« 今日は迷ったあげく | トップページ | 番外編 »

2012年5月15日 (火)

5/13 榛原発 大台ケ原経由 熊野行き

5月13日 日曜日。前日の強風もおさまって絶好のサイクリング日和。
関西ヒルクライマーの聖地(本当か?)、大台ヶ原へのサイクリングを決行しました。

しかし、伊勢から大台ヶ原は遠い。自走なんかしていたら途中で力尽きて山中で日没を迎えそうだし、麓まで長時間車を運転するのも、イベントとかならともかく、もったいない。

というわけで、折衷案として(伊勢よりは)近くまで輪行して大台ヶ原に上り、その勢いで熊野まで走る案にする。まっ、もし途中でしんどくなったら吉野にエスケープするということで...

ちなみに大台ケ原自体は今回で3回目(4年ぐらい前の家族ドライブと、学生時代にバス! で)

5:10頃自宅出発。伊勢市駅で輪行準備して5:48分上本町行き快急に乗り込み、車中で腹ごしらえをしつつ、7:08榛原到着。

Img_1313
自転車の準備や自身の軽量化、途中の補給食調達などをしている間に結構時間を取られ、本格的に走り出したのが7:47頃。R370を南下する。
奈良県は朝冷え込むという予報だったので心配だったが、晴れていることもあり、ウィンドブレーカ代わりに持ってきたレインジャケットを着てちょうどよい程度。

ちょっと旧道を走ってみたりしつつ、ゆるーい上りで関戸峠を越えると、吉野川まで気持ちよい下り。程なく津風呂湖からの道が合流し、ここから大台ケ原上り口までは10月のGF吉野予定コースの一部をトレースする。

Img_1316
吉野川に到達。
ここでR370に別れを告げ、K16,K262と、旧伊勢街道沿いの街と吉野川の渓流をながめつつ遡り、R169への合流手前で、ジャケットを脱いだりして上りの準備。

R169に入ったら、直ぐに大滝ダムへの上り。川上村役場の手前あたりで山が大きく崩れた跡が見える。去年9月の台風災害の爪跡で、今は仮の道が出来ていて支障なく通過できる。川上の道の駅ではトイレとボトル給水だけ済まして更に南下。しばらく平坦路が続いた後、再び上りが始まって大迫ダムに到着。
Img_1319

さて、ここから大台ケ原上り口までが、ある意味大台ケ原以上の難所。恐怖の上り&長大トンネル連続区間。
いつものサイクリングなら避けたいコースだが、GF吉野に出るなら走らざるを得ないので、1回走るのも2回走るもたいして変わらないと開き直り。ダム横の公園で補給食べつつ突入準備。テールランプ2灯、反射タスキ、反射バンドでブルべ並みの装備  (^-^;

最初のトンネルに向けて上っていると、これから向かうループ橋が見える。
Img_1320

程なく入り口に斜度4%の表示がある伯母谷トンネルに突入。ここはあせっても仕方ないので淡々とべダルを踏む。
一旦、ループ橋に出てしばしの開放感を味わった後、大嶽トンネルも何とか通過。
幸い今日は交通量が少なめであまり怖い思いはせずに済んだが、車線も変えずすぐ横をかすめて行ったバスには腹が立った。また、トンネル内でループするのはちょっとイヤ。
やっぱり大型連休とか車の多そうな日には走らないほうがいいと思う。

さらに少し上って峠に到着。ここからK40(大台ケ原ドライブウェイ)が分岐しているが、去年6月の災害で通行止め。
上北山村側に少し下ったところから迂回路を上る必要がある。

というわけで、新伯母峯トンネルに突入。下りだが路面が良くないので慎重に飛ばすが、こちらも長大トンネルなので最初から見えている出口の明かりがいつになっても近づかない。で、ふと見るとサイコンの表示が速度も心拍もケイデンスもゼロ? こんなところで使えなくなるのは後々つらいなあと思いつつ、トンネルを出ると復活。なんだったんでしょう? ここって何かが出るところ? ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ

更に少し下って今度は最近開通した和佐又トンネル。明るく路面のよい新トンネルを快調に下り、トンネル出たらすぐに迂回路へ左折する(自転車の扱いは不明だが、車はここは左折禁止。詳しくは村のホームページなどで)。

暫く進んで更に右に分岐すると、いよいよ20kmのヒルクライムの始まり。

Img_1326

まずは、大台ケ原ドライブウェイ伯母峯峠に向けて和佐又伯母峯林道を上る。この道、多分昔のR169だと思うが、路面は比較的きれいだし、自転車にとっては道幅もそこそこある(たぶん迂回路用にきれいにしたばかり)。
木陰も適度にあって暑すぎず、かといって薄暗くて寂しいということもなく、雰囲気は悪くない。
が、やっぱりキツい。激坂ではないと思うが、昨日のサイクリングや、ここまでの行程の疲れもあり足が重い。インナーローでヨロヨロと進む。リヤ28Tにしておいて助かった。

Img_1327
なんとかドライブウェイに合流。残り15km。休憩なしで上ろうなどという気はとっくに失せている。

ドライブウェイに入るとやや傾斜も緩むがペースは上がらない。
新緑の回廊状態になっているところや、段々と開けてくる大峯山脈方面の景色で気を紛らわせつつ、相変わらずヨロヨロと上り、辻堂分岐で2回目の休憩。ほぼ中間点。このあたりまで来ると木々の緑もまだ少ない。
Img_1329

ヒルクライム大会でも使う林道は現在通行止め。
Img_1330

補給を取って出発するが、水が残り少ない。R169の茶屋で給水しなかったのが悔やまれ、大台ケ原にたどり着けるかどうか心配になる。
この後もひたすら我慢の上りで、こんなに辛いヒルクライムは久しぶり。

やっと現われた平坦路を少し走ると交互通行用の信号で停車。走り出すとこんどは急斜面。絶景を見る余裕もなく、なんとか信号が変わる前に交互通行区間を通過。しかし信号待ちの車にはフラフラと上ってくる自転車がなんと映ったか...

この後、下りもあったりしてなんとか持ち直し、大台ケ原駐車場にむけて最後の上り。
カーブの向こうがゴールかもという期待を何度も裏切られつつやっとこさ到着。

あ~しんどかった

時刻は12時半。上りはじめから、休憩入れて1時間40分ぐらい。
出発前には午前中には着けるかと思っていたが大台ケ原を甘く見てました。反省....

大台ケ原の空はうす曇り。風はヒンヤリしているが、弱いので寒くはない。天候には恵まれたかな?
駐車場では特に見るものもないので(ビジターセンターの中は見たことある)、自販機休憩とトイレを済ましたら下山の準備。

Img_1334
ビジターセンターの向こうに見えるのが大台ケ原山(日出ヶ岳)?

腹巻、レインジャケット、冬用グローブで防寒し、駐車場内を一回りしたら下山開始。
下りはむちゃくちゃ気持ちいい。時々対向車がくるので慎重に飛ばすが、上りの辛さをすっかり忘れさせる楽しさ。
途中、ローディ1名とすれ違い、所々止まって写真撮影。

Img_1338
大峯山脈の方向

Img_13451 
見渡す限り山

Img_1347
こちらは台高の山?

下るにつれて風の冷たさが和らいでくるのが良くわかる。
Img_1353
和佐又伯母峯林道に戻る。

下りきったら、帰りの算段。熊野発16:40の列車に間に合うかどうか微妙な情勢。
ダメなら18:18(終電!)もあるが、とりあえず16:40を目標に出発。
R169に合流して激下り、R309(行者環)への分岐を過ぎると自転車でも車でも行ったことのない未知区間に突入。
途中、上北山村の道の駅で食料とお土産を調達。しかし、このあたりから下り坂も緩み、向かい風気味となってスピードもダウン。更に、川がダム湖になるころには小さなアップダウンも始まってペースが上がらない。
下北山村を通過して熊野市に入ったあたりで、到着予想時間を見積もったところで完全にあきらめる。列車の時間には着けるかもしれないが輪行準備などの時間が取れそうにないという結論。

どうせ無理ならもうチョット北山川沿いの景色を楽しみながら走ったほうが良かったかと後悔するも、ここからは18:18に確実に乗れるよう無理なく走る方針に変更。

Img_1356
北山川で撮った唯一の写真。

五郷でR309に分岐し、突然現われたコンビニで休憩。その後R42に向けて緩い上りを行くが、なぜかこのあたりで脚に力が戻ってくる。さっきのR169でペースが上がらなかったのは燃料不足だったのかも。
R42に合流したら、小阪トンネルへ向けて本日最後の上りをクリアし、熊野市中心部に向けて激下り。ここは車も多いので怖いが、熊野灘が見えたときにはちょっとした達成感。
そんなこんなで16:40ちょっと前にに鬼ケ城入り口に到着。やっぱり予想通り。

ここから、時間稼ぎにポタリングして、17:30頃熊野市駅に到着。
しかし、のんびり輪行準備していたら、弁当買おうと思っていたキオスクが閉まってしまう( ̄Д ̄;;  オバちゃん帰るの早すぎ....
仕方なく、駅前に一軒だけあったコンビニ風食料品店で売り切れ寸前の弁当をゲット。
Img_1375

列車に乗り込み、多気で乗り換えて21:40伊勢市駅着。

長い旅でした。

走行162km(サイコン読み。自宅~駅の往復含む)
ルートラボだと累積上昇 2800mとかになっているが、もっと少ないはず。
自転車での到達標高1580mは、これまでの茶臼山(愛知県)を越えて自己最高。
しかし、スタートが海抜300mで、ゴールがほぼ0mなので、全体としては下り基調のコースと言えなくもない.....

« 今日は迷ったあげく | トップページ | 番外編 »

サイクリング(長距離・遠征)」カテゴリの記事

コメント

登りも登ったり2800mですか(@_@;)
読んでいるだけで心臓バクバク足パンパンです
これでヒルクライム大台ケ原&GF吉野の予行練習もバッチリ!?
向こう方面は輪行するにも終電が早すぎて時間配分にも緊張感がありますネ
ホントお疲れ様でした!

榛原から大台ヶ原登って熊野ですか 凄いですね
私は恥かしながら麓付近からで往復60kmのみでした それでも1時間半近くかかりましたよ

わいださんは輪行を上手く活用されてますね 自分の輪講袋なんか古いのに新品状態です 
電車の中で駅弁 あこがれます(笑)

りんぷーさん、
記事にも書きましたけど2800mはウソですよ。
そこまでは無いと思います。

ヒルクライム大台ケ原ですか?
コースはいつか上ってみたいとは思いますけど...
レースはかんべんしてもらいたい感じです(^-^;

確かに、熊野からの輪行はりスキーでしたね。
ちょっとトラブルがあったら帰れなくなるところでした(^-^;

ぐっちーさん、
コースは去年ぐらいから考えていたんですが決行できずにいました。
このあいだのぐっちーさんのコメントが背中を押してくれました。
ありがとうございました。

往復60kmということは道の駅からですか?
それでもかなり下からですよね。

それから、残念ながら駅弁にはありつけませんで、コンビニ弁当でした。
でも美味しかったですけどね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/581777/54718168

この記事へのトラックバック一覧です: 5/13 榛原発 大台ケ原経由 熊野行き:

« 今日は迷ったあげく | トップページ | 番外編 »

フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ