« 今日の剣峠はにぎやか | トップページ | 日影を求めて彷徨 »

2012年7月22日 (日)

ツール・ド・あいち ヒルクライムおんたけ2240

表題の通り、ACA主催のツール・ド・あいち "第1回 ヒルクライムおんたけ2240スカイライン"に参加してきました。

場所は長野県王滝村。松原スポーツ公園をスタートし、御嶽山の登山口になっている田の原天然公園までの標高差1300m距離22kmのヒルクライムサイクリング

御嶽のヒルクライムは、去年までパワースポーツ社主催で開かれていたが、今年は撤退。で、その時期に"たまたま”ACAの人がここでのイベントを思い立ったとか。

しかし、伊勢から王滝村まで300km以上。なかなか参加のハードルは高い。かなり迷ったが、腰もかなり回復しているし、1000mオーバーヒルクライムを体験してみたいということで、期限ギリギリの先週水曜日に参加申し込み。ギリギリでもまず定員オーバーになることがないのがACAのいいところ(^-^;

出発は土曜日の夕方。やろうと思えば日帰りも可能だが、早朝(深夜)300kmドライブしたあとヒルクライムして帰ってくるのは辛い。かといって、土日丸々使って観光ついでに行ってくる程のヒマもない。ということで、今回は前日に多治見まで移動して素泊まり1900円の安ビジホに宿泊。

宿を朝5時過ぎに出発して残りの行程を行く。
が、問題は天気。先週、梅雨明けしたものの、この週末は一時的に不安定な天気。
Img_1598
中央道を走っていると霧っぽい小雨 (;;;´Д`)  この時点で山の上からの展望はあきらめ、ずぶ濡れにならなければ御の字と腹をくくる。

中津川で中央道を降りたらR19で木曽川を遡る。観光無しといいつつ、初めての場所なので、ちょくちょく止まって景色を眺めつつ快適なドライブ。

"木曽御岳が見える道の駅"からも今日は見えません。
Img_1607

7:40頃松原スポーツ公園に到着。
Img_1612_2 

既に駐車場はかなり埋まってる。みなさん気合が入ってますね。参加者は50人ぐらい。空には雲が多いが、少し青空がのぞいているところもあり道中よりはマシな感じ。

自分も受付・自転車準備・着替えと済ませ、下山用の服を預ける。
レースみたいに荷物は持って上がってもらえるので助かる。とはいえ、あくまでサイクリングなので、ライトやベルは着けたまま。今日はパンク修理セットも持って行く。

その後、ウォームアップに近所を走り、会場に戻ってきたら、今日も多度山さんの姿が見える。先月のGF三重以降もいろんなレースに出まくっているみたい。

Img_1614
8:30開会式。その後、集合写真を撮ったらスタートの準備。

 今日の作戦は特に無し。一応、高さ的に、獅子ヶ岳3つ分、伊吹山短縮コースなら2つ分ぐらいと思ってみるが、実感は湧かない。目標はとりあえず90分。あわよくば80分という感じ。

Img_1615

そんなこんなで、スタート地点付近に集まって、9:00ちょうどにスタート
最初は公園内道路をゆっくりと。外の道に出たところで加速。先頭グループは10人ぐらいが飛び出し、自分は第二グループ(というかその他大勢)の前のほう。道に迷わないように、なんとか前が見えるぐらいの距離で付いていくが、例によって心拍は早くも170オーバー。

数人に抜かれたり、抜いたりしながら(今日はここで多度山さんをパス)、工事でルート変更になった集落の中を抜ける。
やがて、スカイラインに入るころには先頭は見えなくなり、周りもばらけてくる。しばらく心拍170台中盤でがんばるが、さすがにこのままでは持たないと思い、徐々に160台に落とす。

傾斜はきつくないので比較的走りやすい感じ。今日は、距離計見ると滅入ると思って時計を見ながら走る。

20分程経過。ほぼ一人旅。時たま前方のライダーが見えるが距離が縮まる気配はない。

40分経過。やっと伊吹山が終わったぐらいの感じ。これで半分くらいかと思うとウンザリしてくる。

45分辺り。霧が出てきてライトを点灯。空気はヒンヤリして気分も持ち直す。暫く幻想的な中を走るが、そのうち、雨が降り出し、その後も降ったり止んだり。

50分過ぎ辺り。15km地点のスキー場入り口を通過したところで距離計表示に変更。その後はロープウェーに沿った九十九折れの道。前方を走るライダーは、何故かみんな軽々と速く見える(自分もそんなに変わらない筈だが...)。再度心拍170台に上げてみるが追いつけそうで、追いつけない。

20km手前。前の一人が緩斜面でダンシングを始め、苦しそうに落ちてきたので追い抜く。ずいぶん久しぶり。

20km通過。いよいよラスト2km。50mほど前にもう一人見えるので追いつこうかと頑張ってみるが、右脚ハムストリングが強烈に痙攣。あわてて力を抜いて治まるが、追撃はあきらめる。

しかし、この時点で時計は70分台だったので、もしかしたら80分切りいけるかも と望みをつなぐ。

が、いつまでたってもゴールに着かない。22kmはとっくに過ぎているハズなのに、カーブを曲がると、又、次の坂... の繰り返し(;ω;) 前の人、道間違えてるんじゃないのと疑いたくなる。

そのうち、坂の上にスタッフの人が見え、やっとゴールが近いことが分かる。が、この時点ではダッシュする気力もなく、ヨロヨロとゴール!

自転車を降りたとたん、両太腿が痙攣を始め、ブルブル震えながら立っているのがやっと。そんな状態のところに、スタッフの人に記帳を急かされて、くちゃくちゃのたくった字でやっとこさ記入。その後も、暫くその場に立ち尽くしてやっと治まる。ふ~

結局、実測距離は23.4kmタイムは86分06秒。想定外の1kmちょっとはむちゃくちゃキツかった。
着順は、ここ何回かのツール・ド・あいちとほぼ同じ。山岳GFがヒルクライムになっても、定位置変わらずといったところ。

その後は例によって、お茶やお菓子を頂き、後続の人達がゴールするのを見ながら着替え。上はアンダーも替えて長袖ジャージにレインジャケット、下は、シューズカバーにカッパのズボンで完全防備。ちなみにゴール地点の気温は14℃。

Img_1618

Img_1622_2
暫くウダウダしたら、公園駐車場を一回りして下山開始。

Img_1624

Img_1629
時々、停車して写真を撮ったり、上ってくる人に声を掛けながらのんびりと下っていくが、数キロ行ったところで、また雨が降り出す。しかも往路のときより明らかに強い。暫く下れば止むかと思ったが、全然止まない。
swisstopのブレーキシューは確かに効くが、あんまり長いと磨り減ってなくなってしまうんじゃないかと心配になる。

結局、麓近くま下り、路面が乾いた場所に出たところで、カッパズボンを脱ぐ。ついでに御岳湖の景色を撮影。
Img_1635

が、そうこうしているうちにここも降りだしたので、追われるように下山。
やっぱり、山の天気は変わりやすく、場所によっても全然違う。

運動公園に戻ったら、ドロドロの自転車を軽く掃除。
当初は、せっかくここまで来たので、湖周りのサイクリングでもして帰ろうかと思っていたが、雨に降られてその気力もなくなり帰路に着くことにする。

途中、蕎麦を食べて、お土産を買い、ちょくちょく休憩しながら19時頃帰宅。
帰りのR19は蒸し暑く、車も多く、ちょっとウンザリだった。

今回、初めての1000mオーバーヒルクライムだったが、傾斜がきつくないこともあり、そこそこいけた。また足攣ったけど (^-^;
展望が得られなかったのは残念だったが、晴れたら下のほうでは暑かったと思うし、難しいところ。

次回のACAイベントは、来月の乗鞍。こちらも行って見たいが、御岳より更に遠いのが悩みどころ。

« 今日の剣峠はにぎやか | トップページ | 日影を求めて彷徨 »

イベント」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした。乗鞍も遠方ですが、一度走ってみる価値は十分ありますよ。
一週間後の大きな大会は渋滞が起きるそうですが、ACAなら心配いりません・・・(◎´∀`)ノ

影武茶さん、
一昨年、去年と、行けそで行けなかった乗鞍。走ってみたいですね。
大きな大会も気合が入りますけど、今年は気楽なACAで狙ってみます。
嫁さんの許可が問題ですが...

毎回毎回スゴイ大会に出てますネ
獅子ヶ岳でお腹いっぱいの私には1000mオーバーを心拍数コントロールしながら走るってのが想像すらできません
お疲れ様でした

りんぷーさん、
心拍数コントロールと言うと聞こえはいいですが、
"頑張らない自分"への言い訳ツールという説もあります。
単に、"もう、しんどいから手を抜こう"というより、心拍幾ら幾らにしようといったほうが、なんかカッコいいでしょう? ( ^ω^ )

こんにちはー
コメントありがとうございました!

伊勢からのご参加でしたか、そりゃ日帰りはキツそうですね。
しっかしまさか1900円ホテルまでご一緒してるとは…(笑)

JINさん、
早速、コメントありがとうございます。
なかなか、割り切ったサービス?のホテルでしたね。
今後ともよろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/581777/55257183

この記事へのトラックバック一覧です: ツール・ド・あいち ヒルクライムおんたけ2240:

« 今日の剣峠はにぎやか | トップページ | 日影を求めて彷徨 »

フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ