« 15000km | トップページ | 行き当たりばったりの小峠巡り »

2012年3月29日 (木)

月ヶ瀬梅林へ

今日は平日ですが、今週は土曜日が仕事なのと、今年度ほとんど有給を使っていないこともあって休暇を取得。天気は良さそうだし、わざわざ休暇を取ってトレーニングもないだろうということで観光サイクリングすることに。

目的地は奈良(ほとんど三重だが...)の月ヶ瀬梅林。今まで横を通ったことはあるがシーズンに行ったことは無し。開花情報によると、やはり今年は遅くて、週初めの段階で五分咲きとか。でも、どうせ土日は人いっぱいだろうからこの機会に行ってみることにする。
休みとはいえ週の半ばに無茶もできないので輪行装備を持って7:30頃出発。通勤時間帯の幹線道路を走る気はないので旧伊勢街道ルートで西に向かう。微風ながら向かい風。まあ仕方ない。

松阪中心部を抜け、そろそろ旧街道ともお別れというところで、後方からスポーツ自転車の接近を知らせるラチェット音。振り向いて挨拶でもしようかと思ったら、「あっ、わいださん だ」 (゚∇゚ ;)エッ!? なんと愛好会仲間の Aに さんでした。二言三言、言葉を交わしてすぐに別れたが、まさか津までジテツウされているとは...

この後はいつものコースで白山に抜け、家城のコンビニで補給したら、雲出川を渡って布引峠へ向かって上りの開始。観光サイクリングといっても峠越え無しでは行けないので致し方なし。

Img_0914_2 

序盤は川沿いの緩やかな上り。
中盤、城立の集落を過ぎたあたりから、時折、キツめの傾斜が現れ、最後の集落を過ぎると薄暗い林の中のいい感じの道になる。

Img_0919

そして最後、リゾート施設のつり池やらテニスコートが現われたら峠に到着。とりあえず本日最大の難所をクリア。

Img_0920

ここは周辺がリゾート施設なんで、このへんでは珍しく頂上で補給ができる。今日はトイレだけ借りてダウンヒル開始。下りは拡幅された道と、細くてちょっと舗装の荒れた道が交互に現われ、調子に乗って飛ばしているとコワい目に遭うので程々の速度で下る。
霧生の集落からは、R165まで下り基調で飛ばせる好きなコース。しかし、今日はちょっと向かい風が冷たい。

R165を横断してR422を少し北上し、K686へ左折し、田んぼのに囲まれたのどかな道を西に向かう。R368を横断して暫くすると今度はK687へ左折(ややこしいねぇ)。名阪国道の下をくぐるとR25に突き当たり、しばらく行って右折すると月ヶ瀬へ向かって上りの開始。ここから未走区間だが、案内看板はいっぱい有るので、それに従って進む。やがて、道沿いに梅畑が見られるようになると、程なく駐車場やらみやげ物屋やらのエリアに到達。

さてここで、梅林へはどう行くのかと見渡してみる (・_・ ) ( ・_・)キョロキョロ   と、それらしい道が分岐しているので進入。細くて急坂、観光客も結構いるので乗ったままは無理。歩いて押し上げる。輪行用にSPDシューズで来といてヨカッタ。上りはいいけど下るときはどうなるんだろうかと心配になりつつも、どんどん上り、断崖に茶屋やら展望所やらが並ぶエリアに到達。

Img_0934

開花状況はやはり今ひとつ。

Img_0936

その後も道なりにどんどん奥に進むが、この頃になるとかなり暖かい、というか、朝の気温に合わせた冬装備に近い格好では暑い!

Img_0942

梅畑でくつろいでいる人たちの横を通って、

Img_0945

天神さんにお参りしたら、

Img_0948

梅ソフトheart01 ここまで甘い補給食ばかりだったので酸味が嬉しい。

Img_0950

このあたりまで来ると梅林もそろそろ終り。程なく、ダム湖に向かって九十九折れの道を急降下開始。ここも細い・急傾斜・コケ・観光客と四拍子そろっているので、乗って降りるのは困難と判断、そろそろと押し下る。

Img_0957

途中、下りてきた道を見上げる。このあたりは桜がメイン。
なんとか車道まで降りたら、対岸に渡って引き返す。

Img_0960

湖岸の梅の向こうに、さっき通ってきた山上の梅園が見える。
その後、更に進んで梅園とも別れると、県境の橋、

Img_0965

は渡らずに、そのまま名張川沿いに進んで名張市街に向かう。
細くて暗いK785を暫く走り、途中からK80に合流しようとしたら、想定外の工事通行止め(三重県道路規制情報も当てにならない...)。2度ほど行ったり来たりした末、K80はあきらめて桔梗が丘方面から名張駅に向かい、14:45到着。

Img_0966_2 

輪講準備をして15:25の宇治山田行き急行で帰勢。
しかし、忘れていたのかもしれないが、急行って桔梗が丘や美旗にも止まったのね。わざわざ名張駅まで引き返して損した。

走行 117km (ただし、梅園の遊歩道区間はほぼ全て押し歩き)。結局、いつもと同じ位の距離。

月ヶ瀬梅園は、自然公園みたいなところか、あるいは、三多気の桜の様な感じかと思っていたが、想像より観光地化していた。ロードバイクで行くのなら素直に下に駐輪して歩いたほうがいいかも。あるいは無理せず湖岸の梅を楽しむだけにするほうが良いかと。

« 15000km | トップページ | 行き当たりばったりの小峠巡り »

サイクリング(長距離・遠征)」カテゴリの記事

コメント

Aに さん、ジテツウをしていたのですか・・・ヾ(.;.;゚Д゚)ノ
わいだ さんに負けず劣らず頑張ってますなぁ!!

29日はお天気が回復して良かったですね。
月ヶ瀬の近くは28日に通り掛かりました(車でですが)、村内を通り抜けるだけでも行こうかと思ったのですが、
どうせ人は多いだろうし、生憎、時雨模様だったのでハンドルを向ける気がなくなりました。
今年の春は遅いですが、昨年のブログを振り返ると似たり寄ったりですね。
冬場の寒さのタイプが違うから、特に今年だけが遅いと勘違いしてるみたいですよ。

影武茶さん、
Aに さんにはホントびっくりしました。

28日は予報と違って変な天気でしたね。29日も心配でしたが何とか晴天に恵まれました。
昼はちょっと暑かったですけどね。かといって薄着だと朝が寒いので難しい季節ではあります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/581777/54340357

この記事へのトラックバック一覧です: 月ヶ瀬梅林へ:

« 15000km | トップページ | 行き当たりばったりの小峠巡り »

フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ