« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月26日 (日)

春はまだ遠かった

別にノルマがあるわけではないけれと、先月8日以来獅子ヶ岳に行っていないので、今日は

 麻加江小萩林道 - 能見坂 - 剣峠

周回コースにする。

9時前出発。気温は6.8℃あるが、曇って向かい風なので体感はもっと寒い。
女鬼トンネル経由で宮川沿いに出て中川大橋を渡る。今日は旧中川小学校前の信号から、日の出の森登山口まで一気に走ってみることにする。といっても、林道が始まるとすぐにヨロヨロになり、駐車場から登山口の区間もダラダラ。腰が痛くなってダンシングもできない。参考タイム 38分2秒(林道入り口-駐車場は27分40秒ぐらい)。

Img_0774 
久々の登山口。今日は登山の車も多く、マイクロバスも止まっている。こんなところに登山ツアー?

Img_0775
駐車場に降りると薄日はあるが風が強い。トイレだけ済ませて出発。
路面状態はわりと良くて、ダウンヒルはなかなか気持ちよい。

能見坂は今日も旧道を行く。これまで新ホイールのご利益をあまり感じていないが、能見坂だけはなぜか前より楽な気がする。単なる追い風?

R260に出たら五ヶ所に向かうが、途中、久々に相賀浦に寄り道。
Img_0777

相賀浦と礫浦を結ぶ県道722。木が邪魔しなければいい景色だと思うんだけどねえ。

Img_0782

このあたりまで、時々日が差すこともあったが、次第に雲も厚くなり、以降晴れることは無かった。更に、今日もどこかでお腹を冷やしてしまったみたいで、伊勢路のJAと、高麗広公民館でトイレを借りる。おかげで、すっかり体も冷え、手も冷たくて自宅までが辛かった。

走行距離 117km
風は強くても晴れれば暖かいかと思って出かけたが、期待は打ち砕かれた。

2012年2月25日 (土)

今日の出会いは...

天気予報を信じて午後からクロスバイクで出発。

そろそろ剣峠の切り通しが見えるか、というところで前方を横切る動物2匹。

サルにしてはなんか大きいなぁ... と思っていると、(lll゚Д゚)ウワッ イノシシでした。幸い向こうもこっちに気づいて山の上に逃げていってくれました。

以前、このあたりでウリ坊を見たことはあったけど、大人?は初めて。

こうなると、峠に着いても背後のちょっとした物音でビクッとなる。

Img_0771

今日も、切原の自販機休憩で気を落ち着けて、来た道を帰る。

道中、すれ違ったローディ1名。こんな天気でも走っている人いるんですね。

2012年2月19日 (日)

マンボウ

寒い時にはやっぱり南に行くのがよさそう。しかも、今日は風も穏やかとの予報。というわけで、マンボウを求めて紀伊長島まで行くことにする。

8:34出発。気温は0.4℃。伊勢三山にも雪が見える。すぐに手が痛くなるが、度会に着くころには体も暖まって、手も普通の冷たさになる。

南島線に入って今日も能見坂を目指すが、快晴の下、気持ちよく走れる。能見坂の上りも旧道激坂区間以外はわりとスイスイ行ける。新ホイール効果?
Img_0744_2

トンネル入り口のお地蔵さんにこれからの道中の安全をお祈り。 賽銭は1円だけで申し訳ないですが....

Img_0746

新道に合流したところ。自動車を気にしつつ道方の方向を撮影。

その後の下りも旧道を使ってR260に合流。西に向かう。
Img_0749 
短いアップダウンを繰り返して紀勢南島トンネル手前に到着。ここの坂は下から見るといつも気持ちが萎えますなぁ。

トンネル内もずっと上りなので、ここは無理せず反対車線の広い歩道を走る。しかし、R260、いいんだけどトンネル多過ぎ(`ε´) うんざりしてくる。

その後、へのダウンヒルを楽しんだ後は、紀伊長島に向けて最後の上り。途中、美しい錦湾を背景に撮影。

Img_0756

さらに2つトンネルを抜けて紀北町に突入。前方に見えるのは大台ケ原あたり?

Img_0760

なんとか12時前に紀伊長島道の駅に到着。
本日の目的、マンボウの串焼きを頂く。

Img_0762

ちょっと鳥肉ぽくて美味しいと思うheart01 ご飯ものは、売店で少し迷った末に、焼きさば寿司を購入。

Img_0763
これもわりといけました。ちょっと量控えめだけど、すぐにヒルクライムが待っているので程々にしておく。

ポカポカ日当たりの良いテラス席も長時間いてはさすがに冷えてきそうなので、食べ終わったらさっさと出発。荷坂峠へは、斜度はたいしてないが、ここまでかなり脚を使っているので無理もできず淡々と上る。

Img_0765

トンネル手前の展望台へ到着。チョット暑いくらい。

Img_0767

視線を移すと、紀勢線の線路が少しだけ見える。

さて、再出発して荷坂トンネルを越えると、そこは雪国... ではないけど、様子は一変。どんより曇って、冷たい向かい風。本来、下り基調で快適に走れるはずが、我慢のサイクリングになる。
時々現われる路肩の凍結や凍結防止剤に注意しながら阿曽まで戻ると、何とか日も差すようになる。いつもなら、このあたりで脇道に入るところだが、今日はそのまま国道を行くことにする。とりあえず大台の道の駅まで行って休憩するつもりだったが、木つつき館で休めるようだったらここでもいいかと、ちょっと覗き込むと一人のローディの姿が。

なんと、M田さんでした。2週連続、しかも、こんな所で会おうとは思いもよりませんでした。宮川沿いから大台経由で七保峠を越えるつもりとのこと。脚も残り少ないし、凍結が心配だったので七保はパスするつもりだったが、せっかくなので一緒に行くことにする。

上り始めると凍結の心配は杞憂だった。日当たり良いせいか路面はクリア。M田さんと一緒に峠付近に到着。七保は峠の位置がよく分からない。とりあえず、彼方に見える局ケ岳を背景に記念撮影。

Img_0768
M田さんの新車はコルナゴのフルカーボン。いいですねぇ。

Img_0769

そうこうしていると、ミニベロの自転車乗りがやってきて、こちらに話しかけてくる。
昨年5月の宮川・櫛田川サイクリングに飛び入り参加(?)で相津峠を一緒に上った地元の方でした。これまたビックリ!
ちょとした空き時間のトレーニングでやってきたとのこと。ミニベロでも上りは結構いけるらしい。

地元サイクリストとは峠で別れ、あとはM田さんと一緒にひたすら伊勢を目指す。
帰り着く頃には曇ってきてちょっと寒くなったが、思っていたよりより早く、16時前に帰宅。お疲れ様でした。

走行距離 140km(サイコン読み)。久々の 130km台突破。
確かに紀北と南島は暖かかったが、大内山の寒さは想定外だった。

以下業務連絡
M田さん、言い忘れましたが、もしフルサイズの写真がご入用でしたら、差し支えなければ、コメントにメールアドレスいれてもらえれば(表示はされないはずです)、お送りします。以上。

2012年2月18日 (土)

ちょっとだけ雪景色の剣峠

週間予報によるとこの土日が寒さの底みたいですね。
なんとなくロードバイクを出すのがめんどくさく、9時半ごろクロスバイクで剣峠に向けて出発。

出掛けに雪がパラついていたのでどうかと思ったがすぐに止む。道中は峠直下の路面に少しだけ雪が残っていたがその他は特に問題なし。ユックリのぼって峠に到着。

Img_0732 

峠から五ヶ所方向をみると、なにやらモヤっていて怪しい感じ。

Img_0735

切原にくだると、案の定、粉雪が舞って寒い。JAの自販機コーヒーで手を温めてさっさと引き返す。
Img_0736

今日は裏剣もタイム計測無し。伊勢側の峠直下の様子。

Img_0739

慎重に通過するが、コワそうなところは少しだけ。

Img_0742

今日も大渋滞の内宮前を通過して12時過ぎに帰宅。走行距離52km。

切原では寒かったが、他は防寒が効いて気持ちよく走れた。
道中、すれ違ったローディ1名、ランナー4名。

2012年2月15日 (水)

残りもの

娘が作った友チョコの残り。

Img_0727

  こんな時間に食べてたらヒルクライマーにはなれませんな....

2012年2月12日 (日)

愛好会サイクリング.それから...

今月から毎月第二日曜開催となった新・伊勢自転車愛好会の定例サイクリング。
今日は御園・大湊・神社方面の神社を巡ってきました。参加者は小学2年生(?)から70歳台(?)までの老若男女。みなさん、寒い中お疲れ様でした。

Img_0714

Img_0719

Img_0721

さて、サイクリング終了後、何人かの人から「練習行かないんですか?」と厳しいお言葉。
仕方なく、午後から二回目のサイクリングに出発。山はしんどいので、風はあるけど平地主体で、
 女鬼トンネル - 栃原 - 車川 - 文後トンネル - 丹生大師 - 五桂池
とまわってきました。走行距離70km。

車川の油田公園でトイレ休憩

Img_0725

帰りの五桂池でM田さんに遭遇。入れ違いで丹生に向かわれるところでした。

2012年2月11日 (土)

新ホイールでトレーニングモードへ突入?

先月買った新ホイールRS80。そろそろ試運転して慣らしておかないと... ということで平日の間にやっとこさセットアップ完了。

今日もサニーロードに向かうが、一週間ぶりの自転車だし、風のせいもあって、予想通り今までのRS10との違いはほとんど判らない。サニーの上りでも、ちょっと軽くなってるのかなあ?と言う程度。当たり前だけど、苦しいものは苦しい。

いつものように伊勢路方面に分岐してR260に出て五ヶ所へ。
剣峠の上りで計測開始。やはり、すぐに実感できる違いは無い。タイムは自己ベストには届かず 16分48秒。昨年末にベスト出したときよりは押さえ気味だったんで、これはこれでいいような気もするが、もうちょっと乗り比べないとよく分かりませんね。

さて、普段なら裏剣を上ったらそのまま帰るけだが、時間もあるし、伊勢に戻るより暖かいので、南勢に引き返すことにする。
が、ふと見ると何故かサイコンが設定モードに入っている。モード変更の操作など覚えていないので、しばらく悪戦苦闘するが計測モード戻らない。あきらめて下りだす。

しかし、今度はうっかり小石を踏んで前輪パンク( ̄Д ̄;;  木漏れ日で路面が見難かった。
日なたに移動してチューブ交換。

Img_0704

ホイールと一緒におろした新品チューブが40kmあまりであっけなく終了。先週からトラブル続き。
一旦テンションが下がってしまうが、何とか気を取り直して、このあと暖かな裏剣を3回ほど行ったり来たり。

本日の走行ルート。

もはやサイクリングでも何でもない。単なる練習ですね。

2回目:18分10秒
3回目:18分20秒
4回目:計測せず、のんびり上る

1回目との差が激しいが、スタミナ無いんで、こんなもんでしょう。

Img_0710

ちなみに、サイコンはパンク修理中に勝手に計測モードに戻った。しかし、その前の悪戦苦闘中にホイール径の設定を変えてしまい、表示速度が実際の半分ぐらいになってしまった。頑張って上っているのに、1桁台の速度表示が目に入ると、新ホイールの効果もどこへやら、自転車が凄く重く感じられて萎える...

はっflair ... と言うことは、速めに表示されるようにしておくと実力以上の力が発揮できるかも (^-^;

2012年2月 6日 (月)

おまけ

昨日のサイクリングのおまけ話。

帰りに宮リバー公園でトイレ&自販機休憩を済まして走り出すと、道路脇の駐車場になにやら見覚えのある人が? 近づくと向こうも気が付いて、二人同時に あっ と声を上げる。一昨年のアタック高見山!と去年のアタック局ケ岳!で一緒になった、飯南在住の方でした。

聞くと、ここに車をデポしてツールド三重の応援に行っていたとか。よくやりますねぇ。さらに、その人も伊吹山に参加するそうで、しかも復活当選。周囲にも復活組みの人がいるようで意外と確率高かったみたい (^-^;
また伊吹山でよろしくといって分かれるが、40代クラスは定員800人なので当日会えるかどうかは分かりません。しかし、高見山と局ケ岳では示し合わせたわけではないのに、登山パートでは仲良く一緒に登っていたので、走力は、多分、自分と同じくらい。ライバルになるかも...

 

ついでに、もうひとつおまけ。
帰宅して、自転車を片付けるために前輪を外して見ると、

Img_0701

ありゃ、バルブのネジが折れてる ( ̄Д ̄;;

空気を入れたのは土曜日の朝だけど、サイクリング中にネジが折れるような出来事は全く見覚えがありません。謎です。

まあ、なんにせよ途中で空気が抜けなくてヨカッタ。
こんなことがあると、面倒がらずにバルブキャップは付けといたほうがいいんでしょうかね?

そして、完成車に付いてきて13000kmノーパンクだったこのチューブも遂に交換と相成りました。
というか、それよりも新ホイールのほうをとっとと使えるようにしないと...

2012年2月 5日 (日)

鳥羽・志摩 低山(?)徘徊

この週末は寒波と雨?の間にドンピシャとはまったサイクリング日和(冬にしては)。

朝食後、着替えして、各種防寒グッズを付けて、さあ出発...
と思ったら、サイコンが心拍計のバッテリがないよと文句を言ってくる。最近はコレにペース配分を頼っているので、仕方なく、シューズカバーとシューズを脱いで家の中に戻りジャージも脱いで、サイコンの取説と買い置きの電池を引っ張り出して交換する。あ~ めんどくさ。

 

今度はちゃんと心拍拾うようになったけど、このドタバタで出発前から既に120拍/分を記録。深呼吸して気を落ち着けて9時過ぎ出発。

おなじみの朝熊道からのルートでパールロードに向かう。
パール沿いの焼き牡蠣の店からは白い煙がもうもうと上がっていて、店によってはすでに駐車場も満杯。しかしサイクリング序盤でのんびりもしていられないので、後ろ髪を引かれつつ通り過ぎる。ときおり、対向車線を自転車のグループがやってくる。ヘルメットやウェアから競輪選手っぽいが、自転車はフリーギア。公道練習はフリーで走るのかな?

鳥羽展望台はスルーして、相差手前の展望所で休憩。

Img_0685 
昨日、裏剣で張り切り過ぎたダメージか、ここまでかなりしんどい。
いつものように、相差でパールを降りて松尾に向かうが、今日は国道には出ず、ひさびさに青峰山に登る。しかし、序盤の緩斜面は舗装が悪いガタガタ道で失速する。さらに、舗装がマシになる中盤からは、時折現われる急斜面で失速。標高のわりにしんどい。この時点で脚の筋力はほぼ使い果たす。

Img_0688
正福寺の山門に到着。体が冷える前に降りたいので写真だけ撮って出発。志摩側の道は鳥羽側より良いが、ブラインドカーブが多いので慎重に下る。

上之郷で国道に合流したら、五知まで戻り、1年前に影武茶さんたちと走った五知恵利原林道に向かう。前回は恵利原から上って結構しんどかったが、五知からはしょっぱなに急斜面があるものの、その後は下りもあったりして傾斜は緩い。売り切れかけた脚には優しい上り。途中、凍結の名残が何ヶ所か有るが問題なく、ピーク手前の記念碑に到着。

Img_0694
裏に平成8年建立と書いてある。比較的新しい道で、同じように新しい麻加江小萩林道を短くしたような感じ。ただし、あまり展望はよくない。
恵利原に下って、伊勢道路との合流点にくると... あら、進入禁止のテープが...

Img_0696
伊勢道路に入るなってこと? まさかね。
五知側には何も無かったハズだが、何なんでしょうかね。凍結のための一時的なものなのか、他の理由なのかわかりません。

テープの下をくぐって伊勢道路に合流したら、ちょっと下って分岐。小さなアップダウンを繰り返して五ヶ所に向かう。ここまで時折補給しながら来たが、12時過ぎてお腹が空き、苦しい脚に更に力が入らなくなってきた。なんとか五ヶ所に着いたら、今日も ぽけっと でシーフードカレーを頂く。

Img_0697

五ヶ所からの帰りは剣峠だとちょっと時間が余るので、能見坂に向かうことにする。しかし、食べたばかりだし、脚は売り切れているので速度度外視で軽いギヤをくるくる回す作戦で行く。しかし、これも暫くするとお尻が痛くなる。やっとこさ能見坂旧トンネルに到着。先日貰った南伊勢山歩きガイドブックに載っていた道方山への登山口を確認する。

Img_0699
ガイドブックによると山頂の景色もよいらしいが、今は狩猟期間中。もうちょっと待ったほうがよさそう。
度会側の新道に合流したら、追い風と下り基調に助けられて快調に飛ばすが、それも長続きせず、よれよれになりながら宮リバー公園のトイレ休憩を挟んで帰宅。

 

走行距離 129km。今日はパール以降かなり辛かった。

しかし、最近のロングは130km前後ばかりだ。

2012年2月 4日 (土)

寒波の中休み

一昨日、伊吹山HCの参加費払込みも済ませ、いよいよトレーニング開始....

といきたいところですが、開催まで2ヶ月ちょっとしかないし、寒いし、週末だけではトレーニングメニューもくそも無いので、普段どおり気の向くまま走るだけになりそうです。

今日は9:30出発。よく晴れているので、一旦獅子ヶ岳を目指すが、度会の下久具あたりで、残雪や凍結が心配になりUターン。

風も強いので、結局、

 サニーロード・伊勢路・五ヶ所・剣峠

のコースにする。

Img_0680

船越の漁港で休憩。風が当たらず暖か~

裏剣はアウターのシッティングだけで上ってみるが、残り1kmでヨレヨレになる。タイムは17分40秒ぐらい。

走行距離 68km

午後からは奥さんの言いつけでスーパーへ買い物に。

リュックサックに、夕飯用の野菜と、明日用の補給食 薄皮白あんぱん を詰め込んだら重心が高くなり、風にも煽られて怖かった。

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ