと思うころ目の前に乗鞍岳の姿が現れる ヽ(´▽`)/
まったく期待していなかったので感動。9時のスタートなんか待たず、天気悪くなる前にさっさと上りたくなる。

観光センター駐車場に到着すると、まだ早いのでスタッフさんの姿は見当たらない。
自転車の人は結構居るが、参加者なのか来週のレースの練習の人なのかは分からない。
少しうろうろすると今日も多度山さんを発見し、ほっとする。これでACAのヒルクライムは全て参加し、来週のレースも出るらしい。相変わらずスゴイ。

Img_1771 Img_1773

とりあえず乗鞍岳を撮影した後(いつ見えなくなるかもしれないし....)、受付を済ませ、最後の腹ごしらえをして出走準備。

給水はペットボトルにCCDドリンクを詰めてジャージのポケットに入れることにする。

一通り準備ができたらウォーミングアップに、2km程を2回ゆっくり上る。

8:30の開会式が始まろうかという頃、下山用のリュックに慌ててトレッキングシューズを押し込んで、協会がチャーターしたマイクロバスに預ける。
Img_1779

開会式の風景。参加者50人ぐらい? 手前のグリーンの自転車は誰の?

今回のコース
 乗鞍観光センター ~ 畳平駐車場
  距離 20.7km (実測)高低差 1260m  平均勾配 6.1%  
 
 ちなみに、5kmごとの平均勾配は、5.4%  5.9%  7.3% 7.7% 
 で徐々に傾斜がきつくなる感じ。
 だが、これは後で知ったこと。これくらいは事前に調べておけばよかった。

作戦
 心拍 160台後半~170ぐらい。他は無し。  
 目標タイム 80分(御岳の経験からやや強気の設定)

9:00一斉スタート。今回も先頭からちょっと遅れて、あまり抜きも抜かれもしない位置。

序盤は広葉落葉樹林に囲まれた道を行く。伊勢周辺の鬱蒼とした杉林とは違って明るい雰囲気。
3,4km程進んだころにはばらけて、前方50mぐらいに一人(白黒ジャージさん)と、たまに、更に先にもう一人(赤ジャージさん)が見えるぐらい。

6km辺りの三本滝からマイカー乗り入れ禁止区間に突入。ここから先、自動車はバス、タクシーのみ。タクシーはほとんど気にならないがバスは3台一組でやってきて、道幅の狭い場所やヘヤピンでは、追い越されや、すれ違いに多少気を使う。

三本滝からしばらくは傾斜も比較的ゆるく、少ないが平坦路やくだりもある。で、ちょっと傾斜が緩んだ場所で、ペットボトルからの給水を試みる。

が、キャップを開けるのに手間取り、かろうじて1口飲んだところで急斜面に突入、右手にキャップ、左手にボトルを持った状態でハンドルに手を置き何とかクリア。

おかげで前の白黒ジャージさんを見失いかけて、あわてて距離を詰める。
これに懲りて、この後は給水できず、結局、500mlのペットボトルはほとんどムダに持って上がっただけになった。

11km付近。序盤に比べるとやや傾斜がキツくなってくる。ここで赤ジャージさんのペースが落ち、それに合わせて白黒ジャージさんとの距離も詰まってきたような感じがする。というわけで、ここで少しペースを上げて、白黒ジャージさんをパス。それから少し間を空けて赤ジャージさんもパス。

が、しかし、これはやっぱりムリがあった。すぐに心拍176ぐらいで息切れ。回復までしばらくペースダウンして、白黒ジャージさんに抜き返される。

この後も、白黒ジャージさんと前半と同じような間隔を取りながら上っていく。と、程なく景色が開けてくる。
遥か下方の景色と、上ってきたくねくね道。すばらしい高度感

それから、遂に山頂付近や雪渓が見えたときには、おおっ と感動 ヽ(´▽`)/
が、目を凝らすとこれから向かう道も遥か上空に見えるのは痛し痒し ┐(´д`)┌

17,18km付近。白黒ジャージさんとの間隔が徐々に開いてくる。
ここまで、脚攣りの兆候はなかったが、空気が薄くなったせいか心拍が苦しくペースアップできない。
どうやら力はあちらのほうが上だったみたい。

ここで時計を見ると78分ぐらいで、県境の峠に向かって最後の上り(この時点では最後との確信はなかったが...)の最中に80分経過。

ヨロヨロと峠を越えると、畳平の景色が開ける。
ここで緩い下りを急加速。が、下った先は乗鞍スカイラインとの合流点。スカイラインが優先なので一旦停止のため減速をしていると、スカイライン側の山陰から突然バスが現われて前方10mを通過。TT中でも交通ルールは守らないといけませんね。

再び加速して駐車場に向かうが、今度はさっきのバスが駐車場入り口で停車中のため減速。

ゴール目前でどうしてくれんの~ (`ε´)

ということで、今度はちょっとズルをして反対車線で駐車場に入り、ゴール
そんなこんなで、ゴール後は特に息切れもせず。出し切った感はいまひとつ。途中の苦しさをもう忘れているョ

タイムは81分45秒。平均心拍167。
80分切りは次の目標となる。

Img_1782
畳平の天気は曇り。
白黒ジャージさんと話しをしたり、景色を見たりしながら、協会の用意してくれたスポドリやらお茶を頂いていると、あっという間にガスが掛かってくる。

その後、多度山さんもゴールして、着替えていると雷鳴が轟く (lll゚Д゚)
雨が降り出す前に下りるのがいいか、通り過ぎてからのがいいか相談するが、多度山さんは先に下りるとのこと。
自分も、感想文を提出し、遅れて下山開始。
せっかく靴を入れてきたが雷はコワイ。ハイキングはお預け。

が、しかし、そこは初めて来たおのぼりさん。下山中も写真撮影のためしょっちゅう停車して、なかなか進まない。
Img_1785 Img_1789
県境峠にて。ツーリング中の大学生に撮ってもらう。

下山など防寒・防水さえできればいいと思っていたのでヘンな恰好。
そうこうしていると、練習と思しきローディが次々と上ってくる。どうやらレースは峠付近がゴールみたい。

その他、コース上は自転車天国。ACA参加者、練習ローディ、ツーリングの人、スキー板担いだ小軽車の人。
更には、お父さんのMTBにチャイルドシートを乗っけたファミリーまで w(゚o゚)w

Img_1792 

ふと横を見ると、雷鳥の親子、
Img_1799 Img_1800
撮影中も逃げるそぶり無し。

Img_1807 Img_1813

Img_1818
だいぶ下ってきた。防寒装備ではちょっと暑い。

観光センターに戻ったら、着替えて昼食。

カレーに、ソフトクリーム
Img_1821 Img_1822
朝よりは雲が増えてきた。

この後はせっかくなので乗鞍高原の遊歩道を散歩。
遠くでは雷鳴が相変わらず続いているので、なるべく車から離れなくて良いコースで1時間少々。涼しくて気持ちいい。

Img_1825 Img_1827

その後、お土産買って高原を後にする。
R158に下り、安房トンネルを抜けて平湯温泉の宿泊施設に18:00頃到着。

ゆっくり温泉につかって、夕食食べて、今日も21時頃には眠くなり就寝。
すっかり早寝早起き習慣になってしまった。

つづく。

2012年8月19日 (日)

乗鞍スカイライン

今日は岐阜県側の乗鞍スカイライン。 

Img_1864

今日も楽しい下りでした....

この辺りまでは。

この後、土砂降りの中、15kmのダウンヒル (;ω;)

上りについては、そのうち記事にします。

おやすみなさい。

2012年8月18日 (土)

乗鞍エコーライン

Img_1801
楽しい下りでした。

上りは…

忘れました。

2012年8月17日 (金)

移動中

Img_1762_3
野麦峠はきつかった。

イヤ、自動車ですが…

大気の状態は不安定。
もう聞き飽きたよ。

2012年8月15日 (水)

調整中

夏休みも今日で前半終了。
今のところ、懸念された仕事関係のスクランブル発進も無く、何とか無事に過ごす。

今日は午前中、度会・女鬼トンネル・玉城のコースで調整走。
途中、少しだけ踏んで、あとはユルユルと追い風にのって帰ってくる(いつもと大して変わんないか?)

しかし、今までのイベントは、1週間休んで土曜日に足馴しして、ハイ、本番 という感じだったので、調整といってもどうしたものかよく分からない。とりあえず完全休養日は設けずにやってみるが、果たしてどうなるか?

11時に市内に戻ってきたら、マクドで昼食買って帰宅。
Img_1739
今日は奥さん仕事で、上の子は塾。”昼はお父さんと好きなところへ食べに行って”といわれた下の子が選んだのがコレ。
まあ、安上がりでいいけど。

2012年8月13日 (月)

青山高原から布引山地(半)縦走

  夏休み2日目。昨日、平地とはいえ80km走ったので今日は控えめにしておきたかったが、天気予報が、

 降るよ、降るよ、明日も明後日も雨だよ。走るんなら今日しかないよ。

と脅すので、仕方なく行くことにする。

目的地はほぼ2年ぶりの青山高原。予定よりちょっと遅れて6:20頃出発。

一応平日なので旧伊勢街道で行くが、櫛田川で旧23に入ると、そんなに混んでない。しかも追い風で走りやすい。これなら最初から旧23でさっさと行けばよかった。

松阪中心部を抜け、R23でしばらく我慢し、雲出川手前で左折。今日も、旧街道の渡し場跡でトイレ&補給。

Img_1712 
目指す青山は霞んでほとんど見えない...

この後、R165から榊原温泉を目指すが、道を一本間違えて、危うく補給ポイントのコンビニを見逃してしまいそうになる。

榊原温泉に到着。ここまで50km。やっぱり遠い。

Img_1714
ここから風車がよく見えるハズだが...

この後、K512青山高原線の基点にある商店で自販機補給。コーラを飲んで、更に、水も買って2つのボトルを満タンにする。これからヒルクライムをしようというのに1kg近くも水分を追加するのは痛いが、この先暫く自販機すらないので仕方ない。何とかならないもんですかね。

というわけで、水と食料満載で11km弱のヒルクライムスタート。沿道には工事通行止めの看板がしつこく現れるが、日曜日と、この13~15日は休工という事前情報を信じて突き進む。

やがてR163への分岐点を過ぎると本格的な上りの開始。ここにもでっかい通行止め看板があるが、横があけてあるのでスルー。

しかし、序盤から脚は重いは蒸し暑いはでかなり苦しい。道は以前からの1.5車線道路と、改良された片側1車線道路が交互に現れるが、前者は舗装がヤヤ荒いし、後者は傾斜がキツイ様な気がしてどっちもつらい。
ほぼ中間ぐらいの工事区間を過ぎる頃には、暑さは感じなくなったが、終盤、風車が横に見えてからも更に上りは続いて、ヘロヘロになりながら自衛隊基地の入り口に到着。

Img_1715
疲れで写真もブレている?
このあたりがほぼ最高地点と思う。参考タイム47分ぐらい。距離は伊吹山短縮コースとほぼ同じはずだが...

Img_1717
高原道路のアップダウンを走って展望所。

見晴らしはイマイチだが、これでも自分が来た中では一番いいくらい。

Img_1721_2
お約束の風車。デカ過ぎて撮りにくい。

暫く展望所で休憩して涼んだら出発。

Img_1725
伊賀方面のほうがよく見える。

この後、高原道路のアップダウンを過ぎたら、豪快なダウンヒル。豪快すぎてコワイ。
青山峠まで下ったらR165には出ず、K755で保養地へ向かう。短いが結構キツイ上り。

保養地のピークを下って。大原越え峠
Img_1729

右からやって来て手前に下る。左は奥鹿野へ下る道だが、路面が悪いのでロードバイクでいくのは止めましょう(以前クロスバイクで怖い思いをした)。

大原越えの下りは、キツクはないがコケっぽいので慎重に下る。
大原集落からの太い道に出たら右折して、白山の基地に向かって再び上り。あ~しんど。

Img_1731
白山基地への分岐。右へ行くと基地内に入ってしまうので、左へ進む。
ちなみに同じ航空自衛隊でも青山高原(笠取山)とは違う部隊らしい。

ここからは、小さなアップダウンを繰り返しながら、布引の山の東斜面をトラバースするように進む。
こんな感じの林間の薄暗い道。涼しくて快適。
Img_1732

舗装は綺麗で、今日は落石・落ち葉もほとんど無い。
が、しかし、交通量がほとんど無い上に舗装が綺麗過ぎて、濡れているとよく滑る。
昨日の富士見ケ丘より緩い上りでも後輪スリップするので慎重に走る。

同じ様な風景の中を7km程ほど走り、さすがに飽きてきた頃、メナード青山リゾートに到着。

Img_1733
布引峠で、お約束の写真。
榊原温泉以来ひさびさの補給ポイント。が、水も食料もまだ余裕があるのでここはスルー。伊賀側に少し下ったところで左折。緩い上りでゴルフ場の横を抜けると、突然現れる古田の集落。
Img_1734

よくもまあ、こんなところに住み着いた人がいたもんだと思う。
集落を抜けるとまた細い道になって美杉に突入し、緩い下りで桜峠に到着。
Img_1735

K755は峠を横切って更に大洞山方面に続いているが、ここからは未走区間の上、最後は激坂下りが待っているらしい。濡れていると目も当てられないので、布引山地縦走はここまでにして、K39で八知に下る。
こちらの道は初めてではないが、砂利が流れているところもあって、それなりに気を使う。今日は楽しめる下りが少ない。

八知からは定番ルートで帰る。
K15で奥津へ向かい、飼坂トンネル越えて美杉の道の駅で軽くメシ。

Img_1736
梅チャーハン。味はまあまあだが、これで\500はちょっと...
涼しいところで座って食べたかったので入ったけど、もうちょっと何とかならないかな?
その後は仁柿峠を越えるが、今日はあの仁柿の下りがスゴく走りやすく感じる。
R166に合流したら昨日と同じルートで15:30頃帰宅。
真昼間の一番暑い時間帯に山から降りることになって、灼熱地獄を覚悟していたが、うす曇りだったので助かった。

走行 160km ピッタリ

青山高原はやっぱり遠かった。
今度行くときは、伊勢までバッチリ見渡せるような日がいいな。

2012年8月12日 (日)

雨、降る降る詐欺か?

昨晩の雨の降り方から、今日はあきらめムードで7時過ぎ起床。
が、起きてみるとすっかりやんで路面も乾いてきている。

そうなると、またいつ降り出すかわかんない天気なので、ロードの準備をして8時半頃出発。
とりあえず、女鬼トンネルから栃原経由で車川に向かう。

Img_1708
今日は、車川の油田公園で、川遊びイベントがあるらしく、家族連れがちらほら。
この後は、飯高道の駅か、相津峠に寄って帰りたいところだが昼食は家で食べると言って出てきたので時間的に厳しい。それではと、久しぶりに富士見ヶ原に上って引き返すことにする。

文後トンネルを抜けて、短いながらも気持ちよいダウンヒルでR368に合流。桜峠を越えてすぐのところにある富士見ヶ原入り口へ左折。すぐに激坂の開始。1.5kmで150m上る。

しかし、100mぐらい進んだところで路面がウェットになり、立ちこぎでもないのに後輪がスリップ。あれっと思っていると、ズルズルと3回ほど続けてスリップして失速。Σ(゚д゚lll)アブナッ !  立ちゴケを覚悟したが、かろうじて左足を着いて停車。

Img_1710
さすがにキケンなので富士見ヶ原はここで断念。粥見に下って、相津の集落手前の湧き水で給水だけした後、茶倉をまわって伊勢本街道ルートで帰宅。

帰路に着くころには晴れ間も多くなり、気温も上がってきたが、追い風気味でわりと気持ちよく走れた。

走行 81km

交換したFDの調子はまあまあ。少なくとも前よりは安心してシフトチェンジできる。

昼食後、奥さんのママチャリのパンク修理。
前輪のチューブを取り出して見ると夫々の穴が5mm以上はあろうかというスネークバイト。 どんな大蛇がいたんだよ と思いつつパッチで修理。
しかし、さすがに安物ママチャリだけあって、まだそんなに乗ってないはずなのに既にリムテープが一部擦り切れている。替えも持っていないし、これ以上暑い中で作業する気にもなれないので、とりあえずこのまま使って、次パンクしたらお店で見てもらうよう言って終了。

2012年8月11日 (土)

明日から夏休み

今週は今日まで仕事。ふ~
で、明日から19日まで夏休みheart01 

が、なんですか? この天気予報 (`ε´)

Photo

来週末は乗鞍行きのつもりなんで、回復力の無さを考慮すると、ガッツリ乗れるのは火曜日ぐらいまでかと思っていたんですがねぇ

まあ、休めるだけマシか....

明日は7:00から愛好会サイクリングですが、天気も怪しいし、朝起きる気力も湧かないので失礼します。

2012年8月 9日 (木)

FD交換

先週からのクリート、サドルに続いて交換シリーズ第3弾。

フロントディレイラーのプレートが歪んでしまって(FD-5600では良くあることらしい)、ちょっと前からアウターに掛かりにくくなってしまっていたので、新しいのに交換。

新しいのはFD-5700。シマノの互換表では保証できない組合わせだが、大概大丈夫という情報が多いので、付け替えて、取り説とメンテ本を参考に格闘。一応変速できる様にはなったので、あとは実走で様子を見る予定。

Img_1706

しかし、ワイヤーの固定方法を間違えて、シフトレバーがむちゃくちゃ重たくなってしまったときにはあせった。後から考えれば納得いくが、最初は理由が分からず、レバーを壊したかと思った。

2012年8月 5日 (日)

松阪朝錬ポタ

今日の天気予報は台風の影響?で降るんだか降らないんだかよく分からない。
朝起きてからネットで雲の動きをチェックすると、山間部は怪しいが、沿岸部は大丈夫そう。

というわけで、6:05とりあえず海沿いコースで出発。

Img_1679
北浜の堤防。
この後も追い風スイスイで、帰りのことは忘れて突き進む。

櫛田川を越え、いつもなら西黒部でR23に合流するところだが、今日は反対に向かい、松阪港方面へ、

Img_1681
工場横のストレートコース。

松阪港に到着。しばしポタリング。
Img_1682

Img_1684_2

空港アクセスにも立ち寄ったが、写真がちゃんと撮れてなかったので省略。

この後も海沿いを行こうと思ったが、間違えてR23に出てしまったのでそのまま走って、小津から嬉野方面に向かう。が、行く手の上空には黒雲が掛かり、雨もポツポツしてきたので近鉄の踏み切り手前で右折。風に吹かれてあてどなく北上する。なかなか引き返すきっかけがつかめなかったが、雲出川に突き当たったところで旧伊勢街道に合流することにする。

Img_1687
渡し場後の公園。こっち方面に来たときはちょくちょく利用する休憩ポイント。トイレとボトル給水ができる。

松阪中心部に戻ったら、そろそろ暑くなってきたので、リスクを承知で雲のある方面に向かうことにする。阪内川沿いを行こうかとも思ったが、もうちょっと追い風を味わいたくてK59で松阪IC方面へ。そのうち堀坂山が気になりだして、伊勢寺町のコンビニにIN。

軽い補給を済ませたら、雲が掛かった堀坂山に向かってレッツラゴー
Img_1689

今日は地元の草刈りらしく、伊勢道高架下付近の沿道では休憩中の人たちが見送ってくれてチョット緊張(自意識過剰ダヨ...)

堀坂峠の上りはひたすら辛い。獅子ヶ岳なら緩斜面で加速する場面もあるが、そういうのがない。上のほうで多少坂が緩む頃には既にヘロヘロで加速する元気も出ない。

ゼエゼエと峠に到着。タイムは22分21秒。アレッ? そんなに悪くない(当社比)。あんまり計ったことないけど去年のベストから10秒落ち。昨日の獅子ヶ岳の体たらくと比べたらずいぶんマシ。
Img_1690_2

暫く峠で涼んだら引き返す。嬉野に下ってもどうせ雨だろうし、そもそも今日は峠に上るつもりもなかったので時間的にも無理。

Img_1691
ガーと下って、K59の五輪峠(オリンピックと何か関係あるのか?)を越え、R166に合流しようかというところで雨。
が、再びK59に左折する頃には止む。

K59を東進すると、最近開通した広域農道との交差点。というわけで、トンネルはちょっとイヤだが行ってみることにする。
一つ目のトンネルは短い上り。
Img_1692

Img_1693
二つ目は長い下り。阿波曾蛸路.. なんて読むのコレ?
自転車で通るなら松阪側からがいいかな。わりと交通量あるので、あえて行くほどではないと思うが。

その後は、佐奈で2度目の通り雨に会いつつ、五桂から度会経由で11:50頃帰宅。帰り着く頃にはカンカン照りで暑かった。ずっと市内にいた人には天気予報大ハズレでしたね。

佐奈の大楠の下で雨宿り中。
Img_1694

五桂池の「おもしろ自転車広場」。面白そう。でも、どこにあるの?
Img_1695

走行 116km。何がしたかったのかよく分からないコース。

夕方、
クロスバイクのサドルを交換したので試走。
Img_1703
\1980のバーゲン品だが一応形だけはレーサー用。CAADのサドルより細いくらい(クロスに合わなければCAADで使ってみる算段)。脚は良く回せるが乗り心地はやっぱり硬い。パッド無しパンツでは20kmぐらいまでか?

それから、帰って庭木に水遣りをしていたらクマゼミが産卵中。
Img_1705 
枯れ枝に産むというのはホントでした。

2012年8月 4日 (土)

ヨタヨタ朝練

今日は土曜日にしてはがんばって6時起床。6:50出発。

女鬼トンネルから柳原経由で一旦、野原公園へ寄り道。その後、注連指を抜けて麻加江小萩林道へ突入。

上り始めてしばらくすると、前回同様、今日もトップヒルクライマーさんとすれ違い。

というわけで、その後も、前回同様、2kmぐらいで失速。息は上がれど足は回らず。3km地点で完全にヤル気喪失。もう途中で帰ろうかと思いながら、ヨタヨタとのぼり29分 ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…

駐車場では、車で来ていたおじいさんに話掛けられる。
少し話をしていると、さっきのヒルクライマーさんが再登場。
すごい勢いで登山口に向かって駆け上っていき、戻ってきたらトイレ横のベンチに置いていたボトルを取って下っていった ( ゚д゚)ポカーン スゴー

上っている最中に追い抜かれなくてヨカッタ
いや、いっそ、ぶち抜かれたほうが気合がはいった.....かな?

Img_1677

その後は、小萩に下って真っ直ぐ帰宅。今日は雲が多くて、もう少し走りたかったが、午後から用事のため致し方なし。

走行 72km

2012年8月 3日 (金)

クリート交換

ロードシューズのクリートを交換。

一年半ぐらい使ってだいぶ磨耗してましたが、日曜日のサイクリングで川原を歩いたりしたのがトドメになったみたい。
その後、左側をはめるときにカチッとならず、ムニュッという感じで気持ち悪いので、新品に交換です。

Img_1676

さて、この土日の天気は?

2012年8月 1日 (水)

命名

ニックネームがなかった私のロードバイクにも、遂に、

Img_1592

CAAD9 ハマボウ号..... ( ̄Д ̄;;

看板とフレームのカラーが妙にマッチ。
おんたけ前日にちょっと足馴しに出かけたときの写真デス

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ